ピルのオンライン診療サービス「エニピル」が法人向け福利厚生サービスを開始

2023年12月22日(金)13時46分 PR TIMES

〜「エニピルforキャリア」で企業の女性活躍を推進〜

株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)の連結子会社である株式会社サルース(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:志賀 勇佑、以下サルース)は、同社が運営するピルのオンライン診療サービス「エニピル」において、法人向けに福利厚生サービス「エニピルforキャリア」を開始することをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21504/143/resize/d21504-143-f22bbb7107c728791191-2.jpg ]

 「エニピル」は、医師からの診察、処方、薬の受け取りまでを全てオンラインで完結させることができるピルのオンライン診療サービスです。オンライン上で365日24時間診察を受けることができ、最短翌日に届くスピード配送という特徴から、産婦人科に行く時間がない方や産婦人科を受診することに抵抗がある方へもピルを利用する機会を提供しております。

 経済産業省の調査※1によると、日本で働く女性の約5割が月経随伴症状に悩んでおり、これらの症状による労働損失は年間約4,900億円の試算になることが明らかになりました。それ故に、女性特有の健康課題への取り組みは、企業にとって重要な課題となっています。

 2023年5月、セレスでは、女性の健康課題の取り組みの一環として、子会社サルースの「エニピル」を活用し、低用量ピル服用にかかる費用を全額補助する福利厚生サービスを試験導入しました。導入から半年の現在、福利厚生利用率は30%を超え、利用者の約40%から「仕事の生産性が上がった」との回答を得る※2など、低用量ピル導入が女性の働きやすさ向上に寄与している結果が見られました。

 そこでサルースは、より多くの企業の女性の働きやすさ向上を推進することを目的に、法人向け福利厚生サービス「エニピルforキャリア」を開始する運びとなりました。 

 利用者は、利用状況を企業に知られずプライバシーを守られながら、費用負担を抑えて低用量ピルを利用できる一方、企業は労働損失の要因となっている月経随伴症状課題へ取り組むことができます。

 今後もサルースは「エニピルforキャリア」を通じ、女性従業員が活躍できる職場づくりを応援してまいります。

※1 :[出所]健康経営における女性の健康の取り組みについて(平成31年3月経済産業省ヘルスケア産業課)
※2 :[出所]「セレス社内の利用者アンケート」(2023年10月実施)

<エニピルforキャリア 概要>
・サービス名 :「エニピルforキャリア」
・サービスURL:https://anypill.skinsia.clinic/business/anypill-for-carrear
・サービス概要:法人向け福利厚生サービス
・利用対象  :全ての法人
・提供内容  :オンライン診療/ピル処方/説明会開催(希望法人のみ)
・利用料金  :福利厚生価格(個人利用時より低価格でご提供)
        ※支払い負担割合、薬剤の種類など法人ごとにカスタマイズ可
・導入フロー :1.問い合わせ→2.個別面談(打合せ)→3.正式導入

<導入企業の声>

・エキサイトホールディングス株式会社
[画像2: https://prtimes.jp/i/21504/143/resize/d21504-143-1f548f879af93e9a365c-0.png ]

 当社では、女性活躍推進の取り組みの一つとして、働きやすい環境を整えること、ワークライフバランスの推進などを目的に、エニピルの導入を決定いたしました。導入検討にあたり、女性社員からは月経痛改善、肌荒れ予防、避妊など幅広い用途でピルの利用経験があるという意見が寄せられました。今回の導入により、社員の働き方の向上だけでなく、生活の質向上への貢献も期待しております。
今後も、会社としてさらなる女性活躍をサポートしてまいります。(人事担当)

・ビットバンク株式会社
[画像3: https://prtimes.jp/i/21504/143/resize/d21504-143-1f0850842a9eb351b623-0.png ]

 低用量ピルの福利厚生制度導入を検討するにあたって、全女性従業員を対象にアンケートを行ったところ、約6割が月経痛やPMS(月経前症候群)といった女性特有の健康不調がありながらも業務に取り組んだ経験を持つなど、仕事の生産性が低下していることが伺えました。また、低用量ピルの福利厚生補助があった場合、利用したい、前向きに検討してみたいという回答も7割を超える結果となったことから、月経痛やPMS(月経前症候群)といった女性特有の健康課題へのサポートとして、健康上の負担低減にかかる費用等を会社が負担する働き方の向上を目的とした制度の導入をいたしました。(人事担当)

<エニピルについて>
 「エニピル」は、ピルのオンライン診療サービスです。医師からの診察、処方、薬の受け取りまでを全てオンラインで完結させることで、多くの女性がピルという選択肢をもっと気軽に、当たり前に持てる社会の実現を目指しています。
サービス名の「エニピル(anypill)」は、「Pill for anyone」の略称で、ピルを必要とする全ての人に、安全に・手軽に・スピーディーにピルを届けたいという想いを込めました。

|特徴
 1.365日24時間診療可能 ※30分以内の即診療にも対応
 2.LINEによる安心の無料相談窓口
 3.最短、翌日に届くスピード配送
サービスサイト:https://anypill.skinsia.clinic/

■サルース 会社概要
 会社名:株式会社サルース
 代表者:代表取締役 志賀 勇佑
 所在地:東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー 24F
 URL:https://anypill.skinsia.clinic/

■セレス 会社概要
 会社名:株式会社セレス
 代表者:代表取締役社長 都木 聡
 所在地:東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー 24F
 URL:https://ceres-inc.jp/

PR TIMES

「オンライン診療」をもっと詳しく

「オンライン診療」のニュース

「オンライン診療」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ