独オペルに韓国・現代自動車、日本市場を狙う自動車海外勢の成算

12月13日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:REUTERS/AFLO

写真を拡大


グループPSAにより

オペルが約15年ぶりに日本市場に復活


 先にFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と経営統合に基本合意したグループPSA(プジョー・シトロエン)が、米GM(ゼネラル・モーターズ)から買収した独オペル車を日本市場に復活させる。


 オペルは17年までGM傘下にあった。オペル車の日本での販売は、GMが06年に日本からの撤退を表明して以来、約15年ぶりの日本再上陸となる。


 プジョー・シトロエン・ジャポンは、まず2021年夏をめどに、東京・名古屋・大阪でオペル車の販売を開始。第2弾として23年までに全国15〜20都市で、正規のディーラー網を展開していく計画を打ち出している。


 この背景には、欧州・米国での自動車産業再編が結びついており、日本市場における「日本車対輸入車」のさらなる激戦化が予想される。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ