老若男女よ、全力で着飾れ!川瀬七緒著『テーラー伊三郎』本日発売!

12月8日(金)20時1分 PR TIMES

偏屈な仕立て職人と卑屈な高校生の出会いが、灰色の日々を、町を、世界を変えていく——

株式会社KADOKAWAは、服飾デザイナーとして活躍されていた経験を持つ川瀬七緒さんがはじめてご自身の経験を基に描いた長編小説、『テーラー伊三郎』を2017年12月8日(金)に発売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3962/resize/d7006-3962-362515-0.jpg ]

<ここが読みどころ!>
1.少年の自己肯定と町の変化がリンクする、楽しくもダイナミックな成長小説!
2.不憫すぎる男子高校生・海色と、自由すぎる東北弁スチームパンク娘・明日香の、漫才のようなやりとり。もどかしい関係。青春です!
3.田舎町に埋れていた多彩な技術や知識を持つ老人たちの活躍。パソコンや画像編集ソフトも使いこなすおじいちゃんや、圧倒的な刺繍センスと技を持つおばあちゃん等々……。
4.若者の自己評価の低さ、貧困、寂れて一部の人たちの私物化していく地方。エンタメながら骨太でタイムリーなテーマと社会性も。
5.川瀬さんが生業としていたアパレル、服飾の知識・歴史・実情なども盛り込まれているため、強烈なキャラクターに負けない、リアティと切実さがある。


[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/3962/resize/d7006-3962-870958-6.jpg ]

【内容】
「自分の人生は、自分以外のだれにもゆだねるな」
老若男女、強烈なキャラクターたちが活躍する骨太痛快エンタメ!
福島の田舎町で、ポルノ漫画家の母と暮らす男子高生・海色(アクアマリン)。17歳にして人生を諦めていたが、ある日、古びた紳士服店「テーラー伊三郎」のウィンドウに現れた美しいコルセット“コール・バレネ”に心奪われる。頑固な老店主・伊三郎がなぜ女性下着を——騒然となる町内を尻目に、伊三郎に知識を買われたアクアは、共に「テーラー伊三郎」の新装開店を目指す。
活動はやがて、スチームパンク女子高生や町に埋もれていた職人らを巻き込んでいき・・・・・・
※初出:「文芸カドカワ」+書き下ろし

【著者紹介】川瀬七緒(かわせ ななお)
[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/3962/resize/d7006-3962-598560-2.jpg ]

1970年福島県生まれ。文化服装学院服装科・服飾専攻科デザイン専攻卒。服飾デザイン会社に就職し、子供服をデザインするかたわら小説を執筆。2011年、『よろずのことに気をつけよ』で第57回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビューを果たす。著書に、『法医昆虫学捜査官』から始まる「法医昆虫学捜査官」シリーズ、『桃ノ木坂互助会』『女學生奇譚』『フォークロアの鍵』がある。

【書誌情報】
発売日:2017年12月8日(金)
定価:本体1,500円+税
装丁:鈴木久美
装画:千海博美
頁数:336頁
体裁:四六判並製
発行:株式会社KADOKAWA
★電子書籍同日配信予定

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高校をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ