「WealthNavi for ANA」が「冬旅応援キャンペーン」を実施

12月8日(金)19時1分 PR TIMES

 預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー※「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「当社」)は、ANAマイレージ会員向けのロボアドバイザー「WealthNavi for ANA」のお客様を対象に、12月8日より「冬旅応援キャンペーン」を実施いたします。

 「WealthNavi for ANA」は、全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子裕志、以下「ANA」)との提携により、2017年9月にサービスを開始しました。世界水準の資産運用が気軽に実現できることに加え、資産運用の開始や継続利用でANAのマイルが付与されます。

[画像: https://prtimes.jp/i/14586/52/resize/d14586-52-389334-0.jpg ]


 「WealthNavi for ANA」は9月のサービス開始以降、ビジネスパーソンを中心に多くのご支持をいただいております。今回開催する「冬旅応援キャンペーン」では、資産運用の自動化でご提供できる時間的余裕とANAのマイル付与によって、お客様の旅をより身近なものにすることを目指しています。キャンペーン期間中、一定の条件を満たしたお客様の中から、抽選で3名様に10,000マイルをプレゼントいたします。

 当社は、「働く世代が豊かさを実感できる社会をつくる」というビジョンの下、世界水準の長期・積立・分散による資産運用を自動で実現するサービスを提供しています。今後も、ANAをご利用の忙しいビジネスパーソンが世界水準の資産運用を実現できるよう、「WealthNavi for ANA」を通じてサポートしてまいります。

※出典:日本投資顧問業協会(2017年6月末時点)。預かり資産残高は、入金額の累計より出金額の累計を差し引いた額、比較対象は投資一任型のロボアドバイザーを提供する上位4社(ウェルスナビ、楽天証券、お金のデザイン、マネックス・セゾン・バンガード)。

■「Wealthnavi for ANA」
サービスURL:https://www.wealthnavi.com/ana

【WealthNavi for ANA「冬旅応援キャンペーン」概要】
キャンペーン期間終了時点(18年1月31日)で、「WealthNavi for ANA」の資産評価額が100万円以上の方の中から抽選で3名様に10,000マイルをプレゼントいたします。

適用条件など、キャンペーンの詳細については上記のサービスURLよりご確認ください。

■ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の主な特長
1.全ておまかせの資産運用
ノーベル賞を受賞した理論などに基づいた世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムや、最先端の機能で、高度な知識や手間なしに、自動で国際分散投資を行います。

2.中長期的に安定的に資産を形成していきたい働く世代へのサービス
ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成、個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔されることなく適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

3.高い機能で効果的・効率的な資産運用をサポート
中核となる技術について特許を取得している「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(DeTAX)」機能が、お客様の効率的・効果的な資産運用をサポートします。

※自動税金最適化(DeTAX)の適用には条件があり、必ず税負担を繰り延べることを保証するものではありません。

4.明瞭な手数料、資産運用アルゴリズムもホワイトペーパーで公開
手数料は預かり資産の評価額に対し1%(年率、消費税別※)のみ。また、資産運用アルゴリズムをホワイトぺーパーで公開しており、ホームページ上でどなたでもご覧いただけます。

※預かり資産が3,000万円を超える部分は0.5%(年率、消費税別)の割引手数料が適用

■ 会社概要 ウェルスナビ株式会社
会社名 ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者 代表取締役CEO 柴山和久
設立 2015年4月28日
所在地 東京都渋谷区渋谷2-17‐5 シオノギ渋谷ビル12F
資本金 21億5,425万円(資本剰余金を含む)
URL https://www.wealthnavi.com/
事業内容 第一種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業
関東財務局長(金商)第2884号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ANAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ