<大阪で追加セミナー開催!>日本の遥か先を行く、アメリカの不妊治療業界4大権威の1人!ドクター・フェインマンが東京に続き大阪で不妊治療セミナーを開催!〜2019年1月6日 5組限定の追加無料セミナー〜

12月20日(木)10時0分 @Press

HRC不妊治療クリニックは、すべての「赤ちゃんに会いたい」と望まれている方からのご要望を受け、アメリカの不妊治療業界4大権威の1人であるドクター・フェインマンが、2019年1月5日(土)の東京に引き続き、2019年1月6日(日)に大阪・北区で追加のセミナーを開催いたしますことをお知らせいたします。
会場の都合により先着5組のみ受付となります。お早目にお申し込みください。

当セミナーでは、日本では行われていない不妊治療の最先端技術をご案内いたします(日本語の同時通訳つき)。
アメリカからさらにもう1人、ロサンゼルス・サロガシーのジェフ・モスをゲストスピーカーとして迎えます。
カジュアルなセミナーですので、お気軽にお申込み下さい。皆様にご満足いただきたいというドクターの意向により、定員に至り次第募集を締め切らせて頂きます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/173775/LL_img_173775_1.png
大阪セミナー1

ドクター・フェインマン来日「赤ちゃんに会いたい方のお手伝いを」
https://www.atpress.ne.jp/releases/173775/img_173775_3.png


■すべての「赤ちゃんに会いたい」と望まれている方が対象
「赤ちゃんをこの手に抱きたい」、その思いは時が経てば経つほど、切実なものになるはずです。これまで日本国内で不妊治療に取り組んでこられた方、また医療先進国であるアメリカの専門家による不妊治療にご関心をお持ちの方、もしくはシングルやLGBTとして親になることを熱望されている方、すべての「赤ちゃんに会いたい」と望まれている方を対象に、不妊治療の中心の地ロサンゼルスから、ドクター・フェインマンが自ら来日し、セミナーを開催いたします。

数年にもわたる不妊治療であなたの体や心は疲れていませんか?その辛さから「もう赤ちゃんは無理かも」と諦めようとしていませんか?あなたはまだ諦めたくなくても、パートナーが長い闘いをギブアップしたいと言っているのではないでしょうか?その前にまだできることがあるかもしれません。アメリカなら日本で取り組めない治療を実際に受けることができます。

今回の貴重なチャンスを逃さず、治療を受けるかどうかは、ドクター・フェインマンのセミナーとカウンセリングを受けてから考えていただければいいと考えています。実績20年、アメリカの学会で著名な賞の受賞経験がある不妊治療の権威であるドクター・フェインマンに、セミナー会場で、またカウンセリングであなたの不安や疑問をぶつけてください。ドクターは長年の経験をもとに、あなたの質問に真摯に答えてくれるでしょう。


■開催概要
テーマ:アメリカの最先端不妊治療・大阪追加セミナー
日時 :2019年1月6日(日)午後4時30分〜午後6時
会場 :〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田 2-9-17 マエダビル 5F
Blue+(ブルータス)コンファレンスルーム

<お申し込み方法>
次のEメールにドクター・フェインマン大阪セミナー参加希望とタイトルをお書きの上、参加者のお名前(お2人で参加の場合はお2人とも)、読み仮名、Eメールアドレス、お電話番号を明記の上お申し込みください。
Eメール: yusukeca0406@gmail.com

品川での1月5日のセミナーのご案内はこちら。
https://www.havingbaby.org/

※お申込みいただいた後、日本語を話すスタッフから返信をお送りします。
※セミナーへの参加は無料ですが、先着5組限定と席に限りがあります。
※詳細はお問い合わせください。


■セミナー内容
当日は次のように、段階を追って、アメリカでの不妊治療の実状をご説明します。

◇ドクター・フェインマンによるセミナー(日本語通訳付き)
1) 体外受精
2) PGS(着床前染色体検査)
※日本は、世界60ヵ国で治療件数が最も多く、出産率が最低という点につき、アメリカの最新医療のご案内も致します。
3) エッグドナー
4) 代理母(ゲストスピーカーのジェフ・モスによる)
実際に代理母でお子様を授かり、現在は代理母の代理店を経営されている方の体験に基づく詳細なお話を聞いていただきます。
5) 治療プラン 具体的な期間と費用について
6) 質疑応答


■講師のご紹介
Michael A. Feinman, MD(DR マイケル・A・フェインマン) FACOG(米国産婦人科医師会員)
- UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)医学部修了
- UCLA 臨床准教授
- 2005年アメリカ生殖医学協会選出ファミリービルダー賞受賞
- 2013年Puah医師協会選出ドクター・オブ・ザ・イヤー受賞

過去20年にわたり、不妊治療に取り組んできたアメリカでも有数の実績を誇るスペシャリスト。これまでロサンゼルスはもとより、世界中から訪れた患者の治療を数多く手掛け、その親身な姿勢、目標達成の確実性の高さに定評があります。また、ドクター・フェインマンが所属するHRCファーティリティのクリニックはカリフォルニアの11カ所のロケーションで運営されており、その累積治療件数は世界最大規模を誇ります。


■ゲストスピーカーよりのメッセージ
私たちロサンゼルス・サロガシーと私ジェフ・モスは皆様の家族の一員として、親となる夢をかなえるための最良のサービスをいたします。
諸外国やアメリカの他州と比較して、カリフォルニア州は30年以上の代理母出産に関する長い歴史があります。カリフォルニア州は、その法律環境ももっとも進化しており、世界一の代理母最先端医療における法整備が親御さんを守るために整備されています。

代理母出産は、費用も高いですし、またその過程では、精神的にも大きな負担となることがある場合をとても良く理解しております。私どもは、その過程をできる限り分かりやすく、お1人ごとに特別なものとして対応させていただきます。カリフォルニア州の最先端の医療機関と連携し、世界中からアメリカの最先端医療にて親御さんとことを望む方のために、数千のケースを知り尽くした専門弁護士も法的に皆様のお世話をさせていただきます。
また、ロサンゼルス・サロガシーは一目で理解できる明朗会計を提供いたします。

ロサンゼルス・サロガシー代表:ジェフ・モス


■参考 ドクター・フェインマンの患者の体験談(抜粋)
○患者に寄り添ってくれる医師
私の家系は、遺伝からくる子宮内膜症に悩まされてきました。それでも、子どもを産みたいという願いを実現するため、私は数え切れないほどの医師の診断を仰ぎ、推薦されたあらゆる方法を実践しました。しかし、不幸なことに、多嚢胞性卵巣症候群を発症してしまい、その治療でホルモン療法を受けることになったのです。そして、その時の医師に「あなたは、今後、絶対に妊娠できない」と宣告された時には絶望的な思いに襲われました。それでも、諦め切れなかった私は、親しい友人からドクター・フェインマンのことを聞き、ドクターが開催した無料セミナー(注:アメリカ国内でのセミナー)に夫婦で出席して手応えを感じました。
その後の初診でドクターは、私が不妊治療について不安に思っていること、それまでの経緯、症状などに耳を傾けてくださいました。さらに、ウルトラサウンドで私が卵巣嚢腫を患っていることを発見してくれたのです。ドクターは腹腔鏡手術で嚢腫を除去することを熱心に勧めてくださいました。妊娠するためには何をしなければならないか、そこまで親身になってくれた医師はドクター・フェインマンが初めてでした。手術後、回復を待って遂に治療がスタート、その末に私は遂に妊娠することができたのです。患者の側に寄り添ってくれる本物のドクターをお探しなら、ドクター・フェインマンこそその人です。

○ドクターのおかげで双子を授かった
ドクター・フェインマンのクリニックで不妊治療を受けた最初のサイクルでは、残念なことに流産してしまいました。しかし、ドクターを信頼していた私は、迷わず二度目の治療を決めました。まずは体が癒されるまで待ち、なぜ前回、流産したのかを調べていただきました。その答えが明らかになった後に対処を行い、二度目の治療を開始したのです。そして、無事に成功し、私は双子を出産しました!しかし、思い返すと、ドクター・フェインマンの前に数年間にわたり通っていた別の不妊治療専門医は、一度も私の不妊の原因を調べることはありませんでした。双子の出産から20年が経ちました。私を彼らと会わせてくれたドクター・フェインマンに、心からの感謝を捧げます。


■参考 ロサンゼルスでの不妊治療
ロサンゼルスは1年中温暖な気候に恵まれた南カリフォルニアの中心的な都市です。海と青空、そしてパームツリーののどかな景色の中、リラックスした雰囲気で過ごしていただけます。サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ハリウッドなど治療の気分転換に出かけたい観光スポットにも不足はありません。


ドクター・フェインマン自らが、皆様にアメリカでの治療を説明する貴重なチャンスです。是非、お見逃しなく。ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。


■お問い合わせ先
<大阪追加セミナーについて>
Eメール: yusukeca0406@gmail.com
TEL : 080-2519-6786

URL : https://www.havingbaby.org/
Eメール: info@havingbaby.org (日本語専用メール)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「セミナー」をもっと詳しく

「セミナー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ