新規作用性殺虫剤の商業化契約を締結=三井化学アグロと独BASF〔BW〕

12月8日(金)11時19分 時事通信

 【ビジネスワイヤ】三井化学アグロ(東京都中央区)と独BASFは、共同開発中の新規殺虫剤「ブロフラニリド」の長期商業化契約を締結したと発表した。三井が発明したブロフラニリドは、殺虫剤抵抗性対策委員会(IRAC)が新規作用機構に分類する殺虫剤。既存剤に抵抗性を持つ害虫にも効果がある。最初の製品は2020年から発売する予定で、三井はアジアで、BASFは欧米などで販売権を持つ。〈BIZW〉
【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。原文はwww.businesswire.comへ。(了)〈4183〉


[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

殺虫剤をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ