AI英会話アプリ「テラトーク」を提供するジョイズが2億円の資金調達を実施

12月8日(金)15時1分 PR TIMES

2020年英語教育改革及びインバウンド向け機能の拡充を目指す

報道関係各位
プレスリリース    
ジョイズ株式会社

 AI英会話アプリ『TerraTalk(テラトーク)』を提供するジョイズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柿原 祥之、以下「ジョイズ」)は、YJキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社ベンチャーラボインベストメント、インキュベイトファンドを引受先とする、総額約2億円の第三者割当増資を実施しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17644/6/resize/d17644-6-448479-0.jpg ]

 「テラトーク」は、AIとの英会話を通じて、様々な場面での実践的な英語をバランス良く習得できる英会話アプリです。

 最近では、スピーキングの個別指導が困難な教育現場の課題を解決できるサービスとして、特に学校や塾からの支持を多く集め、品川女子学院や日体大柏高校などの先進校が生徒の自習用教材としてテラトークを採用しています。また、世界での活躍を目指すスポーツチームへの導入として、サッカースクール国内最大手クーバーや野球教室BBC、男子プロバスケ「千葉ジェッツふなばし」ユースチームなどにて活用されているほか、地方のインバウンド(外国人観光客)対策への支援も進んでおり、様々なシーンごとに実践的な英語を学べるよう、学習コースのアップデートも柔軟に行ってきました。
 
 この度、多様かつ豊富な投資経験を持つ投資家陣から、「テラトーク」が、2020年の英語教育改革や、東京オリンピックを含めたインバウンド観光への対応力強化に与えるインパクト、そして事業の成長性を高く評価して頂き、資金調達を実施することとなりました。

 今回の資金調達により、「テラトーク」の更なる機能拡充と、将来に向けた事業基盤の強化を図ってまいります。第三者割当増資の引受先は以下の通りです。

・YJキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 新一郎)
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都区、代表取締役社長:石橋 達史)
・みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 肇)
・株式会社ベンチャーラボインベストメント(本社:東京都中央区、代表取締役:山中 唯義)
・インキュベイトファンド(所在地:東京都港区、代表パートナー:和田 圭祐)

▽AI英会話アプリ「テラトーク」概要
URL: https://www.terratalk.rocks/ja/
アプリとの英会話を通じて、様々な場面での実践的な英語をバランス良く習得できる英会話アプリ。さらに、アプリが発音や表現のを自動的に診断し、英語のを特定・解決することが可能。異なる英語力に対応した100以上のコースがあり、試験や職種など、ひとりのニーズに応じて実践的な英会話をいつでも・どこでも・いくらでも学べる点が特徴。コースのバリエーションや、アプリの手軽さ、全校/全部門に導入しやすい価格設計が評価され、学校や法人での利用も広がっている。提供開始は2016年2月。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17644/6/resize/d17644-6-130247-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17644/6/resize/d17644-6-731446-2.jpg ]


※ダウンロードURL:
https://itunes.apple.com/jp/app/terratalk/id1114037031?l=en&mt=8 (iOS版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.joyz.terratalk (Android版)

■2017年のアップデート履歴
4月:サッカースクール国内最大手クーバーが、 コーチの英語力向上のため AI 英会話「テラトーク」を導入開始
5月:品川女子学院が長期休暇時の自主学習対策にAI英会話アプリ「テラトーク」を試験導入
7月:日体大柏高校や野球教室BBCが、中高生の海外留学支援のためAI英会話アプリ「テラトーク」を試験導入
9月:男子プロバスケ「千葉ジェッツふなばし」がAI英会話アプリ『テラトーク』を導入
10月:AIで地方のインバウンド対策支援を行う取り組みを開始
    AIが瞬時に弱点を解明する新機能を実装


■会社概要
会社名:ジョイズ株式会社
代表者:代表取締役 柿原 祥之
設立:2014年10月10日
所在地:東京都渋谷区神宮前4-3-15東京セントラル表参道219
資本金:1億7695万円
事業内容:人工知能ソフトウェア研究開発、英会話学習アプリケーションサービス『TerraTalk』運営・提供
URL:https://www.joyz.co.jp/

[画像4: https://prtimes.jp/i/17644/6/resize/d17644-6-475709-3.jpg ]

■代表取締役 柿原 祥之
英国気象庁にてデータ解析・可視化基盤の研究開発に従事後、帰国。ソニー株式会社にて、製品ソフトウェアの開発、技術標準化・渉外活動、新規事業開発など担当。世界各国の自動車・スマホメーカーからなるCar Connectivity Consortiumにて、IoT・アプリ時代の自動車通信規格「MirrorLink」の認証プログラム立ち上げを統括。2014年10月ジョイズ株式会社創業、現職。国境を越えた経済活動や、多国籍チームがもたらす価値を信じ「学問ではなく、ツールとしての外国語」を追求したAI英会話アプリ「TerraTalk」を2016年2月リリース。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

英会話をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ