ダイハツ キュリオス ドラゴンズデー開催!

12月19日(水)20時40分 PR TIMES

ドラゴンズがキュリオスを応援!お隣のナゴヤドームから、ドアラ、山本昌さん、岡田俊哉投手、小笠原慎之介投手らスペシャルゲストがやってきた!

ナゴヤドーム北にある特設会場、“名古屋ビッグトップ”で絶賛上演中の、『ダイハツ キュリオス』名古屋公演にて、12月17日(月)に『ダイハツ キュリオス ドラゴンズデー』 が開催されました。11月に名古屋で開幕以来、連日大盛況が続いている『キュリオス』をさらに盛り上げるべく、お隣のナゴヤドームからスペシャルゲストとして中日ドラゴンズ岡田俊哉投手、小笠原慎之介投手、元中日ドラゴンズで野球解説者の山本昌さん、さらにはドアラが駆けつけ、『キュリオス』のアーティストとともに公演後にステージ上でトークショーを行いました。名古屋の人気者とキュリオスのアーティストの交流に会場は大盛り上がりでした。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12860/51/resize/d12860-51-442692-0.jpg ]

 名古屋にやってきた『キュリオス』をお隣の中日ドラゴンズが応援しようと開催された、今回の『ダイハツ キュリオス ドラゴンズデー』。キュリオスとドラゴンズの友情の証として、山本昌さんからはサインボール、岡田俊哉投手と小笠原慎之介投手からはそれぞれサイン入りのTシャツ、そしてドアラからは特大のドアラのぬいぐるみがアーティストたちにプレゼントされました。途中、ドラゴンズの皆さんからアーティストの皆さんに質問をする場面も。50歳まで現役を続けられた山本昌さんから身体のメンテナンスの方法について聞かれると、アクロネットでもパフォーマンスを見せるミスター・マイクロコスモス役のマチューさんは「会場まで毎日ランニングで来る。」と回答。選手の皆さんもその体力に驚きの表情を見せました。また、「キュリオス入団希望」とアーティストに猛アピールをしたドアラは、選手たちから「(名古屋の次の公演地である福岡の)ソフトバンクのマスコットになったらいい」と塩対応をされて落ち込み、会場は笑いに包まれました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12860/51/resize/d12860-51-755246-1.jpg ]


最後は、会場の皆さんに向け、山本昌さんを始め、ドラゴンズの皆さんが来シーズンへの意気込みを発表しました。岡田選手、小笠原選手の二人続けて「やります!」という心強いメッセージと、ドアラの「キュリオスくらい(ファンの皆さんを)ハラハラドキドキさせます!」のコメントに、あたたかい拍手が贈られました。

■主なコメント
山本昌さん(元中日ドラゴンズ・野球解説者)
チームワークがすごいですね。かなり練習されているんだなと思いました。素晴らしいショーを見せていただきました。

岡田俊哉投手(中日ドラゴンズ)
シルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たのは初めてですが、自分の方がひやひやしながら観てしまいました。

小笠原慎之介投手(中日ドラゴンズ)
このようなショーを観たのは初めてだったので、エキサイティングしながら観ました。やっているアーティストの方々よりも自分の方が興奮していたと思います。

ドアラ(中日ドラゴンズ)
(感想を聞かれ)キュリオス入団希望。

■キュリオス概要
 『キュリオス』は、「好奇心」「骨董品」という意味を持つ言葉。舞台は19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気。目に見えない世界が存在すると信じているシーカー(主人公)が、あちこちから集めた骨董品などのコレクションの中から間に合わせのアイテムで作った機械の世界に足を踏み入れるところからストーリーが始まる。風変りなキャラクターたちが主人公の想像力を刺激しようと、詩やユーモアで世界をひっくり返そうとした時、骨董品たちが目の前で命を宿していく。想像力を信じて自分の心を解き放つ時、私たちは不思議の世界へと通じる扉を開けることができるかもしれない。
 『キュリオス』は2014年の開幕以来、モントリオール、シカゴ、ニューヨークなど20都市以上を巡り、350万人を超える人々を魅了しています。また、2018年2月から始まった日本公演では、東京・大阪と巡り、現在名古屋公演中。既に来場者数95万人を突破しました。

■シルク・ドゥ・ソレイユ概要
 シルク・ドゥ・ソレイユ、それは世界が認めるエンターテインメント集団。カナダ・ケベックで誕生したシルク・ドゥ・ソレイユは人間の持てる能力の限界まで追求したパフォーマンスと、生演奏、照明、舞台美術、衣装、振付に至る全てにこだわり、それらを融合させた芸術性の高さで世代、国境を越え高く評価されています。
 1984年の設立以来、世界6大陸、450都市以上、1億8千万人以上もの人々を魅了し続け、日本では1992年『ファシナシオン』から2016年『トーテム』まで全13作品を上演しています。

■ダイハツ キュリオス日本公演概要
公演名称 :『ダイハツ キュリオス』日本公演
公 演 地 :東京、大阪、名古屋、福岡、仙台
オフィシャルホームページ:http://www.kurios.jp

■ダイハツ キュリオス名古屋公演概要
公演名称 :『ダイハツ キュリオス』名古屋公演
公演期間 :11月22日(木)〜2019年1月27日(日)全93公演
会   場:名古屋ビッグトップ(ナゴヤドーム北)
お問い合せ :ダイハツ キュリオス名古屋公演事務局 0570-02-0099
(オペレーター対応10:00〜18:00※12/31・2019/1/1を除く)
名古屋公演事務局HP: http://booktickets.pia.jp/kurios-nagoya/

チケット好評発売中!

PR TIMES

「ダイハツ」をもっと詳しく

「ダイハツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ