2年連続 『東京都スポーツ推進企業』に認定!

12月8日(金)12時1分 PR TIMES

株式会社協和(東京都新宿区、代表取締役:堀内泰司)は、平成29年度『東京都スポーツ推進企業』に認定され、昨年に続き2年連続認定となりました。従業員の生活習慣病※該当者数も着実に減少し結果につながっています。今後も健康経営に積極的に取り組み、活動を広めていくことでQOLの向上を目指す社会に貢献していきます。

[画像: https://prtimes.jp/i/26320/17/resize/d26320-17-445672-0.jpg ]

■毎朝15分のスロトレ(スロートレーニング)
美容と健康をお客様に提供する会社として、「自らがまずは実践する」との想いから、スロトレ(スロートレーニング)を2010年よりスタートしました。毎朝8:45から15分間、経営者を含め全従業員が参加。元オリンピック選手(柳澤哲)が考案したオリジナルプログラムで、基礎2種+日替わり2種を実施しています。朝の実践で代謝を約20%アップし、日々の健康に役立てています。

■生活習慣病※該当者数 10ポイント改善
生活習慣病※該当者数が、2013年と比較して10.89ポイント改善しました。また生活習慣病※該当者数の平均値が人間ドッグ実施企業全体より低い結果がでています。(毎年の健康診断より)

■健康経営日本一を目指す取り組み
スロトレ以外に「日本で一番従業員が健康な会社」を目指し、「歩数計の無料配布と表彰制度」、「いつでもスニーカーデー」、「スタンディングデスク」、「9階まで階段キャンペーン」などの取り組みを実施。健康維持をトータルでサポートしています。

※血糖値/高血圧/脂質異常/肝機能・脂肪肝の4項目

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ