ドローン測量に必須! ドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の取り扱い開始

12月25日(月)10時1分 PR TIMES

高度なデータ解析を一つのアプリ上で行うことができる!

(一社)日本ドローンビジネスサポート協会(本社:岡山市)は、ドローン測量で必要なドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」(テラマッパー)の取り扱いを開始した。

(一社)日本ドローンビジネスサポート協会(本社:岡山市)は「Terra Mapper」(テラドローン株式会社:本社東京都渋谷区)の取り扱いを開始しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/23105/9/resize/d23105-9-522606-4.jpg ]



「Terra Mapper」は国産のドローン専用画像処理・解析ソフトウェアであり、性能だけでなく、日本語サポート・低価格が特徴。

今後は全国の当協会の会員ネットワークにて、「Terra Mapper」の説明会や実務指導を行います。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23105/9/resize/d23105-9-914526-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/23105/9/resize/d23105-9-859524-0.jpg ]



=================
「Terra Mapper」
https://mapper.terra-drone.net/

■Terra Mapper デスクトップ版 特徴
ノートPCで、飛行からデータ処理・解析、アウトプットと共有まで一貫して処理ができます。また、他社ソフトウェアと比べても、Terra Mapper デスクトップ版では1/5までコストカットが可能です。従来のものと比べても、デザインがわかりやすく操作が簡単であり、高負荷な解析機能に対応可。高度な点群処理により現場でつかえる情報を作成可能。

■Terra Mapper デスクトップ版 主要機能
1.【対空標識の自動認識】
対空標識を自動認識することで、簡単でかつより正確なデータが得られます。

2.【不要な点群の自動処理】
現場の建機や草木など、取り除く必要のある土の箇所、土量、土地の断面積などを表示・自動除去することで、より正確な地形データを計測できます。

3.【縦横断図の取得】
図の中心線に対して、簡単に垂直かつ等間隔に横断図面を取得することが可能です。

4.【土量の計算比較】
盛土と切り土の計算を簡単にすることができ、またTINサーフェス(不規則三角形網)をワンクリックするだけで作成することが可能です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/23105/9/resize/d23105-9-315202-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/23105/9/resize/d23105-9-838561-2.jpg ]



=================


【本件に関するお問合せは】


一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会
「aotori」全国本部
代表理事 森本宏治 森本亜矢子

岡山市東区政津255−2
086-948-2761
info@drone-business.jp

http://www.drone-business.jp
http://www.aotori.jp
http://www.droneplus.tv

PR TIMES

「ドローン」をもっと詳しく

「ドローン」のニュース

BIGLOBE
トップへ