入眠時の脳波に着目した睡眠サポートイヤホン「Neurogixs A1」本日、Makuakeにて特別価格による先行販売開始

12月23日(月)14時5分 PR TIMES

寝不足大国・日本で今話題のスリープテック!

オーディーエス株式会社(旧オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:砂長 潔)は、心地よい睡眠を通した日々のパフォーマンス向上を目指し、韓国 Dlogixs(ディラジック)社が開発した世界初 「RBS(Real-time Binaural Sound)」技術を搭載した睡眠サポートイヤホン「Neurogixs(ニューロジックス)A1」をMakuakeにて本日から先行販売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-100991-12.jpg ]



■最高のパフォーマンスのために、「Neurogixs A1」で眠りもトレーニングする時代へ
[画像2: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-357276-7.png ]

眠りは健康面・精神面・思考力など、生活すべての土台です。人生の 1/4〜1/3 を占める睡眠の質を上げると、生活の質が上がります。「Neurogixs A1」は、トゥルーワイヤレスイヤホン(TWS)タイプのポータブル睡眠サポートデバイスです。スマートフォンで再生したあなたのお好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加える、特許取得済みのRBS技術が搭載されています。韓国放送機器の大手Dlogixs社が開発し、当社エンジニアが監修。イヤホンはフル充電で3時間再生可能で、睡眠用のRBS機能をオフすることもできるので、昼夜問わず利用することが可能です。
毎日の睡眠はもちろん、出張先にも携帯できるので、どこにいても気持ち良い休息のお手伝いをします。気持ちよい目覚めで朝からエネルギッシュに活動したい、集中力・分析力をアップして時間を有効に使いたい、つねに新しいアイディアを生み出したいなど、社会で活躍する現代人を応援する、新時代の睡眠サポートデバイスです。



■日本は寝不足大国!?睡眠不足は経済損失にも影響

[画像3: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-975476-23.jpg ]

OECDが発表している国ごとの平均睡眠時間は、アメリカ 8.75 時間、フランス8.5 時間、韓国 7.5 時間という結果に対し、日本は 7.5 時間を切るなど、先進国で調査対象となった33ヶ国中、最低の結果となっています。(引用:OECD(経済協力開発機構)Gender Data Portal 2019 各国の平均睡眠時間)
また、米国ランド研究所の調査では、睡眠不足による経済的影響がもっとも深刻なのが日本だとし、年間約15兆円の損失だと試算しています。
(引用:米国、ランド研究所:https://www.rand.org/randeurope/research/projects/the-value-of-the-sleep-economy.html)

■睡眠不足は健康・美容の大敵。社会生活にも影響を及ぼすことも
睡眠不足が続くと、社会生活に合わせた時間に就寝・起床するのが難しくなるなど、日常生活にも悪影響を及ぼします。またアンチエイジングに欠かせない「成長ホルモン」が最も多く分泌されるのも睡眠時です。成長ホルモンは、骨密度の増加、皮膚のハリの維持、しわの減少、脂肪を減らすなどの働きを持つための老化予防に必要不可欠なホルモンで、病気や怪我の治癒にも必要とされるため、睡眠不足がもたらす影響は老若男女問わず軽視することはできません。

■眠るには、α(アルファ)波よりθ(シータ)波が重要
日中の生活の多くは、軽い緊張状態の脳波「β(ベータ)波」です。リラックスには「α(アルファ)波」が大事、ということは有名ですが、眠りに重要なのは「θ(シータ)波」ということは、あまり知られていません。上手にリラックス(α波)→ まどろみ状態(θ波)に移行/維持できれば、眠りやすくなります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-999659-24.jpg ]




■睡眠を科学的に解析している、特許取得済みのRBS技術
世界各地で研究されている「バイノーラルビート」とは、ヘッドホンやイヤホンなどで左右の耳から異なる周波数の音を聞くと、脳内でその周波数の差分の音を生成してしまう第3の信号音です。
このたび発売する「Neurogixs A1」に搭載された世界初の「RBS(Real-time Binaural Sound)」技術は、この「バイノーラルビート」理論を応用して開発されており、入眠時の脳波(θ波)と同じ6ヘルツに着目しています。すべての音楽をリアルタイムに左右で6ヘルツ違う音に加工し、θ波サウンドとして再生できるこの技術は、世界各国で特許を取得しています。
SNSなどでは「ASMR (それを聞くとゾワゾワとするようなリアルな日常音)を眠る前に聞くとよい」と話題になっていますが、慣れてくるとより強い刺激のコンテンツを探すようになるため、良質な眠りには不向きです。この RBS 技術はお好きな音楽を使うため、慣れや飽きがないことも特長のひとつです。また、波の音などの自然音にもリラックス効果はありますが、眠りへのアプローチはありません。
[画像5: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-622030-21.jpg ]



■いつでもどこでもお好きな曲が瞬時に入眠用音楽に
「Neurogixs A1」は、Bluetooth(R)で接続したスマートフォン内の音楽やストリーミングサービス上の音楽を、リアルタイムで入眠音楽に変換できます。
携帯しやすい手のひらサイズで、旅行や出張などの遠征の邪魔になることもなく持ち運びが可能です。


[画像6: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-348407-15.jpg ]

■睡眠を科学的に解析し、3年の研究の末に誕生した「Neurogixs」ブランド
[画像7: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-261601-22.jpg ]



韓国の大手業務用音響機器メーカーである Dlogixs 社は、スマートフォンやタブレットの爆発的な普及によるブルーライトの問題や社会情勢の不安、人間関係の希薄化に伴う職場での高ストレス化など、不眠症・睡眠障害などに起因する健康問題を憂慮し、独自のRBS技術を主軸に据え、新たに「Neurogixs」ブランドを設立しました。Dlogixs社は、国立ソウル大学病院の睡眠とメンタルヘルスの専門教授指揮のもと、音楽と脳波と睡眠の関係について、共同で臨床研究も行なうなど、RBS技術の開発には3年を費やしています。


【Neurogixs A1の主な特長】

1) バイノーラルビート理論を応用し、眠りを積極的にサポート
 国立ソウル大学病院の睡眠とメンタルヘルスの専門教授指揮のもと、共同で臨床研究もしています。
2)特許取得済みRBS技術により、あなたのお好きな音楽をいつでも睡眠音楽に変換
 専用楽曲ではなくあなたのお好きな音楽を使用するため、飽きがきません。
3)高音質フルワイヤレスイヤホンで日中の音楽ライフもエンジョイ
 音の専門集団、Dlogixs社 設計、当社監修の最強タッグでお届けします。
4)本物志向のシンプル、かつハイクオリティな仕上げ
5)コンパクトなフォルムで、出張などにも簡単に持ち運びが可能
[画像8: https://prtimes.jp/i/44750/3/resize/d44750-3-387179-25.jpg ]



【販売方法】
■予約方法 : Makuakeでの予約販売 https://www.makuake.com/project/neurogixs/
■予約期間 : 2019年12月23日(月)から2020年2月28日(金)まで
■製品発送 : 2020年3月下旬より順次発送予定
■販売価格 : Neurogixs A1 /39,600 円(税込)(Makuakeでは 先行特別割引を実施いたします。)
■販売元 :オーディーエス株式会社

【ニューロジックス A1の主な仕様】

イヤホン出力:3mW+3mW
イヤホン周波数特性:20Hz - 20kHz (-3dB以下)
Bluetooth(R) バージョン:モバイル機器 ⇔ 本体 BT4.1、本体 ⇔ イヤホンBT3.0、イヤホン単体 BT5.0
Bluetooth(R) 通信距離:最大 10m (見通しのよい直線距離)
充電仕様:USB Type-C (5V 500mA)
充電時間:本体 3.0時間 イヤホン1.5時間
使用時間:本体 9.0時間(イヤホン充電2回を含む)、イヤホン3.0時間(VOLUME 30%基準)
適用温度範囲:保管時 ー5℃ 〜 40℃、使用時 0℃ 〜 35℃
サイズ:本体 86(W) * 86(L) * 32(H) mm
重量:本体 170g、イヤホン 4.6g/1個
生産国:韓国

*「NEUROGIXS」、NEUROGIXS ロゴは、Dlogixs株式会社の登録商標であり、ライセンスに基づき使用しています
* Bluetooth(R)のワードマークは、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

PR TIMES

「睡眠」をもっと詳しく

「睡眠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ