社内の喫煙者ゼロ  「きっかけ」と「仲間がいること」が成功のポイント 禁煙への取り組み2年で 130名全員が“卒煙”を達成 においへの不安が消え、集中力の継続も実感

12月8日(金)12時0分 ドリームニュース

リフォーム事業をおこなうMED Communications(メッド コミュニケーションズ)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木洋寧)は、2015年11月から社内禁煙活動の取り組みを開始し、2017年12月に全社員が卒煙を達成しました。

■クリーンな施工を目指し、禁煙活動にも注力
当社はお客様の自宅に訪問し施工作業を行う業務が多く、喫煙者は休憩時の喫煙場所や喫煙後のにおいなど、お客様に不快にならないよう気を付けて作業を行っていました。しかし、以前お客様にアンケートを実施したところ「煙草のにおいが気になった」との意見があり、当社代表の佐々木がお客様からの印象や企業のイメージ、社員の健康を考えるなかで「会社で禁煙を取り組むことが、各社員の禁煙のきっかけになるのでは」と考え、2015年11月から社内の禁煙活動をスタートしました。禁煙活動は“クリーンな施工”を目標に掲げた取り組みの1つであり、他にはお客様の自宅の中に訪問するときは靴下を履き替える、トイレは借りないということから、朝、昼、夕方の3回必ず施工場所の掃除を行うなどを徹底しています。
禁煙活動は、取り組みを開始して2年で全社員数330名の内、130名の喫煙者全員が卒煙を達成しています。

■仕事へのプラス効果を実感している社員も
喫煙者の中の多くは「煙草をやめたい」と思ったことがある人が多く、過去に禁煙を試みた経験がある人も多くいました。今回、卒煙した社員からは「我慢する禁煙は続かない。理論を知ることが大切」「会社が禁煙に取り組みはじめたことがきっかけになった」「灰皿を探さなくて良くなった」「においを気にしなくなった」などの感想があります。
また「集中力が継続する」「においを気にせず、自信をもってお客様に説明できる」「煙草休憩の時間が無くなり、業務時間が増えている」など、卒煙が仕事へプラスの効果が出ているとの声もあります。

【社内で行った活動】
◆禁煙セミナー
喫煙者を対象に『禁煙セミナー』を定期的に開催しました。セミナーの講師は、社内の執行役員が行い、素直さのチェック診断や、煙草の成分についての説明をしました。『禁煙セミナー』は、リラックスしてセミナーを受けられることを目的にした30分間の喫煙タイムからスタートします。健康を害する可能性があるなどの恐怖心を感じる内容ではなく、楽しく禁煙できる内容にこだわりました。当社はセミナーを開催するにあたり「家族が喜ぶ」「お金がたまる」など、メリットを感じながら禁煙を促したいという考えがあり「絶対に禁煙しない」「禁煙できるか不安」と言っていた社員も「自分の喫煙行動の理由を知り、禁煙に前向きになった」との感想がありました。1名が禁煙を始めることで周囲の喫煙者に影響し、禁煙に取り組む社員が増えていきました。
◆卒煙手当
禁煙の取り組みをスタートした当初に設定をした全社員を対象にした制度であり、卒煙を宣言した社員に禁煙外来への通院手当として2万円を支給しました。また、卒煙できた社員には「食事を味わってもらいたい」と2万円の食事券を進呈しています。



【会社概要】
社名:MED Communications株式会社
代表:代表取締役社長 佐々木洋寧 
本社:東京都港区高輪3-26-33
ホームページ: https://med-com.jp/
TEL: 03-6831-5555
設立:1993年4月16日
資本金:5,000万円
従業員数: 330名
事業内容: 注文住宅・不動産事業、住環境サービス事業、ヘルスケア事業、工事事業


社名:株式会社NEXTAGE GROUP
代表:代表取締役社長 佐々木洋寧 
本社:東京都港区高輪3-26-33
ホームページ:http://nex-tage.co.jp/ 
TEL:03-6831-7777
設立:2012年10月1日
資本金: 1,000万円
従業員数:400名(グループ全体)
事業内容:グループ全体の経営方針策定および経営管理等


<本件に関する問い合わせ先>
NEXTAGE GROUP広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@real-ize.com
担当: 杉村(携帯:070-1389-0175)

ドリームニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

喫煙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ