ロシア・全米フィギュアスケート選手権2021全種目放送!J SPORTSオンデマンドでは全種目・全滑走配信!

12月22日(火)15時46分 PR TIMES

国内最大4 チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下 伸、以下「J SPORTS」 ※1)は、12月24日から開催される「ロシアフィギュアスケート選手権2021」(以下「ロシア選手権」)、1月14日から開催される「全米フィギュアスケート選手権2021」(以下「全米選手権」)を男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目放送します。また、動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド ※2」ではロシア選手権の全種目・全滑走をLIVEを中心に配信、全米選手権は全種目・全滑走をLIVE配信します。

世界的な新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、昨シーズンの世界フィギュアスケート選手権をはじめ今シーズンも数々の大会が中止となっているフィギュアスケート界。選手たちにとっては異例の環境の中であっても、翌シーズンに控える北京冬季五輪を見据えて臨む重要なシーズンとなります。2020/2021シーズンも氷上の華麗なる闘いをJ SPORTSでお楽しみください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-376067-2.png ]

男女シングルからペア、アイスダンスまで世界トップレベルの選手層の厚さを誇るフィギュア大国、ロシア。世界フィギュアスケート選手権ロシア代表の座を争う今大会は過酷な戦いになること間違いなし!
注目は戦国時代を迎えているといっても過言ではない女子シングル。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-599541-0.jpg ]

昨年大会、シニア1年目にして表彰台を独占したアンナ・シェルバコワ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手、アリョーナ・コストルナヤ選手の三つ巴の戦いに加え、ロシアカップ第5戦でショートプログラムで2本目のジャンプにトリプルアクセルを跳び圧巻の得点で優勝を果たした昨季世界ジュニア女王 カミラ・ワリエワ選手、グランプリ ロシアを制したベテラン エリザベータ・トゥクタミシェワ選手からも目が離せません。
男子シングルでは昨シーズン、ロシア選手権と欧州選手権を制したドミトリー・アリエフ選手やミハイル・コリヤダ選手の復活の演技にも注目です。
ペアでは連覇を狙うアレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー組に対し、ロシアカップ2戦とも230点台を出した今季好調なアナスタシア・ミーシナ/アレクサンドル・ガリャモフ組がどう挑むか、アイスダンスでは現在2連覇中のヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組不在の中、4大会連続銀メダルのアレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン組が念願の優勝を果たせるか、カップル競技の華麗な戦いからも目が離せません。
J SPORTSでは男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目放送!
さらにJ SPORTSオンデマンドでは全種目・全滑走をLIVEを中心に配信!
[画像3: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-517856-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-975899-4.png ]

※放送・配信時刻、形態は変更の可能性がございます。詳細はJ SPORTS オフィシャルサイトにてご確認下さい。

[画像5: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-764998-5.png ]

1914年より続く歴史ある大会、全米フィギュアスケート選手権。注目はグランプリ アメリカを制し、平昌五輪以降負けなし、現在全米選手権男子シングル4連覇中のネイサン・チェン選手。女子シングルでは昨年14歳のアリサ・リュウ選手がフリースケーティングでトリプルアクセルを2回成功させ、逆転で連覇を達成。


[画像6: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-866697-1.jpg ]

ジュニアながら全米選手権を制したリュウ選手に挑む、マライヤ・ベル選手やブレイディ—・テネル選手など経験豊富なスケーターのプログラムも必見です。若手の勢いに、ベテラン勢がどう対応するのか。4回転やトリプルアクセルなど、高難度の技が有利になるのか、それとも表現力で魅せる選手たちが優位に立つのか、注目です。
ペアではクリス・ケネリム氏の引退により新たにカップルを結成、10月のスケートアメリカで優勝を果たしたアレクサ・シメカ・ケネリム/ブランドン・フレイジャー組が結成1年目の全米選手権優勝を狙います。
アイスダンスでは昨年2位のマディソン・ハッベル/ザカリー・ダナヒュー組は返り咲きを、ケイトリン・ホワイエク/ジャン=ルック・ベイカー組は初優勝を狙って昨年王者のマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組に挑みます。
J SPORTSは男女シングルを全滑走生中継!ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目放送!
さらにJ SPORTSオンデマンドでは全種目・全滑走LIVE配信!
[画像7: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-788745-6.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/14079/381/resize/d14079-381-293754-7.png ]

※放送・配信時刻、形態は変更の可能性がございます。詳細はJ SPORTS オフィシャルサイトにてご確認下さい。
※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約630万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTS オンデマンド」で検索ください。

■フィギュアスケート番組についての詳細は、J SPORTSフィギュアスケート特集サイトをチェック!
https://www.jsports.co.jp/skate/
■『J SPORTSフィギュア公式ツイッター』 でも随時情報発信中!
‎@jsports_figure https://twitter.com/jsports_figure/

PR TIMES

「フィギュアスケート」をもっと詳しく

「フィギュアスケート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ