杉良太郎特別防犯対策監が青森県知事を表敬訪問「ご家族の絆を強めて、特殊詐欺から身を守ってください。」

12月13日(金)17時25分 PR TIMES

〜ストップ・オレオレ詐欺47 家族の絆作戦〜

警察庁の「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と共に特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行っています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯対策監を委嘱されている杉良太郎氏が、青森県知事を表敬訪問し、特殊詐欺に関する啓発活動を行いました。
[画像: https://prtimes.jp/i/46264/23/resize/d46264-23-101262-0.jpg ]



訪問先レポート

『一人ひとりの心がけで、青森県に”騙されない県”1位を目指して欲しい。』
杉良太郎特別防犯対策監は、「青森県民の皆様に是非ともお伝えしたいのですが、皆さん”自分は騙されない”と思っている方が大勢いらっしゃるのですが、特殊詐欺というのは非常に巧妙な手口で、知能犯が多い為、”もし自分のところに特殊詐欺の電話が掛かってきたら、騙されてしまうかもしれない”といった気持ちで備えて頂きたいと思います。是非青森県は、“騙されない県”として1位になっていただきたいと思います。」と訴えました。

具体的な対策方法としては、「怪しい電話が掛かってきたら、一旦その電話を切って、ご家族や警察に相談をして、然るべき対処を取ってください。また、家族の皆さんがご両親・お爺ちゃん・お婆ちゃんを守るため、日頃から気軽に相談し合えるよう家族の絆を強めて頂きたいと思います。」と呼びかけました。

また三村知事は、「杉対策監が仰ったように、県民の方々には特殊詐欺への危機感を持ってもらいつつ、何かがあった時にすぐに相談をすることも忘れないで頂きたいと思います。“この電話、何かおかしいぞ”と思ったら「188番」の消費者ホットラインに電話をかけて相談をして頂きたいです。怪しい電話にはすぐに行動せずに、一歩止まって落ち着いて対処することを心がけて欲しいと思います。」と県民に呼びかけました。

今後も当プロジェクトでは、特殊詐欺の撲滅を目指し、国民一人ひとりが特殊詐欺への危機感をもって対策に取り組むよう、啓発活動を行ってまいります。

実施概要

■催事名
青森県知事表敬訪問

■実施日
2019年11月19日(火)

■実施会場
青森県庁

■出席者
青森県知事 三村 申吾 氏
「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム
特別防犯対策監 杉 良太郎 氏
青森県警察本部長 村井 紀之 氏
青森県 環境生活部長 三浦 朋子 氏

PR TIMES

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ