PS4(R)『龍が如く7 光と闇の行方』あの神室町も改造カートで爆走できる!新プレイスポット「ドラゴンカート」の続報を紹介!

12月24日(火)19時5分 PR TIMES

株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売予定の『龍が如く』シリーズ最新作となる、PlayStation(R)4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)において、横浜の街をカートで爆走する本作からの新プレイスポット「ドラゴンカート」の最新情報を公開しました。今回公開した情報は、東京・神室町を舞台にした『ドラゴンカップ』や、主人公・春日 一番が「ドラゴンカート」に身を投じるきっかけになったストーリーと、熱いデッドヒートを繰り広げるレースバトルの詳細となります。

■新プレイスポット「ドラゴンカート」が神室町でも遊べる!
ドラゴンカートは横浜の街を走るレースだが、とある条件をクリアすると神室町でも走ることができるようになる。
「ドラゴンカート」はグランプリ(=大会)を実施しており、レースに勝利し続けると、より上のグランプリに出場することができる。グランプリは全部で4つあり、最難関のグランプリが神室町を舞台にした『ドラゴンカップ』だ。
このドラゴンカップに挑戦するためには、カートをかなりアップグレードし、レーステクニックを磨いていないといけない。
カートを強化し、テクニックを磨いてグランプリを制覇し、最速のレーサーを目指そう!
[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-320680-0.jpg ]

▲東京・神室町のコースは横浜・伊勢佐木異人町とはどのように異なっているのだろうか。

■「ドラゴンカート」ストーリー
横浜の街を舞台に、改造カートで爆走する爽快感あふれるプレイスポットが「ドラゴンカート」。
春日がドラゴンカートに関わるようになったきっかけと、出来ることを紹介する。

浜北公園のドラゴンカートの受付近くを歩いていると、藤沢という男に話しかけられ、横浜の街を改造カートで走る「ドラゴンカート」を勧められる春日。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-632679-1.jpg ]

▲藤沢に誘われ、ドラゴンカートに参加する春日。

お試しで走ったレースでドラゴンカートの楽しさを知った春日だったが、春日の走りを見ていたレーサーたちに煽られたことで闘争心に火が付き、熾烈なレースに身を投じていくこととなる。
[画像3: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-987787-2.jpg ]

▲ライバルたちに煽られ、春日の闘争心に火が付く。覆面を被った男がいたり、ライバルは個性的なキャラクターばかり。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-547750-3.jpg ]

▲ライバルたちとの闘いは、火花を散らしながらぶつかり合うデッドヒートが繰り広げられる。

■ドラゴンカートのコースにあるギミック
ドラゴンカートの上位コースには『ジャンプ台』や『爆発ドラム缶』、侵入してしまうとスピードが出なくなる『ダートゾーン』、電流が流れている『ダメージゾーン』など、レースをさらにスリリングにするコースギミックが配置されている。道を塞いでいる『爆発ドラム缶』をガトリングガンで破壊したり、『ジャンプ台』で飛び越えたりと、ただ走るだけじゃないエキサイティングなレースを楽しむことができる。
[画像5: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-308692-4.jpg ]

▲目の前を塞ぐ爆発ドラム缶。ぶつかったら一撃でカートがダメになってしまいそうだ。

・カートのセッティング
お金を支払うことでカートの走行性能や、レース中に手に入れられる武器アイテムの使用回数などをアップグレードすることが可能となっている。
カートごとに加速性能の伸びや、耐久力などに違いがあるので、アップグレードすることでさらに個性が出てくる。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-277883-5.jpg ]

▲お金をつぎ込むことでカートの性能を上げることができる。

・ネットワーク機能と景品について
グランプリ以外にもタイムアタックモードがある。
ネットワークに接続してプレイすると、各コースのタイムアタック記録をデイリーランキングに登録でき、他のプレイヤーとタイムの早さを競うことができる。
1日の終わりにランキングが確定し、翌日にはその順位に応じた報酬が貰える。
[画像7: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-354619-6.jpg ]

▲タイムアタックモードがあり、記録を他のプレイヤーと競える。

・アイテム交換
コース上に落ちているリングを集めることでアイテムと交換することができる。
春日たちの能力値を上げるアイテムやジョブのランクを上げるアイテムなどを入手できるので、ドラゴンカートで遊ぶことでも春日や仲間たちを強化できる。
[画像8: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-544297-7.jpg ]

▲レースで集めたリングは、春日たちを成長させるアイテムと交換できる。

■『龍が如く7 光と闇の行方』とは
『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティックRPGです。新主人公の春日 一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。
かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ最大のボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。

『龍が如く7 光と闇の行方』最新ストーリートレイラー
https://youtu.be/q69q6kJwXLA

『龍が如く7 光と闇の行方』ゲームトレイラー
https://youtu.be/2rabEooWDC4

■『龍が如く』シリーズとは
「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生。愛、人情、裏切り……。巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,200万本を超えるシリーズ作品となっている。

【 商品概要 】
商品名 : 龍が如く7 光と闇の行方
対応機種 : PlayStation(R)4
ジャンル : ドラマティックRPG
発売日 : 2020年1月16日(木) 発売予定
価格 : パッケージ版・ダウンロード版 8,390円(税別)
プレイ人数 : 1人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : D区分(17歳以上対象)
著作権表記 : (C)︎SEGA
公式サイト : http://ryu-ga-gotoku.com/seven/
公式Twitter: https://twitter.com/ryugagotoku/
[画像9: https://prtimes.jp/i/5397/3061/resize/d5397-3061-158015-8.jpg ]

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
■画像は開発中のものです。

PR TIMES

「龍が如く」をもっと詳しく

「龍が如く」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ