街の起業家が町田企業にビジネスアイディアを提案!「まちだ未来ビジネスアイデアコンテスト最終審査会」がBUSO AGORAインキュベーションオフィスにて開催

12月25日(水)10時45分 PR TIMES

まちだ未来ビジネスアイデアコンテスト2019‐協業型起業家応援プロジェクト 「一枚のビジネスプランで一生は変えられる。」が開催されました

町田のインキュベーション施設が共同で開催する「まちだ未来ビジネスアイデアコンテスト」が(株)キープ・ウィルダイニング(東京都町田市、代表取締役社長 保志 真人)が運営するBUSO AGORAにて、2019年12月14日(土)に開催された。これまでの審査に勝ち残った7組が町田企業に対して、ビジネスアイデアをプレゼンテーションを行った。

1.【まちだ未来ビジネスアイデアコンテスト‐協業型起業家応援プロジェクト‐】とは
株式会社町田新産業創造センター、COMMUNE BASEマチノワ(株式会社オンザウェイ)、BUSO AGORA(株式会社キープ・ウィルダイニング)の三社が主催となり、独創的なアイデアや技術を持つ町田の若者、女性、シニア達起業家や起業を目指す皆さんを応援するプロジェクト。2019年は、参加者が町田にある七社の応援企業から、2019年8月3日(土)に行われた「応援企業による募集テーマ説明会」にて各企業の抱えるお題を受け、それに対するアイデアを提案するコンペティションとなっていた。今回2019年12月14日(土)に行われたのは、最終審査会となっており、約5ヵ月間で応募された57件の中から選ばれた7組によるプレゼンテーションの場となった。見事大賞を受賞したのは、小田急電鉄(株)の応募テーマを選択した世羅田京子氏による「町田くん、週末何するの?」。
今後事業化に向けて専属で事業案に取り組み、更なるブラッシュアップや具体的な検証を進めていく予定。
詳細:http://machida-mirai.com/
[画像1: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-703805-6.jpg ]


≪受賞結果≫
大賞

[画像2: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-966451-0.jpg ]

世羅田京子 
「町田くん、週末何するの?」
応援企業:小田急電鉄(株)

準大賞(一般部門)

[画像3: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-174664-8.jpg ]

吉井夏美
「TSUTAYAでなりきり 一日店長体験」
応援企業:TSUTAYA町田木曽店

準大賞(大学生部門)
オーディエンス賞

[画像4: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-291912-3.jpg ]

相模女子大学 酒井ゼミ様
「井上糀店の味噌使用!肉味噌おやき」
応援企業:アイワ広告(株)

2.【応援企業の事業内容と募集テーマ】
▼株式会社F-Design
[事業]
製造コーディネート/プロダクトデザイン/機械設計/電気設計/3Dプリンター製品制作
[テーマ]
1.少子高齢化社会を支える製品の提案
2.人口減少を支える商品の提案(ロボットや便利グッズなどを想定)

▼TSUTAYA町田木曽店(プラス株式会社)
[事業]
DVDレンタル/CD・DVD・ゲーム販売/書籍販売/文具・雑貨販売
[テーマ]
町田木曽店の1階オープンスペースを活用したイベントプログラムの企画提案(市民活動、健康・福祉、学術、音楽、芸術、産業など多様な分野の応募を期待)

▼アイワ広告株式会社
[事業]
店舗売上アップコンサルティング/屋外広告事業/電子書籍出版事業/研修事業/ベーカリー事業
[テーマ]
1.町田・相模原の名物となるパンの商品開発
2.町田・相模原を元気にする出版の企画

▼ASVペスカドーラ町田
[事業]
プロフットサル試合の開催・運営/フットサルスクール及びアカデミーの運営/フットサルの普及活動の企画・運営/スポーツ施設の管理運営/オリジナルグッズの企画販売など
[テーマ]
1.ASVペスカドーラ町田をさらに成長させるためのユニークな新規事業の提案
2.新規顧客獲得のための手法の提案
3.既存ファンをもっと楽しませるファンサービスの提案

▼町田福祉園(社会福祉法人みずき福祉会)
[事業]
生活介護/入所支援/共同生活支援/重度身体障碍者支援
[テーマ]
1.子どもと福祉の架け橋プロジェクト(町田福祉園の交流ルーム、プール、体育館などを活用した地域に開かれた子ども向けプログラムの提案)
2.福祉施設の広報をしてみませんか(町田福祉園の魅力を発信するプログラムの提案)

▼小田急電鉄株式会社
[事業]
鉄道事業/不動産事業/その他事業(開発事業、広告業、駐輪駐車場事業、ミネラルウォーター事業など)
[テーマ]
「町田みんなのプラットフォーム」の活用アイデア
※「町田みんなのプラットフォーム」は町田市、小田急電鉄、小田急不動産の三社が小田急線町田駅構内において、町田市及び小田急グループの情報を一元的に発信する情報端末機器及びポスターボード

▼FCゼルビア
[事業]
プロサッカー試合の開催・運営/サッカースクール及びサッカー普及活動の企画、運営/オリジナルグッズの制作・販売
[テーマ]
FC町田ゼルビアがより一層、地域に根差した存在になるための地域の人たちと共に立ち上げる新規事業や新規プログラムの提案

3.【登壇者】
相模女子大学 酒井ゼミ
多田富浩
世羅田京子 
吉井夏美
他2名

4.【当日写真掲載】

[画像5: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-554949-1.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-119808-2.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-211361-4.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/24845/21/resize/d24845-21-995446-7.jpg ]


5.【最終プレゼン審査会 審査員(6名)
伊藤亨 氏(株式会社町田新産業創造センター 専務取締役)
野中元樹 氏(株式会社オンザウェイ 代表取締役)
長谷部信樹 氏(株式会社キープウィルダイニング 専務取締役)
井上隆一郎 氏(桜美林大学ビジネスマネジメント学群 教授)
井上誠 氏(町田市 経済観光部 部長)

【BUSO AGORAとは】
飲食事業を中心に事業展開をする株式会社キープ・ウィルダイニング(代表取締役社長:保志真人)が“夢が加速する”というコンセプトのもと、2019年8月1日 東京都町田市原町田6-9-8 アエタ町田4階(町田駅から徒歩3分) にOPENした東京都認定のインキュベーション オフィスです。カフェのリラックスした空気感とオフィスの快適な設備を兼ね備え、約520平米(157坪)の広々とした空間で快適なワークタイムを提供します。インキュベーション マネージャー(事業アドバイスを行う専門家)が在籍しており、起業する方の相談・サポート、その他スタートアップ向けのイベントや地域の企業や専門との交流イベントも行っています。

【会社概要】
株式会社 キープ・ウィルダイニング
BUSO AGORA
住所 :東京都町田市原町田6-9-8 アエタ町田4階
担当:須賀
お問い合わせ: 042-851-7856
Email:incubation.office.agora@gmail.com
HP URL : https://www.incubation-office-agora.com/?prtimes201901225
※メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

PR TIMES

「ビジネス」をもっと詳しく

「ビジネス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ