駒澤大学が新学長にグローバル・メディア・スタディーズ学部の各務洋子教授を選任 -- 同大初の女性学長に

12月18日(金)14時5分 Digital PR Platform




駒澤大学(東京都世田谷区)は、現学長の任期満了に伴う学長選挙において、各務洋子(かがみ ようこ)グローバル・メディア・スタディーズ学部教授を最終候補者として選出。11月26日に開催した学校法人駒澤大学理事会で各務教授を学長に選任した。任期は2021年4月1日から2025年3月31日までの4年間。




 各務教授は駒澤大学初の女性学長となる。専門は経営戦略論、グローバル経営論。国内外の企業研究を通して「個を活かす組織」のメカニズムとマネジメント戦略を研究している。ダイバーシティー、マイノリティーといった言葉が不要になる環境を目指し、学長就任後も学部生の授業と研究を続けていく。

◆各務洋子教授
【略 歴】
 1959年11月生まれ
 90年8月 Arizona State University, Thunderbird School of Global Management(Master of Global Management)、97年3月 国際基督教大学大学院行政学研究科行政学専攻博士後期課程修了(博士(学術))。98年4月 駒澤大学経営学部講師に就任、04年12月 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部(仮称)設置準備室長、06年4月 同学部助教授、08年4月 同学部教授(現在に至る)、10年4月 同学部学科主任、15年4月 同学部学部長、学校法人駒澤大学評議員、17年4月 学校法人駒澤大学理事/評議員、議長、19年6月駒澤大学学長補佐(現在に至る)。(現在)駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授、学長補佐
【学 位】
 博士(学術)国際基督教大学
【主な著書、論文等】
 「Sharp Electronics in 2013, Columbia Business School Caseworks」Columbia University, 2013
 『社会とメディア』共著(2013年/成文堂)
 『映像コンテンツ産業とフィルム政策』共著(2009年/丸善)
 『コンテンツ学』共著(2007年/世界思想社)
 『トランスナショナル時代のデジタル・コンテンツ』共著(2007年/慶應義塾大学出版会)
 『経営学基礎』共著(2006年/中央経済社)
 『交渉ハンドブック−理論・実践・教養』共著(2003年/東洋経済新報社)
 『最新・現代企業論』共著(2001年/八千代出版)
 ほか多数


▼本件に関する問い合わせ先
駒澤大学総務部広報課
住所:〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
TEL:03-3418-9828
メール:koho@komazawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「学長」をもっと詳しく

「学長」のニュース

「学長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ