ハードロック・ジャパン第71回さっぽろ雪まつり大雪像に協賛 「アイヌ民族」の天地創世神話をテーマにした大雪像を製作

12月13日(金)14時45分 PR TIMES

世界70カ国以上、200以上のエンターテインメント施設を展開するハードロック・インターナショナル

世界70カ国以上にて200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州・ハリウッド、会長:ジム・アレン)の日本法人、ハードロック・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:町田亜土)は、昨年に引き続き、2020年2月4日(火)から2020年2月11日(火・祝)に行われる第71回さっぽろ雪まつりの大雪像に協賛いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/27355/41/resize/d27355-41-915034-0.jpg ]

※模型は製作中のもので、完成形は本模型と異なる場合がございます。

 協賛にあたり、高さ12m、横幅20m、奥行き15mスケールの大雪像「ALL IS ONE™〜世界のはじまり、アイヌ物語〜」が4丁目会場に登場いたします。今年は、極寒の北海道で何世紀にも渡り営みを続けてきた「アイヌ民族」の古くから伝わる天地創世神話のひとつである「アイヌラックル伝」(※)に着目しました。人間はもちろん、動物・植物・道具類などあらゆる存在に魂が宿り密接につながっているというアイヌの尊い世界観を、白く輝く大雪像で創造します。
(※)「ル」は、 アイヌ語のカタカナ表記では字体を小さくします。

 雪まつり開催中は、日没から午後10時の間、順次プロジェクションマッピングショーをお楽しみいただけます。

 ハードロック・ジャパンは、「ハードロック・エクスペリエンス」という構想とともに、ハードロックならではの“音楽をDNAに”、子どもからシニアまで幅広い世代が楽しめるリゾートの開発を北海道で行うことを目指しております。「ハードロック・エクスペリエンス」は、日本の現代の文化を尊重し、同時にハードロックが将来的に日本に提供できる音楽、スポーツ、ホスピタリティ、エンターテインメントへのビジョンを示すものとなります。北海道および日本の全ての方に隔てなく、ハードロックの提供する音楽を始めとするエンターテインメントをお楽しみいただきたいという想いから、今後も様々な活動を行ってまいります。

 ハードロック・ジャパンについての詳細は、公式ホームページ(HardRock.co.jp)よりご覧ください。

■大雪像「ALL IS ONE™〜世界のはじまり、アイヌ物語〜」出展概要
出展期間:2020年2月4日(火)〜2月11日(火・祝)
出展エリア:大通り4丁目STV広場
内容:大雪像「ALL IS ONE™〜世界のはじまり、アイヌ物語〜」展示、プロジェクションマッピングショーの上映
※プロジェクションマッピングショーは出展期間中、毎日日没〜午後10時順次上映。
※大雪像の詳細については、Hard Rock公式ホームページと公式SNSにて随時更新予定です。

■Hard Rock(R)について
ハードロック・インターナショナル(以下、HRI)は現在、計76カ国における262のロケーションでホテル、カジノ、カフェやRock Shop(R)を運営する国際的に高い認知を獲得している企業の一つです。エリック・クラプトンのギターに始まり、ロック・ポップ音楽界のミュージシャンの記念品を多数所有しており、世界各国の施設で展示しています。2018年には、Forbesが選ぶ「米国で女性にとって最も良い雇用者」のひとつに選ばれました。また今年4月には、Forbesが選ぶ「米国の最高の雇用主」および「米国で女性にとって最も良い雇用者」のひとつ、さらにJ.D. パワーが発表した「2019 North America Hotel Guest Satisfaction Study」(2019年北米ホテル宿泊客満足度調査)の最高級ホテル部門で第1位に選出されました。ハードロックは、本社があるフロリダの世界初のGuitar Hotel(R)や、親会社であるザ・セミノール・トライブ・オブ・フロリダが所有・運営するタンパとハリウッドの大型リゾートを筆頭に、世界中の様々なゲートウェイ都市で施設を運営しています。
URL: www.hardrock.com

PR TIMES

「大雪」をもっと詳しく

「大雪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ