世界の殺線虫剤市場ーサイズ調査、種類別、適用方法別(燻蒸、水浸し、土壌ドレッシング、種子処理)、線虫の種類別(ネコブセンチュウ、シスト)、形態別(粒状、液体)、地域別ー予測2020-2027年

12月11日(金)17時16分 PR TIMES

Kenneth Researchは、世界の殺線虫剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年12月 10日 に発刊しました。これは、世界の殺線虫剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336452

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/665/resize/d59861-665-128722-0.jpg ]

殺線虫剤は、植物寄生性線虫を殺すために使用される化学農薬です。殺線虫剤は、土壌中の移動を促進する高い揮発性およびその他の特性を保持する広域スペクトルの毒物である傾向があり、さまざまな農業、工業、およびその他の用途での需要の増加につながっています。肥沃で耕作可能な土地の減少により、世界の食糧需要を満たすために、より高い収穫量に対する需要が高まっています。

世界の殺線虫剤市場は2019年に約12.1億 万米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に3.50%以上の成長率で成長すると予想されています。

インドでは、食用穀物の生産量は2015-16年の2億5,154万トンから2016-17年には2億7,511万トンに増加し、耕作面積も2015-16年の1億2,322万ヘクタールから2016-17年には1億2,923万ヘクタールに増加しました。さらに、従来の合成農薬の代替としての生物殺線虫剤の拡大を安心させる政府の支援もまた、世界的な生物殺線虫剤市場の成長を牽引しました。

人間の健康被害と環境の副作用の減少も予測期間中に世界市場を後押しすると予想されます。2017年の中国での農薬使用量は177万トンでしたが、米国では407千トン、ブラジルでは377.17千トンでした。消費者の支出能力の増加と高品質の食料需要もまた、世界市場を刺激すると予想されます。

しかし、残留農薬の問題は2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げます。また、特定の害虫を対象としたカスタマイズされたソリューションを提供することは、市場に有利な機会提供すると予測されます。

世界の殺線虫剤市場における業界のリーダー
Bayer AG
Syngenta Crop Protection AG
Corteva Agriscience
BASF SE
Adama Ltd.
FMC Corporation
Nufarm
UPL Limited
Isagro Group
Valent USA LLC.

レポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

地域によって成長ハイライト
市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

アジア太平洋地域は最大の市場シェアを保持すると予測
アジア太平洋地域は、この地域での農業の成長により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。可処分所得の増加や作物収量を増やすための投資の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体の殺線虫剤市場に有利な成長見通しを生み出すと予測されます。

世界の殺線虫剤市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場セグメンテーション洞察
レポートは、種類別(燻蒸剤、カーバメート、有機リン酸塩、生物殺虫剤、その他)、適用方法別(燻蒸、水浸し、土壌ドレッシング、種子処理)、線虫の種類別(ネコブセンチュウ、シスト)、形態別(粒状、液体)および地域別によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/nematicides-market/10336452

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ