AIヘッドハンティングサービス「scouty」が総額3億円の資金調達を実施

12月21日(金)10時40分 PR TIMES

日本初の登録不要のエンジニア向けAIヘッドハンティングサービス「scouty」(スカウティ)を展開する株式会社scouty(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:島田 寛基)は、ウィルグループHRTech投資事業有限責任組合などを引受先とする第三者割当増資による3億円の資金調達を実施しました。
https://scouty.co.jp/

[画像: https://prtimes.jp/i/24729/6/resize/d24729-6-137572-0.png ]


今回の資金調達の背景
今回調達した総額3億円の資金の主な使途は、AIヘッドハンティングサービス「scouty」の機能開発・研究開発に必要な人材獲得と、新規顧客獲得のためのマーケティング費用です。

scoutyの累計導入企業は100社(※)を突破しており、ダイレクトリクルーティングによる短期的な採用を目的とした企業の導入が拡大する一方で、クライアントが中長期でサービスを継続して利用するために「タレントプール」「転職アラート」などの新たな機能をリリースしてまいりました。
今後、企業が中長期で採用を成功させるために必要な機能の開発を行っていくために、開発の推進に必要な人材の確保に対して調達した資金を宛ててまいります。
※2018年12月21日現在

今回の資金調達の引受先
今回の増資の引受先は以下の通りです。
・ウィルグループ HRTech投資事業有限責任組合
・X Capital有限責任事業組合
・佐藤 裕介氏 (個人投資家/ヘイ株式会社 代表取締役社長)
・インフィニティ・ベンチャーズLLP(引受先は関連するファンド)

株式会社scouty 代表取締役 島田 寛基のコメント
2017年5月のオープンβ版開始から約1年半が経ちました。
その期間で、日頃のアウトプットを出していた結果scoutyにクロールされ、scoutyを通じてスカウトメールを受け取り、その企業に転職をしたという方も続々と現れて来ました。
今回の資金調達は、そういった動きをさらに加速させるものになります。
また、今回ウィルグループさんと資本・事業面での連携をすることで、ウィルグループさんの投資する最新の海外HR TECHスタートアップとサービス面での連携をし、さらにサービスの可能性を広げることを視野に入れています。
今後は、単なる採用ツールのみにとどまらず、個人のデータベースとして人の能力情報や嗜好性の情報をインターネット中から集め、世の中に存在する様々なミスマッチを解消していきたいと思っております。

株式会社scoutyについて
当社は、2016年5月11日に「世の中のミスマッチをなくす」という思いから代表の島田寛基によって設立されました。インターネット上にあふれるオープンデータと人工知能を使って情報と機会を適切にお届けすることで、偶然を必然に変え、世の中のミスマッチをなくしていくことを目指します。

<会社概要>
会社名: 株式会社scouty
代表者: 代表取締役 島田 寛基
所在地: 東京都渋谷区桜丘町4-14 VORT渋谷桜丘11階
設立 : 2016年5月11日
資本金: 4億1,440万円(資本準備金含む)
URL : https://scouty.co.jp/

個人情報の取扱について
当社は、個人情報保護法第23条第2項に従って個人情報保護委員会に届出た上で、採用候補者の個人情報の第三者提供を行っています。

詳細についてはプライバシーポリシーページをご参照ください。
https://scouty.co.jp/privacy

PR TIMES

「エンジニア」をもっと詳しく

「エンジニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ