パーソルグループ、全国の信用金庫との業務提携が50金庫に

12月13日(木)10時40分 PR TIMES

〜中小企業の直面する人手不足の解消にむけて、包括的な採用支援を実現〜

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:水田 正道)は、2018年12月1日をもって、全国の信用金庫との業務提携が50金庫となりましたので、お知らせいたします。

これらの業務提携は、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職・求人サービス「ミイダス」を中心としたパーソルグループの包括的な採用支援サービスの提供に基づきます。信用金庫の顧客となる地方の中小企業においては、人手不足が一層深刻化する中、優秀な人材の獲得が事業成長の大きな課題となっており、特に大手企業に比べて採用に苦戦する傾向にあります。

パーソルグループでは、今後も全国の信用金庫や銀行、自治体との業務提携を拡大し、中小企業が直面する人手不足の問題解決に貢献してまいります。

■「ミイダス」について

[画像1: https://prtimes.jp/i/16451/213/resize/d16451-213-204822-0.jpg ]

「ミイダス」は採用したい人材に、企業から直接アプローチすることができる転職求人サービスです。企業は、自社に適した人材が何人いるか無料で検索することができます。オファーを送る機能は有料となり、一年間の定額制で提供しています。掲載できる求人数、配信できるオファー数は無制限、何人採用しても追加の費用が一切生じないため、圧倒的なコストパフォーマンスを実現することが可能です。

■スキーム図

全国の信用金庫より、採用課題を抱える顧客情報をパーソルグループにご紹介いただき、その後、ミイダスとパーソルグループのリクルーティングアドバイザーが企業の採用課題を見極めた上で、パーソルグループ内の最適な採用手法を提案します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16451/213/resize/d16451-213-713708-1.jpg ]


■パーソルホールディングス株式会社について

1973年の創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。

東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2018年3月期売上高7,221億円。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/>

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。

パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

PR TIMES

「金庫」をもっと詳しく

「金庫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ