MaaS Global、三井不動産と交通モビリティサービスの不動産への融合協業

12月18日(金)13時0分 Digital PR Platform



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1979/43971/150_85_202012171948225fdb3776558bd.png






世界初のMaaS(Mobility-as-a-Service)オペレーターであるMaaS Global Ltd.(本社:フィンランド、ヘルシンキ市、以下、MaaS Global)は、世界最大級の不動産デベロッパーである三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、以下、三井不動産)とともに、モビリティサービスを不動産と融合させる共同プロジェクトを日本において開始します。本プロジェクトは、日々の生活における移動ニーズに対して、使い勝手の良いモビリティをサブスクリプション(定額制)の形での提供することを目指しています。不動産と交通サービスという二つの大きな産業を組み合わせることで生じる大きな事業機会の実現を視野に入れています。

数々の賞を獲得してきたMaaS Globalのモバイルアプリ「Whim(ウィム)」では、ひとつのアプリからバイクシェア、バス、カーシェア、タクシー等の交通手段を簡単に利用できるようになります。本事業において、これらの交通サービスは、株式会社ドコモ・バイクシェア(本社:東京都港区)、東武バスイースト株式会社(本社:千葉県柏市)、三井不動産リアルティ株式会社(本社:東京都千代田区)等のパートナーを通じて提供されます。また、交通経路検索システムは株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区)、カスタマーケアはアディッシュプラス株式会社(本社:沖縄県那覇市)と連携します。 今回、実証実験として、千葉県柏市柏の葉および東京エリアの複数の三井不動産のマンションを対象に、人々がどのように異なる交通モードを利用するかについて、知見を集めてまいります。


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1979/43971/150_80_202012180950185fdbfcca25741.png

MaaS GlobalのCEOであるサンポ・ヒエタネン(Sampo Hietanen)は、「今年、MaaS Globalはヨーロッパでモビリティサービスを不動産に組み合わせました。そして今回、パートナーであり出資者でもある三井不動産と緊密に連携を取り、MaaS Globalが現在展開する他の市場にはない全く新しいプロダクトカテゴリーの実証実験を行います。柏の葉および東京では、マンションオーナー、マンション住民、また関連組織と連携し、ご協力を頂きながらWhimサービスの開発を進めています。本共同プロジェクトでは、モビリティサービスを不動産と融合することで、住民にとって使いやすいMaaSサービスの構築を目指しています」と述べています。

MaaS Globalは世界初のMaaS(Mobility-as-a-Service、モビリティ・アズ・ア・サービス)事業者で、フィンランドで設立されました。世界で一番幸せな国と言われるフィンランドと日本には、他者を敬う文化や真面目で真剣に仕事に取り組む人々、その一方で、高齢化、過疎化による地方交通の衰退、都市部の渋滞といった多くの共通点があると考えています。MaaS Globalのアプリ「Whim」は、シニア層を含むすべての方々に「移動の自由」をもたらします。車を所有する必要性をなくし、移動に関わるわずらわしさのない幸せな生活につながる手段の提供を目指します。


[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1979/43971/500_358_202012171949145fdb37aac4f1c.png




またヒエタネンは、「三井不動産とともに共同プロジェクトをローンチできることに期待を感じています。MaaSのコンセプトを日本に導入したいという三井不動産の熱意は、MaaS Globalが日本に展開する大きな理由のひとつです。交通関係者からも強い支持を得ています。未来のモビリティ、そしてスマートシティを創り出す一員となることに多くのステークホルダーが関心を寄せています」とも述べています。

さらにヒエタネンは、「日本は新しいMaaSのあり方を検証する最適の地域だと考えています。テクノロジー基盤の成熟度が高く、また公共交通機関を始めとする交通サービスはほかに類を見ないような発展を遂げています。人々も、テクノロジーを試すことに意欲的で、日々の生活に新しい技術がもたらす快適さや進歩を快く歓迎します。この実証実験は、MaaSが実際にもたらすべきことや、もたらすことができることを検証するひとつのステップにすぎません。また多くの国々が、MaaSが日本でどのように進んでいくのかに注目しています」とも語っています。

三井不動産株式会社ビジネスイノベーション推進部長である須永 尚氏は、次のように語っています。「このたびの協業を通じて、日本で初の本格的な不動産×MaaSの実証実験を開始することができました。当社マンションにお住まいの方をはじめとする不動産ユーザーの方に、不動産と組み合わせたサービスを通じて、従来にない体験価値を提供することが可能となります。創業以来MaaSの世界でイノベーションをけん引しているMaaS Globalとの関係を深める今回の取り組みを嬉しく思うと同時に、不動産のイノベーションを加速していけることを楽しみにしています」

MaaS GlobalとWhimアプリについて
MaaS Globalは、Mobility-as-a-Service(モビリティ・アズ・ア・サービス、MaaS)分野を率いる世界的なリーダーであり、そのアプリ「Whim」はこれまでに各種の賞を受賞してきました。Whimアプリでは、ひとつのアプリから、登録されているすべての交通サービスをユーザーに提供することができます。MaaS市場で商業的にサービスを行うアプリの中で、初めてのオール・インクルーシブ型MaaSソリューションで、2017年11月のサービスローンチ以降、トリップ(旅程)件数は世界で1,600万回を超えます。Whimでは、ひとつのサブスクリプション契約で、電車・バス等の公共交通機関およびタクシー、カーシェア、その他多くの交通サービスから好きな手段を選び、好きなときに好きな場所へ移動することができます。また、Whimでは、サステナブルな移動方法を選ぶことができ、ユーザーの移動の習慣にも変化をもたらしてきました。
MaaS Globalは2015年に設立され、フィンランドのヘルシンキ市を本社拠点としています。様々な戦略的企業からの出資を受けており、出資企業には、三井不動産、BP Ventures、三菱商事、トヨタファイナンシャルサービス、Karsan Otomotiv、Transdev、あいおいニッセイ同和損保、デンソー、Vehoを含みます。これまでの出資総額は5,370万ユーロです。Whimアプリは、Google PlayストアおよびApple App Storeからダウンロードいただけます。



本件に関するお問合わせ先
Johanna Sippo(ヨハンナ・シッポ)(英語専用)
Head of Communications, MaaS Global
press@whimapp.com +358 44 55 66 505

関連記事(外部サイト)

Digital PR Platform

「不動産」をもっと詳しく

「不動産」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ