今年は多くの新語が誕生!Simejiランキング 10代が選ぶ 「誤変換しそうな言葉 2020」

12月22日(火)16時46分 PR TIMES

〜第1位はあの漫画!Simejiは、新語変換にいち早く対応しています!〜

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang)が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」は、Simejiユーザーへアプリ上でアンケート調査を行い、そのデータをランキング化した「Simejiランキング」を発表します。

今回のテーマは、10代が選ぶ「誤変換しそうな言葉 2020」TOP10
Simejiランキング https://simeji.me/simeji-ranking/ 

※集計期間 2020/12/14~2020/12/21 有効回答数 10代男女 431
[画像: https://prtimes.jp/i/6410/455/resize/d6410-455-526132-0.png ]

【Simejiチームの総評】
今年も新たな流行がたくさん生まれた年となり、新しい言葉もたくさん生まれました。特に今年は人気アニメやアーティスト名がたくさん出てきたのではないでしょうか。キーボードアプリ「Simeji」では、日々、新語の変換候補をアップデートしています。変換が難しそうな言葉でもスムーズに入力・変換でき、多くのユーザーから「Simeji神!」のコメントをTwitterなどでいただいております。そこでSimejiは、10代のユーザーが今年流行った言葉の中から「この言葉は誤変換しそう!」と思うものを調査しました。本調査の結果よりTOP10をご紹介します。
これからもSimejiは、いち早く新語変換に対応するべく、日々尽力してまいります。

第1位 呪術廻戦(呪術海鮮など)
他と大差をつけて今年最も誤変換しそうな大賞を獲得したのは、芥見下々による大人気漫画「呪術廻戦」。2018年から週刊少年ジャンプ(集英社)での連載を開始し、2020年のアニメ化により人気がさらに爆発しました。人気を確立した「呪術廻戦」の「廻戦」という字の変換が特に難しく、「作品について語りたいのに変換できない」という声が多い結果となりました。Simejiでは、主人公の「虎杖悠仁」(いたどりゆうじ)は勿論、「楽巌寺嘉伸」(がくがんじよしのぶ)、伊地知潔高(いじちきよたか)といった難しい名前のキャラクターも快適に変換が可能です。

誤変換例:呪術回線 呪術廻船

第2位 NiziU(二重など)
日韓オーディション・プロジェクトで1万人の中から選び抜かれた9人組のグローバル・ガールズグループ、「NiziU」(ニジュー)が2位に登場。いざスマホで大文字と小文字が組み合わさった「NiziU」を一文字ずつ入力するとなると一苦労です。また、変換の際には、やはり「二重」等の一般的な単語が優先的に表示されることから、スムーズな変換が難しい言葉となっていたようです。

誤変換例:二十 二ジュー

第3位 那田蜘蛛山(なタグも山など)
吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」に登場する山の名前、「那田蜘蛛山」(なたぐもやま)が第3位です。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的な観客動員数で大ヒットを収めるなど、もはや国民的な知名度を誇る鬼滅の刃というだけに、「禰豆子」(ねずこ)、「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)といった特徴的なキャラクターの名前が、iPhoneの純正キーボード等でも変換表示されるほど世の中に浸透しているようです。そんな中、変換対応の波に乗り遅れたキーワードが「那田蜘蛛山」です。TVアニメでは第15話〜第21話辺りに登場する存在感のあるストーリーから、「鬼滅の刃」を熱く語るために必要な変換ですね。

誤変換例: 灘具も山

第4位 Official髭男dism(髭弾など)
4人組バンドの「Official髭男dism」が登場。2021年3月に公開予定の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』の主題歌にも決定するなど、幅広い世代から愛されています。落ち着いてバンド名を読み方の通りに入力すると正しく変換できる場合も多いのですが、名前の長さから誤変換を経験する方が多いようです。略称である「髭男」を入力したい際にも意図していない変換が発生することもあるようです。

誤変換例:オフィシャル髭ダンディズム ヒゲ団

第5位 あつ森(熱盛りなど)
5位にランクインしたのは、2020年3月20日にNintendo Switch用ゲームとしてリリースされ、世界的な大ヒットとなった「あつまれ どうぶつの森」の略称である「あつ森」。「あつ森」と打ったつもりが「敦盛」や「熱盛り」と変換してしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。普段の会話やニュースなどで「あつもり」と聞けば、ゲームのタイトルと分かる言葉でも漢字として誤変換されていると、一目で理解するのは難しくなりますね。

誤変換例:敦盛、集まり

第6位 勝たん(加担など)
今年流行した若者言葉「○○しか勝たん」という表現で、「○○が一番良い、○○に勝てるものがない」という意味で使われる「勝たん」がランクイン。「加担」等の通常の熟語が表示されることが多いようです。自分が好きなものや応援している人を表現する際に使う言葉であり、新しく使われるようになった言葉の中で使用頻度が高いことがランクインにつながりました。

誤変換例: カタン 下端

第7位 コロナ禍(コロナ化など)
今年ニュースやSNSでも良く目にした「コロナ禍」が登場。「コロナ」だけなら変換されるので「コロナ」と打ったあとに「わざわい」と打って変換していた方も当初多くいたのではないでしょうか。今年の世相を代表すべく一年を通してよく使われた反面、これまでにない表現だったために変換が難しい単語となったようです。

誤変換例:コロナか

第8位 深澤辰哉(深澤達也など)
男性アイドルグループ「Snow Man」の「深澤辰哉」がランクイン。Snow Manとして2020年にCDデビューを果たし、注目度が大幅に上昇した年となりましたが、「たつや」という読み方に対する変換の種類が豊富なことから、変換に苦戦する方が少なくないようです。大好きな人の名前が変換候補の最上位に表示されると嬉しいですよね。

誤変換例: 深澤竜也 深澤龍也

第9位 鍾離(勝利など)
App Storeの2020年「iPhone Game of the Year」(※)を受賞するなど大きな盛り上がりをみせたオンラインゲーム「原神」に登場するキャラクター「鍾離」(しょうり)が第9位です。「鍾離」は容姿も声(CV:前野智昭)もイケメンのキャラクターですが、名前の漢字が難しいという点と、「しょうり」という読み方が別の単語に変換されやすい点から、ランクインしました。
(※Apple Newsroom https://www.apple.com/newsroom/2020/12/apple-presents-app-store-best-of-2020-winners/)

誤変換例: 正理

第10位  機捜(起草など)
機動捜査隊の略称である「機捜」(きそう)が10位に登場。綾野剛星野源がW主演を務めたTVドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系列)の影響で、「機捜」という略称を打ちたい需要が増加したようです。専門的な用語の略称かつ同じ音の変換が多いことから変換が難しく、漢字を1文字ずつ入力した方もいたのではないでしょうか。

誤変換例: 競う、徽宗

きせかえキーボードアプリ「Simeji」では、今年流行した言葉やユニークな表現を快適に変換表示する「クラウド超変換」機能を提供しています。さらに20万種類を超える顔文字や絵文字が利用可能となり、幅広い変換表示に対応しています。Simejiを通して、より表現豊かなテキストコミュニケーションをお楽しみください。
(「クラウド超変換」とは https://simeji.me/blog/manuals/function/cloudinput/id=21186
  使い方について https://www.youtube.com/watch?v=ZJE8tTRegHs )

■Simejiランキングとは 
ユーザーの皆様が持つ最新トレンドを積極的に発信し、もっとたくさんの人に広めたい思いから始まったSimejiランキング。 Simejiアプリ上でアンケートを実施し、その結果データをランキング化したり、利用統計などから選出したものです。今後もSimejiランキングは、面白くて楽しいランキングデータを提供してまいります。次回のSimejiランキングをお楽しみに!

Simejiランキング https://simeji.me/simeji-ranking/

■日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」について
「Simeji(シメジ) -日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ」は、Google Play™で最初に公開されたサードパーティー日本語キーボードです。2014年9月にはiOS版を提供開始し、2020年11月時点で両OS併せて累計4,400万ダウンロード数を誇る日本語入力アプリとなっています。また、App Store「Best of 2016 今年のベスト」ランキング:無料カテゴリにもランクインしました。
フリック入力や顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードに加え、中国百度のAI技術を活用した音声入力にも対応し、ユニークできめ細やかな文字入力体験を提供しています。またメールやSNSのコミュニケーションが豊かになる絵文字や顔文字を多数、App内に搭載しています。更にクラウド超変換を使用する事で、端末メモリ使用量をおさえたまま豊富な顔文字変換を表示する事や、入力した瞬間におもしろ変換を表示する事が可能です。またキーボードのデザインを自由に変更できる洗練されたデザインのきせかえ機能により、カスタマイズすることができ、スマホやタブレット端末を使う楽しみがいっそう高まります。2015年3月には初の有料アプリとなる「Simeji Pro」もiOS向けに提供開始しました。さらに、会員専用の機能を追加したサブスクリプションサービス「Simeji VIP」(月額プラン:400円税込、年間プラン:2,400円税込)が登場。
また、おかげさまで2020年、Simejiは誕生から12周年を迎えます。

Simejiオフィシャルサイト:https://simeji.me/
Simeji公式Facebook:https://www.facebook.com/Simeji.me
Simeji公式Twitter:https://twitter.com/Simeji_pr
Simeji公式Instagram:https://www.instagram.com/simeji_official/
Simejiランキング:https://simeji.me/simeji-ranking/

Android版
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adamrocker.android.input.simeji
iOS版
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id899997582?mt=8

Simeji Pro【iPhone版のみ、1,100円(税込)】
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id959791915?mt=8

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標です。

PR TIMES

「ランキング」をもっと詳しく

「ランキング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ