ダチョウ画で知られる福井江太郎の新たな挑戦! 高島屋美術部創設110年記念 画集刊行記念 福井江太郎 日本画展 ー薔薇に挑むー

12月19日(水)18時23分 Digital PR Platform


【会期・会場】
東京展=2018年12月19日(水)〜25日(火) 日本橋高島屋S.C.本館6階美術画廊 
京都展=2019年1月16日(水)〜22日(火) 京都高島屋6階美術画廊 
大阪展=2019年1月30日(水)〜2月5日(火) 大阪高島屋6階美術画廊 
横浜展=2019年2月13日(水)〜19日(火) 横浜高島屋7階美術画廊 
新宿展=2019年2月27日(水)〜3月11日(月) 新宿高島屋10階美術画廊 

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/327/30791/200_110_201812191804055c1a09859d65a.jpg
陽(ヨウ) 四曲一双(左隻部分)

このたび高島屋では、高島屋美術部創設110年記念として、日本画家・福井江太郎先生の個展を開催いたします。
先生は、1969年東京に生まれ、1994年多摩美術大学大学院美術研究科修了。2003年、34歳という若さで、平成15年度文化庁買上優秀美術作品にダチョウの群像を描いた大作「阿1」が選ばれ、以来20年、様々なモチーフとの出会いにより独自の世界観を形成されてきました。
今年度髙島屋は、中元・歳暮におけるメインビジュアルとして、福井先生に新たなモチーフに挑戦していただきました。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/327/30791/200_155_201812191804145c1a098e9d2dd.jpg
颯(サツ) 6号F

天然群青による紺碧に薔薇、そして艶やかに演出された真紅の薔薇。中元・歳暮の季節にふさわしく、そして高島屋らしさにあふれた作品を五制作いただきました。
本展では、これまでにシリーズによる新作だけでなく、今年度挑戦された薔薇を、新展開「薔薇シリーズ」として一堂に展観いたします。
画業20年という記念すべきこの機会に、「薔薇」というモチーフに出会い、新たに挑まれた、先生の新しい軌跡の瞬間を、ぜひご覧ください。

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/327/30791/200_147_201812191804305c1a099e8c31c.jpg
惠(ケイ) 8号P

■画集刊行記念スペシャル対談■                
福井江太郎×十五代酒井田柿右衛門
・日時:12月22日(土)午後3時より

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/327/30791/200_240_201812191804405c1a09a81c828.jpg
結(ユウ) 8号F

【お問合せ】 日本橋高島屋S.C.本館 TEL(03)3211-4111(代表)

Digital PR Platform

「高島屋」をもっと詳しく

「高島屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ