3万人のビジネスパーソンが利用するスケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を事業譲受

12月8日(金)10時1分 PR TIMES

HRtech×AIでテクノロジーサービスを強化

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役 西澤亮一 以下、ネオキャリア)は、株式会社ジェネストリーム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 秋貞雄大 以下、ジェネストリーム)から、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」(URL:https://cu-hacker.com)の事業譲受いたします。

今後は、ネオキャリアが運営するHRTechサービス「jinjer」を始め、当社のテクノロジーサービスとの連携を強化し、引き続き「Cu-hacker(クウハッカー)」の事業の発展に尽力いたします。

■事業譲受の経緯
ネオキャリアは『「ヒト」と「テクノロジー」で、一人ひとりの価値ある未来を実現する』をミッションに掲げ、サービスを展開しています。注力事業のHRTechサービス「jinjer(ジンジャー)」 (URL:https://hcm-jinjer.com/ )は、これまで「数値化」「可視化」されてこなかった人事に関するデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームサービスとして、リリースから約2年で利用企業数は7,000社を突破しました。なかでも、勤怠管理システム「jinjer勤怠」は多彩な打刻方法や、スマホからでもできる従業員のシフト・休暇管理、AIによるエンゲージメントアラート機能など特徴的な機能の実装を実現し、多くのユーザーにご利用いただいています。

またグループ会社である株式会社ネオラボ(本社:東京都新宿区 代表取締役会長:酒井佑介 以下、ネオラボ)が運営する「calling」は、チャットボットを使ったお客様との効率的なファーストコンタクトから、そのまま商談や採用面接が自動設定できるトータルマーケティングツールサービスとして2017年7月にリリースしています。

今回譲受する「Cu-hacker(クウハッカー)」は、カレンダー上で空いている時間をAIが確認。日程を送信すると、後は自動で予定を登録してくれるサービスです。「jinjer勤怠」のシフト管理機能や「calling」の商談・採用面接の自動設定機能など当社のテクノロジーサービスとのシナジーが想定されることから、この度の事業譲受が実現しました。

■「Cu-hacker(クウハッカー)」について
[画像: https://prtimes.jp/i/11666/106/resize/d11666-106-650286-0.jpg ]


「Cu-hacker」は、「ビジネスマンの1日を30分増やす」をビジョンに、2013年5月にベータ版を公開。 Googleカレンダーと同期できるスケジュール調整機能を提供しています。利用は無料で現在、iPhone/iPad/Webに対応しています。多くの方々に受け入れられ、2017年11月時点で3万人以上のユーザーの方にご利用いただいております。

■株式会社ジェネストリーム会社概要
商号 :株式会社ジェネストリーム
所在地 :東京都世田谷区下馬2−10−5
代表者 :代表取締役 秋貞雄大
資本金 :3,599万円
設立 :2012年3月1日
URL :http://genestream.co.jp/
事業者内容 :LINE WORKS連携ソリューションの開発・運営、PR・新規事業コンサルティング業務

■ネオキャリアの概要
商号 :株式会社ネオキャリア
所在地 :東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル
代表者 :代表取締役 西澤亮一
資本金 :36,238万円
設立 :2000年11月15日
URL : http://www.neo-career.co.jp/
事業概要 : HRTech(jinjer)、中途・新卒人材紹介・求人メディア、外国人紹介、保育・介護人材紹介・派遣
採用業務アウトソーシング(RPO)、人材派遣 他

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スケジュールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ