就職人気企業ランキング2019【文系男子】伊藤忠が初の1位

12月9日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

早期化・長期化に拍車が掛かる就職戦線。多くの大学3年生は夏休み明けまでに志望業界を絞り込み、企業探しを行っている。そんな学生たちの人気を集めている企業はどこなのか。全5回にわたってお届けする特集「就職人気企業ランキング2019夏」#1では、2021年卒の「文系男子」を対象に人気ランキングを作成した。(調査・分析/株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース経営企画室 室長 高村太朗)


伊藤忠商事が初の栄冠

先進的イメージが奏功


 伊藤忠商事が初の1位となったほか、三菱商事(2位)、住友商事(4位)、豊田通商(5位)、丸紅(6位)、三井物産(9位)と総合商社が強さを見せつけ、トップ10に6社がランクインした。


 11位の双日、18位の兼松を含め、大手8社中7社が2019年3月期に過去最高益を更新。米中貿易摩擦に端を発する世界的な景気減速懸念はあるものの、世界を舞台に幅広い事業領域で活躍する商社パーソンに対する憧れは根強いようだ。


 1位の伊藤忠商事は、国内を中心に食料や繊維など非資源分野が堅調なことに加え、鉄鉱石価格の上昇で金属事業も伸びており、19年4〜9月期の連結決算は純利益が3年連続で同期の過去最高を更新。こうした好業績に加え、産業界に先駆けて「朝型勤務」やカジュアルな服装を推奨する「脱スーツ・デー」を導入するなど「働き方改革」への先進的な取り組みによる企業イメージが好感を持たれ、初の栄冠に輝いたと思われる。



 2位の三菱商事は業界トップ企業としてのブランド力はもとより、早期からキャリア教育に積極的に取り組んでおり、学生の人気を集めた。


 今年から導入したウェブ説明会「MC Web Seminar」では、ウェブ上でリアルタイムに質疑応答を行ったほか、アーカイブをマイページで公開。抽選に漏れた学生にも配慮している。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「就職」をもっと詳しく

「就職」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ