「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、「金スマ」(TBS)…… テレビで人気の医師が、ついに解明!!!

12月8日(金)10時1分 PR TIMES

累計100万部突破の著者最新刊

『「意識しない」力 うまくいくときは、結局みんな、自然体』 2017年12月8日(金)発売

[画像1: https://prtimes.jp/i/3336/109/resize/d3336-109-305558-1.jpg ]

「意識」のコントロールが潜在能力を引き出すことを
 医学的に解き明かした画期的な書!

 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

書名:「意識しない」力
    うまくいくときは、結局みんな、自然体
著者:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)
価格:1,380円+税
ISBN 978-4-86651-43-9
判型:四六判並製 224頁
発行:文響社

 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

医療現場、アスリート指導で実証済み!
どうしたら、大事なときに自分の実力を出せるのか
人はどうしたら、うまく生きられるのか
……そのカギは、「無意識の力」にありました


 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚

[画像2: https://prtimes.jp/i/3336/109/resize/d3336-109-269348-0.jpg ]

小林弘幸(こばやしひろゆき)
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。著書には『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)、『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)、『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)など、ベストセラー多数。


★本書の内容例


「人の目」を意識した瞬間、動きがぎこちなくなるのはなぜだろう?
無意識の働きを高めることが「最高の健康法」
本番になると途端に実力を発揮できなくなるのはなぜ?
忙しい人はまず「財布に現金を補充すること」から始めなさい
野球の9回裏2アウトでサヨナラヒットを出せる人の共通点
一流ほど大事にしている「ルーティン」「千本ノック」の役割とは?
まね事の瞑想でも、心と体を整えられる
羽生結弦が辿り着いた「川の中にドプンと入っている感覚」こそ、無意識の究極の働き
健康なとき、人は「自分の体を意識していない」ことに気づいているか?
イチローのスーパープレイは無意識の力で説明できる
ビートルズの「レット・イット・ビー」こそ、意識を活用する知恵
ストレスを減らそうとしても、結局うまくいかない理由
「モノの少ない生活」こそが、高いパフォーマンスと健康を維持する理想的な習慣
「靴を磨くと業績がよくなる」のには、科学的な根拠がある
無意識にできるまで繰り返せば、どんな大舞台でも乗り切れる
「無意識は脳と同じくらい大切」と言い切れる理由
持っている服のバリエーションは増やすな!
腸のことを上手に思いやれる人が長生きしやすいのはなぜか
呼吸には、全身の血流を一瞬にして変える力がある
焦りを感じた分だけ、無意識の力が落ちるメカニズム
意識に縛られた生活をしている人は、糖尿病になりやすい
「選ばない」し「探さない」で済むようにすれば、たいていのことはうまくいく
失敗やスランプの裏にはいつも、他人への意識が隠れている
ここ一番の場面では、どれだけ「いつも通り」に振る舞えるかで勝敗が決まる

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

世界一をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ