ニシレッサーパンダの3つ子の赤ちゃんの名前が決定!熱川バナナワニ園“冬のレサパン祭り”開催

12月8日(金)17時15分 @Press

熱川バナナワニ園(所在地:静岡県賀茂郡)は、2017年7月8日に誕生したニシレッサーパンダ※の3つ子の赤ちゃん(メス1頭、オス2頭)の名前を「こだま」「かがやき」「つばさ」に決定しました。
命名を記念して、2017年12月9日(土)から2018年2月28日(水)まで、「冬のレッサーパンダ祭り」略して「冬のレサパン祭り」を開催いたします。様々なイベントをご用意し、お客様と一緒に、今年産まれた3つ子のニシレッサーパンダの命名をお祝いしたいと思っております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/145110/LL_img_145110_1.jpg
3つ子の名前が決定しました

期間中はレッサーパンダにまつわるイベントや展示、レッサーパンダ工作、飼育スタッフによるレッサーパンダ講座、フルーツパーラー・ジューススタンドにて期間限定メニューの販売などを実施します。
開催の様子や最新情報は、公式Twitter、公式Facebookでご確認ください。


【ニシレッサーパンダ 3つ子の誕生について】
2017年7月8日(土)夕方にニシレッサーパンダの赤ちゃんが誕生しました。
父親の「シナモン」は2009年に当園で生まれた個体で、母親の「オリビア」は2014年にオランダのロッテルダム動物園から来ました。「オリビア」にとっては、来園以来3度目の出産となり、今回の赤ちゃんは昨年生まれた双子の女の子「みつば」と「よつば」の兄弟にあたります。

3頭は“メス1頭、オス2頭”であることが確認されました。
名前は社員で検討し、“全国から沢山の方に会いに来て欲しい”という思いを込めて、メス「こだま」・オス「かがやき」「つばさ」と命名しました。誕生から5ヶ月経った現在、3頭は大きな病気もなく育っています。
メスの「こだま」は女の子らしい可愛い顔をしており、しっかり者です。オスの「かがやき」は、目がくりっと丸く、1番食欲旺盛です。オスの「つばさ」は、切れ長の目で、木から木へジャンプするのが大好きで、とても活発です。

※レッサーパンダは、中国やネパールの山岳地帯に、生息し、中国系のシセンレッサーパンダとヒマラヤ系のニシレッサーパンダに分類されます。現在、当園は日本では唯一、ニシレッサーパンダを飼育しております。


【バナナワニ園について】
温泉熱を利用して、ワニの飼育や熱帯植物の栽培をしております。飼育しているワニの種類数では日本一で、17種約140頭を飼育しております。また、栽培されている熱帯植物は5,000種にもなります。そして、日本で唯一、ニシレッサーパンダの飼育・繁殖をおこなっており、また、アマゾンマナティーの飼育も日本では当園のみです。フルーツパーラーでは園内で採れたバナナやパパイヤを召し上がっていただいております。

所在地 : 〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
アクセス: 伊豆急行線 伊豆熱川駅より徒歩1分
営業時間: 8時30分〜17時(最終入園16時30分まで)
TEL : 0557-23-1105
URL : http://bananawani.jp/

●公式Twitter
https://twitter.com/bananawanien02
●公式Facebook
https://www.facebook.com/bananawanien02
●公式Instagram
https://www.instagram.com/bananawani_official/


【会社概要】
社名 :株式会社 熱川バナナワニ園
所在地 :〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
事業内容:動植物園


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

この記事が気に入ったらいいね!しよう

祭りをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ