タイミングが読みにくい「M&A」に備える業務マニュアル M&A事業計画精査と管理の業務習得プログラムを提供開始

12月8日(金)9時30分 @Press

インテグラート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 康)は、このたび、大手企業向けに、M&Aにおける買収価格の算定と着実な事業成功に備える業務プロセスの習得を支援するプログラムの提供を開始しました。タイミングを読みにくいM&Aへの備えを提供する、画期的なサービスです。


■サービス提供の背景
【M&Aにおける、企業の課題とリスク】
M&Aは、企業の成長を達成する重要な手段である一方で、買収後にのれん代の減損が生じる事例も多く、減損リスクへの対策が欠かせません。しかしながら、多くの企業にとってM&Aは新しい業務であり、M&Aに対応した業務の習得が、各企業の重要な課題となっています。

M&Aは、買収対象企業という社外の第三者への投資という性格上、社内事業への投資とは大きく異なるものです。例えば、M&Aでは、買収価格を交渉することが一般的であるため、事業の利益構造やリスクの把握が浅いと交渉が甘くなり、適切な価格よりも高値で買収することになりかねません。更に、買収後のリスクマネジメントに関しても、社内の投資管理よりもリスク情報が入手しにくい事態に備えて、要点を絞ってリスクを管理する仕組みが必要となります。このようなことが理解されていても、M&Aは、いつ起きるかタイミングがわからず、あらかじめ備えておくことが大変難しい業務でした。


■サービスの特徴
本プログラムでは、このようなM&Aに備えるため、あらかじめM&Aの事業計画精査と価格算定業務を、当社コンサルタントが企業スタッフと共同で一通り試行し、必要な業務手順をマニュアルとして整備して納品いたします。業務プロセスの試行においては、各企業の事業投資案件を匿名化したうえで、各種分析を実施しますので、各企業の事業内容を踏まえた、業務担当者に親しみやすくわかりやすいマニュアルを作成することが特徴です。
本プログラム活用の結果、「買収価格とその理由」を当事者が具体的に説明できるようになり、関係者と事業の成功に必要な前提条件・リスク要因を共有することができるようになります。


■サービス詳細
名称:M&A事業計画精査と管理の業務習得プログラム
価格:780万円(税抜)〜
内容:標準工程(打合せ回数 全5回 2か月)
実案件を対象とした事業計画精査を貴社ご提供情報に基づき実施


■インテグラート株式会社について
インテグラートは、過去20年以上ビジネスプランニングの研究を専業で行っており、研究開発投資、新規事業開発、設備投資、M&Aなど事業投資分野での業務課題に関して製薬業、商社、エネルギー関連企業などへの豊富なコンサルティング、研修、専用ソフトウエアサービスの提供を行ってまいりました。日経ビジネススクールにおいても、インテグラート社長の小川が定期的に事業投資に関する講師を務めて好評を博しています。
最近では日本郵政株式会社から「事業リスク分析等に関するコンサルティングの委託」入札事案で受注、伊藤忠商事株式会社においても新規事業投資時の事業計画・買収価格の妥当性精査の徹底を推進するためインテグラートのソフトウエアと研修プログラムを活用いただくなど、幅広くソフトウエアと研修・コンサルティングサービスを提供しています。


■会社概要
商号 : インテグラート株式会社
代表者 : 代表取締役社長 小川 康
所在地 : 東京都千代田区神田神保町1-13
設立 : 2006年5月16日
事業内容: 事業投資の計画立案、リスク評価、意思決定、
実行管理業務をソフトウエアとコンサルティング・研修で支援
URL : http://www.integratto.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

この記事が気に入ったらいいね!しよう

タイミングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ