ミレニアル世代の国家公務員・ITスタートアップ経営者らイノベーションに特化した政策を検討し、世の中に広く問いかけることを目指す社団法人Public Meets Innovationを設立

12月13日(木)10時40分 PR TIMES

一般社団法人Public Meets Innovation(パブリックミーツイノベーション)(東京都 千代田区)はミレニアル世代を中心とした国家公務員、政治家、弁護士などのパブリックセクターとスタートアップや研究・教育機関のイノベーターらが協働しイノベーションに特化した政策を検討し、社会への発信を目的とした社団法人を新たに設立いたしましたのでお知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/39994/1/resize/d39994-1-986297-0.png ]

【設立背景】
近年人工知能(AI)やブロックチェーン技術などテクノロジーにおける新たな産業がグローバル規模で急速に進展する中、イノベーションに対する法整備などの政策への重要度が増しています。一方で日本のイノベーション政策を推進する環境整備は世界的に遅れています。(*1)

私たちは主に以下に原因があると考えています。


● 公共セクターと若い世代のイノベーターとの相互接点の欠落


イノベーターの政治・政策接点、情報へのアクセス機会が乏しい
政策プロセスにおいて若い世代のイノベーターの声が届きにくい
政策を担う国家公務員など公共セクターにいる人材のスタートアップ企業や技術者への接点が乏しく、イノベーション領域への知見が浅い
公共セクターと民間企業の両者の就業経験を持つトライセクター人材の不足



私たちはこれからの社会を担う中心となるミレニアル世代を中心とした国家公務員、政治家、弁護士などのパブリックセクターとスタートアップや研究・教育機関のイノベーターらが協働し、日本が抱える社会課題に 対してイノベーションがどのように社会に機能・実装しうるかを考えるコミュニティを通じ 政策を立案、世の中に発信をしていきます。また既存の慣習や常識などの前提がテクノロジーにより失われていく時代を生きる世代として、10年後・50年後の当たり前を提案し、イノベーションの社会実装が当たり前になるエコシステムの構築を目指します。


【活動内容】
#01 パブリックとイノベーターをつなぐ次世代リーダーコミュニティの運営


パブリックセクター(官僚・政治家・弁護士・政策関係者等)とイノベーター(スター トアップやベンチャー経営者、テクノロジー技術者等)がフラットな立場でつなが り、交流・相談・議論・コラボレーションが生まれるコミュニティの構築
イノベーターへの法律相談、政策に関する相談窓口の設置


#02 イノベーションに特化した政策の検討と発信


ミレニアル世代を中心とした新たな視点で、社会課題に対しイノベーションがどのように機能し社会実装しうるかを考え議論し、IT・テクノロジーをはじめとする新技術やアイデアを用いた解決策の提示
イノベーションにおけるルールメイキングや政策プロセスの新たな手法の提示


初年度 取扱い政策テーマ(予定)
観光政策、スマートシティ・都市政策、アグリテック政策、ヘルステック政策、フィンテック政策、レグテック政策、エドテック(教育)政策、モビリティ政策等


#03 外部を広く巻き込んだ普及啓発活動


イノベーション政策や関連テーマに関する情報発信、勉強会やイベント・カンファレンスの開催
政策について知る・学ぶ・考える場の提供
海外関連組織・団体との交流や共同研究等の連携



【団体概要】
名称:一般社団法人Public Meets Innovation
代表理事:石山アンジュ
設立日:2018年10月1日
住所:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 2F


【公式HP】
公式HP:https://pmi.or.jp/


【事業内容】
・イノベーション、公共政策に関する各種セミナー、フォーラムの開催
・官民共同組織による科学技術、教育、文化等に関する各種情報収集、調査研究及び 政策の立案
・イノベーション政策に関する広報活動
・イノベーション政策に関する国内外の関係機関との連携
・会員を対象とした専門窓口の設置と専門家の紹介等

(*1) 世界イノベーションランキングにおける我が国は直近3年で5位→ 8位と推移
(世界経 済フォーラム “The Global Competitiveness Report(2016-2017版)報告書)

PR TIMES

「公務員」をもっと詳しく

「公務員」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ