2020年1月15日(水)オープン「DON DON DONKI JEM店」

12月24日(火)16時45分 PR TIMES

〜ジュロンイーストに2店舗目 シンガポール最大のDON DON DONKI誕生〜

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営する株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)グループの海外事業持株会社、株式会社パン・パシフィック・リテールマネジメント(シンガポール)(本社:シンガポール共和国、代表者:安田隆夫)は、2020年1月15日(水)「DON DON DONKI JEM(ジェム)店」をシンガポール共和国(以下、シンガポール)の商業施設「JEM」内にオープンします。

 同店は2019年11月29日にオープンした「DON DON DONKI JCube店」に続く西部エリア2店舗目の出店で、同国内最大規模の店舗となります。「JCube店」は周辺に居を構えるお客さまを中心に、地域に密着したスーパーマーケット型店舗として展開する一方、「JEM店」は西の都最大のジュロン・イースト駅に直結しており、多様なニーズのお客さまが足を運ぶ立地であることから、食品から日用品までフルスペックで品揃え、これまでシンガポール国内で培ってきたDON DON DONKIのエッセンスを最大限活かした旗艦店舗として展開します。


 同店は、青果をはじめとする日本産の生鮮食品や店内調理によるできたての惣菜のほか、握りたてのお寿司が楽しめる寿司カウンターや、約60種類の日本酒・ビール・ウイスキーなどが楽しめるバーカウンター、日本でも人気の飲食店が複数入居するフードコートの併設など、ライブ感のある「食」空間を提供します。

 また、生活雑貨品や日用品、玩具などの感性豊かな商品に加え、既存店でも人気のドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」をまとめてコーナー展開するなど、幅広い価格帯の商品をラインアップします。取り扱うアイテムはDON DON DONKI最大級となり、バラエティ豊かな品揃えと非日常を体感できるエンターテイメント性あふれる空間演出で、DON DON DONKIの魅力を発信してまいります。

 今後もPPIHグループは、出店地域や立地にあわせた業態創造で、シンガポール国内における店舗開発を着実に進めるとともに、お手頃な価格で地域の皆さまに末永くご愛顧いただける店舗空間の創造に努めてまいります。

【施設外観】
[画像1: https://prtimes.jp/i/19436/357/resize/d19436-357-424482-0.jpg ]


【店舗概要】
■名  称:「DON DON DONKI JEM店」(ドンドンドンキ ジェム)
■営業時間:午前8時〜翌午前0時(フードコートは午前10時〜午後22時)
■所 在 地:50 Jurong Gateway Road, Singapore 608549
■交  通:公共機関/地下鉄「Jurong East」駅直結
■開 店 日:2020年1月15日(水)午前10時(シンガポール時間)
■売場面積:2,393平方メートル (うち商品売り場は2,011平方メートル 、フードコートは382平方メートル )
テナント:「光麺 東京」(ラーメン)、「つけめんTETSU」(ラーメン)、「E〜Gaya」(和食)、「哲平食堂 匠」(ステーキ・海鮮)、「大戸屋」(定食)、「あじ福」(天ぷら)
■建物構造:地下1階〜地上6階(うち新店舗営業施設は2階〜3階)
■商品構成:食品、生鮮(青果・鮮魚・精肉・惣菜)、酒、日用消耗品、家庭雑貨品、化粧品、衣料品、家電、玩具・バラエティ、他
■駐 車 場:674台(施設共用)

【周辺地図】
[画像2: https://prtimes.jp/i/19436/357/resize/d19436-357-619401-1.jpg ]

PR TIMES

「シンガポール」をもっと詳しく

「シンガポール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ