音楽コラボSNS「nana」、今年最も「歌われた」楽曲ランキング「SING of the year 2020」を発表!

12月17日(木)19時16分 PR TIMES

〜 VOCALOID楽曲や「鬼滅の刃」のオープニングテーマなど、様々な楽曲がランクイン。〜

スマホでつながる音楽コラボSNS「nana」を運営する株式会社nana music(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:文原明臣)は、2020年に最もnanaで「歌われた」楽曲ランキングとして、『SING of the year 2020』を本日発表することをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-221927-0.png ]


今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、屋外やカラオケなどで音楽を楽しむ機会が例年より少なくなった一年でした。「Stay Home」や「おうち時間」という言葉も聞かれるようになり、nanaでもコロナ前後でのアクティブユーザーの増加が確認されるなど、自宅で音楽を楽しむ方が増え、変化が起きた一年でした。

nanaは、自宅にいながら自由に音の表現活動を行うことができ、その表現を通じて誰かとつながることのできるアプリとして、今年も多くのユーザーに多様な音楽表現を楽しんでいただきました。『SING of the year 2020』は、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響も大きかった今年、自宅で、スマホを通して、どのような楽曲が歌われたかを表すランキングだとも言えます。

■SING of the year 2020:1位

[画像2: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-575080-6.png ]

1位は「夜に駆ける/YOASOBI」。
2019年12月15日にリリースされ、SNS上で話題となりました。Spotifyのバイラルトップ50に選出、LINE MUSICの月間ランキングでも1位を獲得し、YOASOBIの代表曲となりました。nanaでは歌ってみたはもちろんのこと、ハモりのみの投稿も多く投稿されました。

■SING of the year 2020:2位

[画像3: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-268099-1.png ]

2位は「紅蓮華/LiSA」。
2019年4月22日に先行リリースされ、週刊少年ジャンプの連載からテレビアニメ、さらに劇場版の公開で大ヒットを果たし、社会現象的な人気を誇る『鬼滅の刃』のオープニングテーマとして使用されました。2019年NHK紅白歌合戦でも歌唱され、大ヒット曲として多くの人に知られています。nanaでは1人で歌うだけでなく、合唱などで多くのユーザーが一緒に歌う投稿も見られました。

■SING of the year 2020:3位

[画像4: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-519162-7.png ]

3位は「ボッカデラベリタ/柊キライ」。
2020年4月26日にリリースされ、リリースから約8ヶ月で多くのユーザーに歌われ、3位にランクインしました。VOCALOIDの楽曲はnanaの人気ジャンルのひとつ。nanaでは所謂「ケロケロボイス(機械的な声)」のエフェクトが多く使用されていました。また、柊キライさんのnana公式アカウントには同曲の伴奏音源も投稿されており、多くのファンが楽しんでコラボ投稿をしていました。

■SING of the year 2020:4位

[画像5: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-858088-2.png ]

4位は「香水/瑛人」。
配信限定シングルとして2019年4月21日に各音楽配信サービスにてリリースされました。SNS上で話題になり、多くの人に親しまれました。nanaでは様々なアレンジバーションで歌われ、ロックアレンジや高難易度バージョンとして同曲の伴奏のキーがどんどん上がっていく遊びなどが見られました。

■SING of the year 2020:5位

[画像6: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-516810-3.png ]

5位は「KING/Kanaria」。
Kanariaさんの二作目として2020年8月2日にリリースされ、多くの反響を呼びました。SNS上では歌詞の考察や「踊ってみた」の投稿も多く見られました。nanaではKINGと第3位にランクインしたボッカデラベリタとのマッシュアップも投稿され、多くのユーザーに楽しまれていました。

■SING of the year 2020:6位〜50位

[画像7: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-843558-4.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-147721-9.png ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-578479-10.png ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-955182-8.png ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/11341/96/resize/d11341-96-670598-5.png ]


2020年を彩った様々な楽曲がランクインしました。
どのような状況下でも、音楽は私たちにとって欠かすことのできないものであると信じています。今後も、スマホひとつで、いつでも、どこでも、誰とでも音でつながることのできるnanaならではの特徴を活かし、様々なイベント開催などを通じて、当社のビリーフである「Everyone is a Co-Creator」の実現を目指してまいります。


■音楽コラボSNS「nana」について
・スマートフォンを使って、歌や楽器演奏を録音・投稿できる音楽コラボSNSです。
・スマホひとつで、いつでもどこでも誰とでも、音を通じてコミュニケーションを楽しむことができます。
・投稿されたサウンドに歌や演奏を重ねることで、合唱やアカペラ、バンド演奏など、場所や時間にとらわれず、音を通じてコミュニケーションを楽しむことができます。
・会員ユーザー数は、約900万人。

iOS版ダウンロードページ :https://m.onelink.me/3542c96d
Android版ダウンロードページ      :https://m.onelink.me/bb721cad
公式サイト :https://nana-music.com/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社nana music広報担当
MAIL: pr@nana-music.com

PR TIMES

「コラボ」をもっと詳しく

「コラボ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ