幼児教育無償化「人づくり革命」 今夕に閣議決定へ

12月8日(金)14時6分 TBS


 政府は看板政策「人づくり革命」をめぐり、総額2兆円規模の政策パッケージを8日に閣議決定します。柱となる幼児教育の無償化については認可外の保育施設をどこまで無償化の対象とするかは結論を先送りします。
 政府が閣議決定を目指す新しい政策パッケージは幼児教育の無償化を柱としています。具体的には、0歳から2歳児は住民税のかからない所得の低い世帯に限って認可保育園を無償化するほか、3歳から5歳児は所得とは関係なく幼稚園と認可保育園を無償化するもので、2019年4月から実施するとしています。

 一方、認可外の保育施設をどこまで無償化の対象とするかは来年夏まで検討を続けるとして、結論を先送りします。

 また、政策パッケージには、私立高校の授業料を2020年度から年収590万円未満の世帯を対象に実質無償化するほか、大学など高等教育の授業料の無償化や給付型奨学金の拡充などが盛り込まれています。政府は総額2兆円規模のこの政策パッケージを、8日夕方にも閣議決定する方針です。(08日09:51)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

閣議決定をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ