タイ王国における合弁会社設立に向けた検討開始のお知らせ 〜アジア50,000店舗に向け、本格的始動〜

12月18日(火)14時0分 @Press

不動産事業を全国展開する株式会社ハウスドゥ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 CEO安藤正弘)は、「すべてのエリアにハウスドゥ!お客様のより近くに、安心、便利な窓口を創り出す」をビジョンに、不動産情報のオープン化の推進と安心・便利なサービスを提供する「不動産コンビニ」構想の実現に向けて、国内1,000店舗、アジア50,000店舗を目指しております。
この度、アジアでの事業展開の足掛かりとして、タイ王国においてM&A、合弁組成、事業再生分野ではトップクラスの実績をもつアドバイザリーファーム、「Kusumoto Chavalit & Partners Ltd.」(以下KCP社)と協働にてタイ王国における合弁会社設立に向けて本格的な検討を開始いたしましたので、お知らせいたします。

タイ王国の一人当たりGDPはASEAN諸国ではシンガポール、ブルネイ、マレーシアに続き4番目に高く、コンドミニアムの建設ラッシュが続くなど、不動産取引は活況であります。これらは、外国人投資家による投機的需要のみならず、同国の若年層、いわゆる一次取得者の購入等の実需にも支えられており、さらに近年の経済成長により、中間所得者層や富裕者層がますます増加することが予測されております。その一方で、不動産税制度改革の遅れから、先進国と比べて圧倒的に不動産情報量が少なく、訓練された鑑定士不足が不動産市場の成熟度を低下させているとも言われておりますが、タイ王国政府は不動産流通市場の活性化に積極的であり、同国の不動産市場は今後も伸張していくと想定しております。
そこで、当社がこれまで培ってきた不動産流通に関するノウハウの活用と、当社の理念に賛同する現地事業パートナーとの協業により同国の不動産市場開拓及び活性化を目指し、中古住宅リノベーション・販売事業等の展開に向けての具体的検討を開始いたしました。

なお、今後につきましては、KCP社と緊密に連携し、具体的内容についての検討を行う予定であり、タイ国内における現地事業パートナーの決定及び合弁会社設立の合意等の段階において、必要に応じて速やかに開示いたします。


■Kusumoto Chavalit & Partners Ltd.概要
名称 : Kusumoto Chavalit & Partners Ltd.
所在地 : Rajanakarn Building 9th Floor, 3 South Sathorn Rd.,
Yannawa, Sathorn, Bangkok 10120
代表者 : 楠本 隆志
事業内容 : M&A・合弁組成アドバイザリー、市場調査、市場参入戦略立案
資本金 : 8,000,000タイバーツ(約2,800万円、1タイバーツ=3.5円)
設立年月日 : 2009年11月3日
ホームページ: http://www.kusumotochavalit.com/


■ハウスドゥ!グループ概要
社名 : 株式会社ハウスドゥ
本社 : 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館17F
本店 : 京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670番地
代表者 : 代表取締役社長 CEO 安藤 正弘
設立 : 2009年1月(創業1991年)
店舗数 : 565店舗(直営店17店舗・FC店548店舗 内オープン準備中105店舖)
事業内容 : フランチャイズ事業、ハウス・リースバック事業、不動産金融事業、
不動産売買事業、不動産流通事業、リフォーム事業
資本金 : 33億3,400万円(2018年6月末現在)
売上高 : 連結225.1億円(2018年6月末現在)
ホームページ: https://www.housedo.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ