知っておきたい! 自動車保険を選ぶチェックポイント

12月8日(金)19時35分 オリコン

より良い自動車保険を選ぶために知っておきたいチェックポイントについて紹介(写真はイメージ)

写真を拡大

 数多くある自動車保険から商品を選択するのは容易ではない。自動車保険は万が一の場合に十分な補償内容であることは必要不可欠だが、保険料が抑えられるかどうかも大切なチェックポイントのひとつだ。自動車保険をどう選べばベストなのか。より良い自動車保険を選ぶために知っておきたいチェックポイントについて解説する。

■保険料&割引サービス

 自動車保険の保険料率には、自動車の種類や運転者の年齢、過去の事故歴など個々のリスクに応じたものとなるように料率区分が設けられている。保険料率は保険会社によって異なるため、同じ条件の契約内容であっても保険会社によって異なる。保険料は自動車保険を選ぶにあたり大きな要素だ。補償内容に対して保険料を他社と見積もりを比較してチェックすることが大切だ。

 また、ゴールド免許割引、インターネット割引、早割、証券ペーパーレス割引など、保険会社が独自に設定している割引サービスがあり、その割引率も異なる。

■基本補償内容

 自動車保険には自賠責保険と(任意)自動車保険があり、このうち強制加入となる「自賠責保険」の補償内容は、被害者の人身損害のみに限定されている。補償額は死亡事故で最高3000万円となっていて、それを超える損害については補償されない。そこで不足する補償については(任意)自動車保険をリスクに応じて組み合わせる。

 誤って人をはねて死亡させてしまったり、重い後遺障害を負わせてしまった場合や他人のものを壊してしまった場合などでは、加害者には多額の損害賠償額が請求されることもある。

 万一に備えて「対人賠償保険」「対物賠償保険」の契約金額は「無制限」で契約する事が望ましい。他の補償についても必要な補償をしっかりと検討することが大切だ。

■事故対応

 事故受付は、一般的に24時間365日受付をしているが、専任担当者との今後の打ち合せについては連絡した時間帯によっては翌日になることもある。事故時は、代理店担当者に直接連絡したいと考えるか、通販型(ダイレクト型)でコールセンターでの対応でも構わないと考えるか、よく検討をしておくとこともポイントだ。

■付帯サービス

 保険会社によって無料で自動付帯されているサービスがある。例えばロードサービスだ。車のトラブル時や、車が立ち往生した場合のレッカーけん引など事故以外にも利用できる。また、自力走行不能で当日中に移動ができない場合の宿泊費用をサポートするものもある。ロードサービスには一部有料となるサポートもあるので、補償内容についてよく確認をしよう。

 自動車保険は、基本的な補償内容の検討に加え、特約の付帯や様々なサービスがあり商品選びは容易ではない。そのしくみが複雑に見える自動車保険だが、必要な補償とほしいサービスは何かをよく考えて自分に合った自動車保険選びをしよう。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

自動車をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ