選考応募者数は前年比“3倍”に!地方工務店になぜ学生は集まるのか?!オンラインインターン→一次選考参加へ 学生を掴んだ「共感型」採用

12月22日(火)10時46分 PR TIMES

奈良・京都南部に展開し、“笑顔の創造”を追求する株式会社楓工務店では、22年卒向けの選考活動が今月からスタートしました。今年は、コロナ禍で合同説明会が開催されないなど、思うような採用活動ができませんでしたが、インターンをオンラインで初開催したことにより、学生との接触数が1.5倍になり、1次選考の希望者は、前年比の3倍に増えています。選考活動に関しては、コロナウィルスの影響に配慮しながらも、今年度も、例年通り対面で進めていく予定です。厳しい就職活動の中でも内定を勝ち取ることだけに執着するのではなく、この会社でいいのか、根拠を明確にしてから入社を決めてほしい思いから選考は5次まで行います。

【地方工務店に集まる学生たち 選考希望者が前年比3倍以上になった背景】
弊社は、今年初めてオンラインを活用したインターンを導入しました。例年であれば、合同説明会などに参加し会社説明を行っていましたが、コロナ禍で開催がなかったため、オンライン開催に踏み切りました。家でも受けられるということで多くの学生に参加していただき、参加数は、前年と比べて1.5倍になりました。この、前年比1.5倍の学生に参加してもらえたことが、選考活動にも良い影響をもたらしています。一次選考の希望者は、前年度に比べて3倍の学生に応募いただいています。インターンでの接触数の多さにとどまらず、業界での働きがいや弊社の企業理念に共感していただけた学生が多かった結果だと感じています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/52244/16/resize/d52244-16-474544-0.jpg ]



【インターン→選考参加へ 公募ナシで3倍達成“共感”重視の会社説明会】
弊社の採用は、2クール制で行います。第1クールはインターン参加者、第2クールはインターン参加者以外も受け付けます。例年では、第1クールで採用に参加する学生には、弊社へ本当に入社したいのか気持ちがまだ定まっていない場合、第2クール時にもう一度受けても良いとしています。しかし今年は、第2クールへ移る学生が少なく入社したい気持ちが強い学生が集まっていると実感しています。オンラインインターンでは、主に、住宅業界自体を理解してもらうことに努めてもらい、会社自体の説明はほとんどしていません。まずは、住宅業界の良い面だけではなく、大変な面も隠さず学生に情報を提供することに重きをおきました。入社してから、こんなはずじゃなかったという思いをしてほしくないからです。オンラインインターンの参加者の中で希望者を募って行った職業体験インターンでは、今年は、例年以上に各部署の仕事が分かるように力を入れて取り組みました。この2段階のインターンにより、住宅業界や弊社への理解、働くイメージが出来た学生も多く、より「この会社に入りたい」という思いをもってくれた学生が多かったのではないかと思っています。


【コロナ禍の危機感 企業理念に共感できる学生とマッチングする5次選考】 

[画像2: https://prtimes.jp/i/52244/16/resize/d52244-16-125019-1.jpg ]


弊社では、コロナ対策を徹底したうえで、今年も5次選考を行います。マッチングをしっかり図るには、対面での選考が欠かせないと感じているからです。選考内容は、この会社をどうしていきたいかを考えてもらう内容にしています。※第1クールは今月〜2月上旬/第2クールは3月に予定
1次:グループワーク
2次:グループワーク(疑似経営)
3次:ビジョンプレゼンテーション
4次:社長面談
5次:グループワーク  
例えば、2次選考のグループワークでは『疑似経営』に取り組んでもらいます。チーム内で社長や部署ごとに役割を決めて、起業をシミュレーションし、社員同士で支え合って効果的に働くとはどういうことなのかを体験してもらうためです。また、弊社での働き方を知ってもらい、企業理念に対する考え方に共感できるか改めて見極めてもらう場にもなっています。時間をかけながらマッチングを重視し、“単純に成果を出せる人”ではなく “自分の願望を実現させたり、可能性をこの会社で広げることが出来ると感じた人”に入社してほしいと考えています。学生自身に、この会社に入社したい根拠を形成してほしい思いから5回の選考に取り組んでいます。


【コロナ禍でもやめない!会社成長のため新卒採用にこだわる思い】
新卒採用を2014年から実施してきましたが、今では、新卒での入社社員は、全体の2/3以上になりました。会社を永続的に続けていくには、若手の採用は欠かせないと思っています。住宅の仕事は「家が売れている間頑張って、ダメなら会社をたたもう」ということはできないと考えており、家を建ててくださったお客様には、建てた後も関係性を築きながらメンテナンスなど何かあれば対応する責任があると感じているからです。住宅ローンが払い終わる30年、35年後まで続く会社を目指しています。今まで培ってきた考えを未来永劫残し会社を成長させるためにも、新卒採用にこだわり続けています。

当社では、取材申し込みを随時お待ちしております。詳細についても、お気軽にお問合せください。


【会社概要】
名称:株式会社楓工務店 (設立:2007 年)
代表:田尻 忠義
本社:〒631-0806 奈良市朱雀3丁目1-7
URL: https://www.kaedekoumuten.jp/  

PR TIMES

「工務店」をもっと詳しく

「工務店」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ