【ANA×車泊】ANAが推進する新しい旅のスタイル「シェアエコツーリズム」と「九州周遊観光サービスモデル事業」でシェアリングエコノミーサービス連携協力

12月25日(火)12時40分 PR TIMES

〜2019年1月に実証事業を行い、都市から地方へ人が集まる「地方創生まちづくり」を目指し、新しい旅の体験を提供します〜

九州周遊観光活性化コンソーシアム(代表機関:トラストパーク株式会社 本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:山川 修 株式会社RVトラスト 本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:渡邉 靖司)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉)が推進する次世代ツーリズム「シェアエコツーリズム」に協力し、九州8地域で展開するシェアリングエコノミーサービス「車泊(くるまはく)」ならびにレンタルキャンピングカーを提供し、《ANA国内線航空×キャンピングカー・車泊による新しい旅の体験を提供する》実証事業を行います。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28008/8/resize/d28008-8-741274-6.png ]



背景・経緯

■ シェアリングサービスを活用した新たな旅の提案
 ANAホールディングス株式会社は、シェアリングエコノミーをリードする各企業と連携し、日本で初めてとなるシェアリングサービスを活用した新しい旅の提案ページ「Look for your style」(ページ運営:ANAセールス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮川純一郎))を開設。
 近年、ミレニアル世代に象徴される価値観や消費形態の変化、訪日外国人旅行者の拡大を受け、シェアリングエコノミーが注目を集めており、一棟貸し切りの古民家への宿泊、高級オープンカーでのドライブ、現地ガイドによるその土地ならではのアクティビティ体験など、旅行スタイルの多様化に合わせて、従来のパッケージツアーでは味わうことができない新しい旅の体験を提供しています。

【 関連ページ 】
◆プレスリリース
 https://www.ana.co.jp/group/pr/201809/20180925.html
◆提案ページ「Look for your style」
 https://www.ana.co.jp/ja/jp/domtour/theme/recommend/lookforyourstyle/
◆イメージ動画
 https://www.youtube.com/watch?v=1IHsx0HPYEo&feature=youtu.be

■ 新しい旅のカタチ「車泊(くるまはく)」を提案
 2017年11月より、総務省の委託事業(IoTサービス創出支援事業)として、九州周遊観光活性化コンソーシアムは、20の広域自治体・団体で構成し、シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデル事業「車泊(くるまはく)」を九州8地域で展開。地域の観光振興を目的として、不稼働時間帯の駐車場や未活用の遊休地に、車中泊が可能になるルール整備と、無人運用が可能な電源提供型の休憩駐車管理システムを導入し、地域滞在消費を促進する取組を行っています。

【 実施団体名 】
 九州周遊観光活性化コンソーシアム
トラストパーク株式会社、熊本県南阿蘇村役場、熊本県和水町役場、長崎県島原市役所、長崎県川棚町役場、福岡県大木町役場、九電テクノシステムズ株式会社、株式会社イー・フォレスト、軒先株式会社、株式会社RVトラスト など20団体


 地域に宿泊施設が少なく、観光素材は豊富だが観光商品として整備されていないものが多く、観光客に認知されず通過型地域となっているなど、各地域が抱える課題の解決に向けて車泊拠点を整備することで、観光振興や地域滞在消費の促進につなげ、これら地域課題の解決に取り組んでいます。一極集中する都市から地方へ送客するコンテンツとその仕組みを創り、交流人口を増やし地域経済の活性化を目指しています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/28008/8/resize/d28008-8-732133-3.png ]




九州周遊キャンピングカー車泊モニター

 今回の連携協力は、九州周遊観光活性化コンソーシアムが九州8地域で展開するシェアリングエコノミーサービス「車泊(くるまはく)」ならびにレンタルキャンピングカーを提供し、車泊サービスを導入している地域をはじめ、2泊3日の九州旅行を通じて「国内線航空×キャンピングカー・車泊による新しい旅の体験を提供する」モニター事業です。旅行スタイルの多様化に合わせて、従来のパッケージツアーでは味わうことができない新しい旅の体験を提供することで、新しい旅のスタイル「シェアエコツーリズム」を推進してまいります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/28008/8/resize/d28008-8-307966-4.png ]


 —「九州周遊キャンピングカー車泊モニター」実証事業概要 —

[表: https://prtimes.jp/data/corp/28008/table/8_1.jpg ]




各社の役割

(1)トラストパーク株式会社
・車泊サービスの予約管理
・車泊拠点における車泊サービスの提供
 http://www.trustpark.co.jp/

■参考
 1993年に時間貸駐車場「トラストパーク」を開始して以降、現在では北海道から鹿児島まで約770ヶ所33,000台を運営しています。
 地域社会への貢献を企業理念に掲げ、駐車場の付加価値を高め「駐車場が人と街をつなぐ架け橋に」をスローガンに、安心・安全・快適な駐車場運営を基盤とした車社会と地域社会を繋ぐまちづくりや地域活性化推進事業に取り組んでいます。
 本実証事業を通じて地域滞在型消費を促進させ観光振興へと貢献するため、車泊事業のさらなる普及展開に取り組んでまいります。

(2)ANAホールディングス株式会社
・ANA国内線往復航空券の手配、福岡市内ホテルの宿泊提供
・モニターに関する利用者アンケート収集
 
■参考
 九州周遊キャンピングカー車泊モニター チラシ
 https://prtimes.jp/a/?f=d28008-20181225-5445.pdf

(3)株式会社RVトラスト
・キャンピングカー車両の貸出
 https://www.rvtrust.com/

■参考
 自社製品にこだわり、キャンピングカーの製造・販売・レンタルを行うRVメーカーとして、人と地域社会に幸せを広げ、新たなカーライフの楽しみ方をご提案しております。
 開発から生産まですべて秋田の自社工場で行っており、販売までの一貫したネットワークにより、購入後のサポートやお客様からのフィードバックが即座に反映される体制を整えております。
 人と地域社会の幸せが広がる新しいカーライフの楽しみ方のご提案を理念に掲げ、RV販売を通じて 新しいライフスタイルをサポートし 地域の活性化に努めてまいります。


今後の展望

 昨今、地方創生(ひと・まち・しごと)の計画策定が進んでいるように、地方の人口変動と潜在的ニーズをとらえ、地方の多くが抱える課題を解決するため、都市と地方をつなぐ架け橋となるサービス創出が求められています。

 「 交流人口の増加 + 地域価値の向上 = 地域経済の活性化 」

 豊かな自然や文化、歴史、温泉などの魅力をはじめ、その地域でしか体験できないコト、その地域に来ないと味わえない価値を創ることを理念に、本実証事業を通じて都市から地方へ人が集まる「地方創生まちづくり」を目指します。

PR TIMES

「ANA」をもっと詳しく

「ANA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ