極寒の氷の海での起業家ピッチ「Polar Bear Pitching」日本選手権が仙台で開催

12月24日(火)19時5分 PR TIMES

優勝者はフィンランド・オウル市の「世界で最もクレイジーでクールな」世界大会へ出場

[画像1: https://prtimes.jp/i/14162/31/resize/d14162-31-430429-0.jpg ]

(昨年日本選手権で優勝した仙台市の起業家がフィンランド本戦の氷の海の中でピッチするようす)

真冬の東北、しかも氷の中で、起業家たちが自分の事業アイデアを発表する「世界で最もクレイジーでクールなピッチイベント」の日本選手権が1月11日、仙台市の国際センター駅「青葉の風テラス」で開催されます。仙台市とMAKOTOキャピタルが主催。仙台市はフィンランド・オウル市と国際協定を結んでおり、優勝者は日本代表としてオウル市で毎年開催されている世界大会「Polar Bear Pitching」への出場権を手にすることができます。

仙台市は東北を担う起業家の育成に力を入れており、若手起業家にグローバルな視点や世界レベルのプレゼン力などを身につけてもらう機会として昨年に続き2回目の開催。地方開催で日本代表として世界の起業家ピッチイベントへ挑戦できる場は仙台だけとなっています。

■Polar Bear Pitching日本選手権
日時:2020年1月11日(土)14:00〜
会場:青葉の風テラス(地下鉄東西線国際センター駅直結) 宮城県仙台市青葉区青葉山2
主催:仙台市・MAKOTOキャピタル、協力:ビジネスオウル(オウル市)・YO ZEN
※取材は事前に以下電話かメールでお申し込み下さい。(当日飛び込みの取材も可能です)
電話: 022-352-8850 (担当:堀江、安藤)・メール: capital@mkto.org
https://tohoku-growth-ap.jp/2020pbp

■「Polar Bear Pitching」日本選手権について
[画像2: https://prtimes.jp/i/14162/31/resize/d14162-31-162466-1.jpg ]


(氷水に浸かりながら東北の若き起業家が熱くプレゼンした昨年の「Polar Bear Pitching」日本選手権)

▶︎当日のタイムスケジュール
14時00分: オープニング
     オウルプレゼン(10分)
15時30分: 審査・エアギターワークショップ(15分)
     (門田亭笑勝:2017&19年エアギター日本チャンピオン、仙台出身)
16時30分: アフターパーティ
     エアギターパフォーマンス:門田亭笑勝
18時30分: クロージング
[画像3: https://prtimes.jp/i/14162/31/resize/d14162-31-359248-2.png ]


仙台で開かれる日本選手権は、フィンランドでの本戦を想定して屋外の氷水のプールで開催されます。東北を中心とした若手起業家(10社程度、12/31まで全国から出場者を募集中)が氷のプールでのショートピッチに挑戦。市場性・収益性・独創性・実現可能性・プレゼン力の各種選考基準で選考を行い、優勝者が日本人代表として本戦出場権を獲得します。

昨年の氷水のプールでのショートピッチには6社の東北の若手起業家が挑戦し、仙台市のfunky jump株式会社:青木雄太氏が、日本人初の本戦出場権を獲得しました。


■「Polar Bear Pitching」とは
2020年3月12日、北欧のシリコンバレーとも言われるフィンランド共和国オウル市で開催される「Polar Bear Pitching」は、氷水の中でピッチを行う革新的で独創的なスタートアップのためのイベントです。同イベントでは、スタートアップ関連の10を超えるプログラムから構成され、Polar Bear Pitchingがそのメインのイベントとして行われる予定です。北欧・フィンランドらしい忍耐力・勇気・遊び心が表れている世界的なスタートアップのイベントとなっています。なお、決勝についてはライブストリーミングでの放映も行われる予定です。
https://polarbearpitching.com/
※3月下旬に参加報告会を仙台で開催予定(場所、日時未定)。

仙台で開催される日本選手権は日本・フィンランド国交樹立100年の記念イベントとして昨年初めて開催されました。フィンランド共和国オウル市と仙台市が結ぶ、国際企業間連携・産学官連携等による仙台地域企業の国際化・高度化を目指す産業振興に関する協定により企画・推進され、今回は2回目の開催です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/14162/31/resize/d14162-31-390310-3.jpg ]

(昨年日本選手権で優勝した仙台市のfunky jump株式会社・青木雄太さんがフィンランドの氷の海でピッチをするようす)

■震災後、東北を担う若手起業家の育成に力を入れる仙台市の取り組み
東日本大震災からの復興の過程において、東北では起業が活発化してきました。仙台では「日本一起業しやすいまち」の実現を目指し、開業率は政令指定都市中2位となるなど、起業の裾野は拡大してきました。しかし、東北の新たなロールモデルとなる企業の創出およびエコシステムの構築は道半ばです。東北において、地域経済を牽引するロールモデル起業家ならびに新規事業を生み出す仕組みをつくるため、今年度も起業家育成のための「TOHOKU GROWTH Accelerator」(TGA)を実施します。

■「TOHOKU GROWTH Accelerator」(https://tohoku-growth-ap.jp/)について
TGAでは、以下の2コースが用意されています。
・次のステージに向け資金調達を目指すスタートアップ向けの「TGA Growth コース」
・事業開始を目指す若手起業家や家業を持つイントレプレナー向けの「TGA Studio コース」

これまでこの2コースに挑戦する東北のスタートアップまたは個人を選抜し、メンターや専門アドバイザーによるレクチャー・メンタリングを実施してきました。それぞれ、2020年3月までに資金調達・事業開始を目指します。スタートアップの成長支援、新規事業を加速させるあらゆる支援を行うプログラム、それが「TOHOKU GROWTH Accelerator」です。

仙台市の取り組みのひとつとして「TGA Festival 2020」では、2コースの採択者である東北の若手起業家たちのピッチが披露されます。

▶︎「TGA Festival 2020」
日時:2020年2月25日(日)13時−21時
主催:仙台市・一般社団法人MAKOTOキャピタル
会場:仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区青葉山)
詳細URL:https://tohoku-growth-ap.jp/demoday

■「MAKOTO」について
代表者:竹井 智宏
所在地:capital 宮城県仙台市若林区清水小路 6-1 東日本不動産仙台ファーストビル1F
will 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace 6C
・URL http://www.mkto.org
・事業内容:投資事業、大学連携事業、アクセラレーター事業、地方創生事業

PR TIMES

「起業」をもっと詳しく

「起業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ