「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」を設立

12月18日(月)8時5分 Digital PR Platform




パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市 社長:津賀一宏 以下、パナソニック)と学校法人千葉工業大学(理事長:瀬戸熊修)は、12月13日(水)、「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」を設立しました。千葉工業大学が保有する最先端ロボット技術・知能化技術、そしてそれらを統合し完成度の高いロボットを開発する能力と、パナソニックの持つ信頼性の高い家電製品の企画・開発力とを融合し、アイデア創出から具現化、製品化に向けた技術開発を、大学と企業の両者が共同で取り組んでいきます。




 「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」の連携第一弾として、パナソニックは、千葉工業大学 未来ロボット技術研究センターが開発したセンサー情報を用いた高速空間認識技術「ScanSLAM」を活用し、次世代ロボティクス家電の製品化に取り組みます。一般にSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)は、レーザーやカメラ等のセンサーの情報を解析して自己の位置を推定しつつ周囲の地図を構築する、自動操縦やロボットにおける''人間の目''の役割に相当するコア技術です。「ScanSLAM」は、高速処理が可能な世界トップレベルの性能を有しています。

 従来、大学と企業との産学連携拠点の多くは基礎研究などのR&Dを目的としており、今回のように製品開発を前提とし大学の先端技術の提供を目的としたセンターの設立は、国内では極めて稀なケースです。この取り組みにより、大学が有する数々の先端技術が円滑かつスピーディーに実用化され、未来社会が切り開かれることが期待できます。

 千葉工業大学とパナソニックは、連携センターを通じてオープンイノベーションを加速させ、次世代ロボティクス家電等の製品開発を通じ、「新しいくらし価値」を発信していきます。


▼本件に関する問い合わせ先
未来ロボット技術研究センター
先川原 正浩
住所:習志野市津田沼2-17-1
TEL:TEL:047-478-0567


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「パナソニック」をもっと詳しく

「パナソニック」のニュース

BIGLOBE
トップへ