「未来創生2号ファンド」への出資について

12月21日(金)16時30分 @Press

当社(社長:大田 勝幸)は、ベンチャーキャピタル「スパークス・グループ株式会社(以下、「スパークス」)」が組成する「未来創生2号ファンド」※に出資することを決定しましたので、お知らせいたします。

未来創生ファンドは、スパークスを運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を加えた3社の出資で2015年11月より運用を開始し、「AI」、「ロボット」、「水素」の分野において、革新的な技術を有する有望 ベンチャー企業を多数発掘してきました。
今般、当社が出資する「未来創生2号ファンド」は、前述の3分野に「電動化」と「新素材」を新たな投資対象に加え、2018年8月から運用を開始しております。

自動車産業にはCASEと呼ばれるコネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化の4つの変革の波が押し寄せており、これまで以上に革新的な技術やビジネスモデルが誕生するなど、新規事業創出の可能性が広がっています。「未来創生2号ファンド」の投資対象には、自動車産業に関連する新技術を有するベンチャー企業も含まれています。そのため、当社は、ファンドに出資することでモビリティ関連の新技術や市場動向など広範な情報をタイムリーに入手することが可能となり、事業戦略への活用および新規事業の早期創出につながると判断しました。

当社は、JXTGグループの行動基準の一つである「価値ある商品・サービスの提供」のもと、今後も国内外の ベンチャー企業との連携を図り、革新的な技術および有用な商品・サービスの開発・提供を通じて、国内外の社会課題の解決に貢献し、お客様の満足と信頼獲得に努めてまいります。

※ 正式名称 「未来創生2号投資事業有限責任組合」

以 上



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ファンド」をもっと詳しく

「ファンド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ