大人ギタリストのための新ギター専門誌、『ギター・マガジン・レイドバック』発売記念 スペシャル・トークショー開催! 出演はCharとのん

12月13日(金)13時25分 PR TIMES

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/3041/resize/d5875-3041-853800-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/3041/resize/d5875-3041-369673-0.jpg ]


インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本大輔)は、『ギター・マガジン・レイドバック第1号』の発売を記念したトークショーを2019年12月23日(月)に開催します。出演は、日本が誇るギター・ヒーローCharと女優・創作あーちすと、のん。

◼トークショー概要
ゆる〜くギターを弾きたい大人ギタリストのための新ギター専門誌『ギター・マガジン・レイドバック第1号』の発売を記念して、日本が誇るギター・ヒーローCharと女優・創作あーちすと、のんのトークショーを行います。ギターとギター・ヒーローにまつわるトーク、Charからのんへのギター・レッスン、Charのミニ・ライブなど、他では絶対に見られない内容です。

◎出演者:Char、のん
◎日時:2019年12月23日(月) 開場:18:30 開演:19:00
◎会場:お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区神田駿河台2-1)

【アクセス】
JR中央線・JR総武線 JR御茶ノ水駅 より 徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 より 徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 より 徒歩3分

◎チケット:入場料:3,300円(税込)
 販売開始:12月14日(土)正午
※お一人様、一枚限りのご購入とさせていただきます。
※全席自由席
※チケットは、先着順のお申込みとなります(※抽選ではございません)。
※ご入場は、チケット番号順となります。

【チケット販売】
Peatixのみで受付(限定160席)

【申し込みページ】
https://gmlb-vol1.peatix.com/
※メディアの取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。
※会場では『ギター・マガジン・レイドバック第1号』を販売します。


◼書誌情報
雑誌名 :ギター・マガジン・レイドバックVol.1
定価  :1,500円+税
ページ数:144ページ
判型  :菊倍:303×227mm 縦書き 右綴じ 平綴じ
発売  :リットーミュージック
[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/3041/resize/d5875-3041-117460-2.jpg ]


『ギター・マガジン・レイドバック』とは?
すべての大人ギタリストに向けた新しいギター専門誌です。古き良き70〜80年代にギターを始め、ギター・ヒーローに憧れたあの頃を思い出して、もう一度ゆったりとギターを弾いてみよう。そんなコンセプトを持っています。この世代にやさしい大きな文字も特徴です。

【CONTENTS】
■巻頭インタビュー〜みんなギターで大きくなった。
のん(創作あーちすと)

■スペシャル・レポート
Play It Loud

■特集1
あの頃、みんなギター・ヒーローになりたかった。
今や死語となりつつあるギター・ヒーローとは何だったのか? 日本を代表するギタリストChar&野村義男の対談のほか、ジミ・ヘンドリックス、三大ギタリスト、ランディ・ローズ、エディ・ヴァン・ヘイレンなど、誰もが憧れたギター・ヒーローの魅力を多角的に掘り下げていこう。

・対談 Char×野村義男
・20世紀のギター・ヒーロー史とエレクトリック・ギターの革命
・ギター・ヒーローの起源
・僕らが憧れた永遠の5大ギタリスト〜エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、リッチー・ブラックモア、ジミ・ヘンドリックス
・王様 インタビュー/ギター・ヒーロー7変化
・ギター・ヒーローへの手紙 拝啓ランディ・ローズ様 橘高文彦
・アマチュア道のプロフェッショナル、ジミー桜井の旅
・斉藤和義が語る僕の好きなギター・ヒーロー
・SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記

■特集2
軽くて便利に勝るものなし!
コンパクト・マルチ・エフェクターの最新事情
たくさんの荷物を持ってスタジオに行くのは大変だ! コンパクト・エフェクターも好きだけど、エフェクトボードは重いし......。となると、やはり一台で済むマルチが便利。最近のマルチ・エフェクターは驚くほど手軽で音質も良いし、使い勝手も向上している。大人の食指が動く、話題の最新マルチを弾き比べてみよう。スタジオのお供に最適な一台が見つかる特集。

■レイドバック・ルポ
ビンテージ・ギターを愛する理由
今や高値の花となったビンテージ・ギターだが、一体その魅力はどこにあるのか? 実際に仕事で使うプロ・ギタリスト、コレクター、楽器店主、リペアマンなどへの取材を通し、なぜ彼らはビンテージ・ギターを愛するのかその理由に耳を傾けてみよう。

■噂のギター・コレクターを訪ねて
苫米地英人

■にっぽんのマスター・ビルダー紳士録
杉本眞(Sugi Guitars)

■レイドバック・セミナー
・今さら聞けない正しい弦の張り方
・かじってみたいジャズ・ギター

■レイドバック・セレクション
ジェフ・ベック「哀しみの恋人達」

フェンダーUSAウルトラ・シリーズ
PRSプライベートストック モダン・イーグルV
編集後記/プレゼント

■連載
The Boutique Guitar Gallery/スポルト・インストゥルメンツ
ビンテージ・ギター・カフェ/1953年製フェンダー テレキャスター
あの頃、ライヴ盤でごはん3杯
いま会いに行ける!ご当地トリビュート・バンド/LITTLE CHEAT
よっちゃんのギターいじりism/野村義男
バラしてみたい懐かしの80'sギター/トーカイMATシリーズ
ずっとギターが作りたかったんだぜ/斉藤和義
ギタリストの愛車/長岡亮介のシトロエン アミ6
定年後に聴きたいおニュー・ミュージック


【株式会社リットーミュージック】https://www.rittor-music.co.jp/
『ギター・マガジン』『サウンド&レコーディング・マガジン』等の楽器演奏や音楽制作を行うプレイヤー&クリエイター向け専門雑誌、楽器教則本等の出版に加え、電子出版、映像・音源の配信等、音楽関連のメディア&コンテンツ事業を展開しています。新しく誕生した多目的スペース「御茶ノ水Rittor Base」の運営のほか、国内最大級の楽器マーケットプレイス『デジマート』やエンタメ情報サイト『耳マン』、Tシャツのオンデマンド販売サイト『TOD』等のWebサービスも人気です。

【インプレスグループ】https://www.impressholdings.com/index.htm
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 広報宣伝担当
Tel: 03-6837-5051 / E-mail: pr@rittor-music.co.jp

PR TIMES

「ギター」をもっと詳しく

「ギター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ