<eiicon×コーセー>「コーセーとの共創におけるInnovation Program 2019」アクセラレータープログラム デモデイ開催!ファイナリスト6社との共創チームが提案を発表

12月19日(木)12時5分 PR TIMES

〜新たな価値創出を目指す企業として「株式会社SunshineDelight」を採択〜

パーソルイノベーション株式会社 eiicon company(本社:東京都港区南青山)が運営するオープンイノベーション※1プラットフォームeiicon(エイコン、以下「eiicon」)は、株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林一俊/以下「コーセー」)と、本年度で2 期目となるアクセラレータープログラム「コーセーとの共創における Innovation Program2019」のデモデイを12月13日に行いました。
その結果、「株式会社Sunshine Delight」(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:伊藤瑛加)とコーセーメンバーとの共創チームで進めてきた「紫外線から美と健康を守るプロジェクト」の提案を採択し、具体的な取り組みへ移行することを決定しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/37194/57/resize/d37194-57-998054-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/37194/57/resize/d37194-57-732612-1.png ]

本プログラムは、オープンイノベーションの考えを取り入れ、コーセーの中に蓄積されたリソースと社外の技術や様々なリソースとを組み合わせ、コーセーだけでは実現できない価値創造を美容業界に起こすことを目的とし業界初※1のアクセラレータープログラムとして2018年にスタートいたしました。本年度は、「感性にテクノロジーを。美に新体験を。」のプログラムコンセプトに、デジタル技術の活用や先端技術の研究領域への応用に絞った昨年度に加えて、商品開発や経営基盤の強化、新領域の開拓など幅広いテーマで全方位的なイノベーションを目指した募集を行いました。

2019年6月に募集を開始し、幅広い領域のスタートアップ企業86社からの応募がありました。その中から1次 の書類選考、2次のプレゼン選考によりテーマごとに選び抜かれた6社と、コーセーの社内ベンチャー制度「Link」※2によって立候補した様々な部門の社員が各テーマごとに共創プロジェクトチームを結成、提案アイデアをスタートアップと共に磨き、プレ実証実験なども実施し、デモデイへと臨みました。

本プログラムの特徴としては、スタートアップ企業が提案する協業アイデアをそのまま審査方式ではなく、プログラムで採択する前段階からスタートアップと社内メンバーチームが会社間の枠を超えて、一緒にプロジェクトを組み、3ヶ月以上の期間、同じチームとして検討していくところです。チームは、フェイス トゥ フェイスのミーティングに限らず、各種デジタルコミュニケーションツールなどを活用して、情報共有や議論を重ね、強固なチームワークで提案内容をブラッシュアップします。また、プログラムの各フェーズでは、プロフェッショナルな外部有識者のアドバイス他、社内部門サポーターによるアドバイス、役員メンタリング、美容業界理解のための各種情報提供、社内リソースの優先的活用とプレ実証実験の実施などのサポートを受け推進していきます。

今回のデモデイでは、コーセー代表取締役社長の小林一俊、常務取締役の小林正典を初めとする関連部門の役員と、外部有識者として、大企業とスタートアップとのイノベーションを加速させることに強みを持つベンチャーキャピタル、株式会社WiLのCEO伊佐山元氏が加わった審査委員が評価を行いました。審査基準としては、提案の独自性・新規性や中長期の協業意義があるかという点を重視しました。当日のファシリテーターには、企業の新規事業開発に強みを持ち、またプログラムでのメンタリングサポートもつとめた株式会社インキュベータの代表、石川明氏を迎えました。

採択された「Sunshine Delight」の提案である「紫外線から美と健康を守るプロジェクト」に対し、常務取締役の小林正典は「近年、世界的な環境問題や幼児期からの紫外線対策の重要性といった課題を背景とした提案がなされ、今後コーセーとしても全社で取り組んでいくべき内容であり、社会的課題解決の意義が高い提案であった。」とのコメントをしました。

今後は、「Sunshine Delight」とコーセーとで連携し、具現化な協業の取り組みを進めていく予定です。また、コーセーは人々のより豊かで充実した生活を「美」を通じて実現することを目指しアクセラレータープログラムだけでなく、スタートアップや外部企業との協業によるオープンイノベーションの取り組みを幅広く進めていく方針です。

※1国内大手化粧品メーカーにおいて、当社調べ
※2 Link: Leadership and Innovation program for New KOSÉの略で、2017年に発足した当社内ベンチャー制度

採択企業
■株式会社Sunshine Delight
[画像3: https://prtimes.jp/i/37194/57/resize/d37194-57-227013-2.png ]

2019年7月設立。現在、高校3年生の伊藤瑛加氏が社長を務める。紫外線の下で、より安心して過ごすことができる社会を目指すプロジェクトを提案する。“大容量×子供向け×環境にやさしい”日やけ止めの開発と幼児期からの日やけ止めの使用習慣を定着させる啓蒙活動の推進。商品企画/開発/製造/物流に関する、各種リソースの活用を提案。

テーマ名:「紫外線から美と健康を守るプロジェクト」
グローバルで注目されている「紫外線対策」。子供の頃から、紫外線に対する正しい知識と日やけ止めの使用についての教育を実施。子供でも安心・安全に使用でき、地球環境に配慮した日やけ止めの研究・開発・使用促進活動および啓蒙活動を両社の知見をあわせ協業に向けた取り組みをスタートします。

※「Sunshine Delight」以外のファイナリスト5社については、提案内容がそのままは採択とはなりませんでしたが、今後もコーセー関連部門との連携により継続的な取り組みを検討していきます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/37194/57/resize/d37194-57-768207-4.jpg ]




■eiiconについて   https://eiicon.net
オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報を「eiicon」に登録することができます。それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場が「eiicon」です。

eiiconは、「オープンイノベーション」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。自社のニーズ、シーズをオープンにすることで、ビジネスパートナーとなり得る企業と繋がり、出会うことができるオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、事業を創るビジネスパーソンのための事業を活性化するメディア「eiiconlab」、リアルな出会いの場を創出する「event」、専門のコンサルタントによる「Sourcing Support」の4つの軸で日本に「オープンイノベーション」という新規事業創出手法を根付かせるためにサービスを提供しています。

PR TIMES

「コーセー」をもっと詳しく

「コーセー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ