【令和の愛されるリーダーとは 全国カンファレンスツアー第11弾 千葉開催レポート】東京・海外に視野を持ち地域活性化と未来を考える、中小企業の採用・後継者育成を応援

12月26日(木)15時35分 PR TIMES

【主催:社長チップス、メディアパートナー:Forbes JAPAN】「Charming Chairman's Club TOUR 2019 in 千葉(チャーミング・チェアマンズ・クラブ・ツアー)」

おやつエンタテイメント製造会社、株式会社ESSPRIDE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川 世一)は、「Forbes JAPAN」(リンクタイズ株式会社、取締役社長:角田勇太郎)をメディアパートナーに迎え、2019年12月9日(月)、全国各地で行う社長と学生のカンファレンス 「Charming Chairman’s Club TOUR 2019(チャーミング・チェアマンズ・クラブ・ツアー2019)」 を千葉で開催しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-810535-2.png ]

カンファレンスではメインテーマである「令和の愛されるリーダーとは」を軸に、株式会社千葉ジェッツふなばしの島田慎二会長に「社長は会社のためにキャラを立てよ」をテーマに講演をいただきました。トークセッションでは、東京や海外の事情への関心と知見を持った登壇者のみなさんにより地域に根ざした企業のあり方やこれからの働き方、リーダー論についてお話しが展開されました。地域だけを見つめるのではなく視野を広げて考えることが地域活性化に繋がるとの意見が聞かれた千葉開催の様子をご報告します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-344666-1.png ]




Charming Chairman’s Club TOUR 2019とは


[画像3: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-374490-0.png ]

全国の中小企業の採用ブランディングや後継者育成に効果的な発信を社長に呼びかけ、社長の学び、ビジネスマッチング、学生との交流の機会を創出したいとの強い思いのもと「社長チップス」が企画しました。
カンファレンスとして社長や学生が参加し、各地域の社長によるプレゼンテーション、「令和の愛されるリーダーとは」 をテーマに掲げた時代を牽引するリーダーによる講演やトークセッション、懇親会などの内容で行うもので、7月に開催した東京・銀座のカンファレンスを皮切りに、福岡、仙台、福井、大阪、名古屋、札幌、広島、埼玉、沖縄、千葉の後、最後のファイナルを東京で展開。地域で活躍する社長を学生と繋ぎ、その地域で育ち学んだ地域に縁ある学生の積極的な採用 「地産地採(ちさんちさい)」を応援します。
またメディアパートナーとしてForbes JAPANを迎え、誌面掲載などを通して広くアプローチするとともに、エリアパートナーとして各地の新聞社を迎え、若い世代と社長同士の交流を促進することで地域活性化の実現を目指します。



【News】令和の愛される経営者アワード開催!!


2020年4月10日(金)に、学生が選ぶ令和の愛される経営者アワード「Charming Chairmen CHAMPIONSHIP 2020」を開催することが決まり、社長エントリーをスタートしました。
詳細はWEBサイトをご覧ください。
(http://charming-chairmen.com/)



Charming Chairman’s Club TOUR 2019 in 千葉 開催レポート

日時:2019年12月9日(月)16:30〜21:00
場所:船橋グランドホテル(千葉県船橋市本町7-11-1)
参加者:報道関係者、経営者、学生 約60名


主催者挨拶 株式会社ESSPRIDE 代表取締役CEO 西川世一


[画像4: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-805611-3.png ]

「僕たちは『Charming Chairman’s Club TOUR』と題し、全国を廻りながら魅力的な経営者を発掘、今回は千葉を訪れ、より多くの人に知っていただく取り組みを行っています。このTOURをはじめた経緯をお話ししますと、僕は会社を設立して15期目ですが、元々は父のダンボール紙器の会社の跡継ぎから始まりました。当時は現在のような事業を展開しているわけではなく、社員が1〜2名、パートが3〜4名の小規模な会社。優秀な若者は集まらないし、このまま経営していてもほとんどの人に知ってもらえないのではないかと感じていました。その時のもどかしい気持ちから、全国の中小企業の社長自身が熱い想いを届けられるサービスを生み出し貢献したい!と考えたのが『社長チップス』です。全国には多くの人に紹介したい素晴らしい会社、面白い会社があるのに、若者は知るチャンスがありません。僕たちはこのプロジェクトを通じて未来を創っていく若者に、魅力溢れる経営者をどんどん紹介したいと思っています。様々な地域で後継者不足による黒字廃業がたくさんある中で、このカンファレンスTOURを通して、社長と若い世代を繋げ、より多くの会社とその社長の声を多くの学生に伝え、少しでも課題解決に繋がるよう取り組んでいきたいと考えております。」



<Keynote>1部


テーマ 「社長は会社のためにキャラを立てよ」
株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役会長 島田慎二氏
[画像5: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-932128-4.png ]

「キャラを立てるといってもどういうキャラになるのか、どういうキャラを演じるかが重要です。
『中小企業=社長』と捉えるならば、どういう会社にしていきたいのか、どういう会社でありたいかといった方針や方向性にフィットするようなキャラクターを経営者が演じるべきです。まずは最上位概念を設定しないとキャラも設定できないということです。
千葉ジェッツの経営理念は『千葉ジェッツを取り巻く全ての人たちと共にハッピーになる』ということです。しかし私が社長に就任した当時、千葉県内でもチームがあまり知られていないような状態でした。知ってもらうために、とにかく目立ってメディアに取り上げてもらおうと、『チャレンジャー』というキャラ設定をしました。チャレンジャー、要は『やんちゃキャラ』。そういう人を法人として演じると決め、“バスケット界初”とか“スポーツ界初”みたいなことがあれば、いい悪いではなく、どんどんやっていくことにしたのです。
我々で言うとファン、企業だと消費者にとっては、社長の考えや商品ができた背景などの裏話を公開していく方が応援したくなるし、手に取りたくなるに決まっていると思っています。そういう裏話も言わなければ知ってもらえないので、発信していくことが大事。私自身はSNSを活用しています。おすすめはTwitter。匿名だからチームへの不満やクレーム等もいっぱいきますが『消費者ってこういう風に見てるんだ』と経営者が感じられるのがいいところです。社長がいろんな場に出て話すことで、社員にも『社長ってそういう苦労話があったんだ、そういう考えがあったんだ』と知ってもらえるし、社内外にポジティブに貢献していくと思います。みなさん最初は『社長、目立ちたがっているんじゃないの〜』って思われるかと心配するかもしれませんが、3日もすればみんな慣れます、大丈夫です(笑)。
『前に出るのは苦手なので・・・』ということではなく、“仕事”なんだと思いましょう!
一番大事なのは、『中小企業と中小企業の社長は、ほぼほぼイコール』ということです。元気な会社は元気な社長だし、元気な社長がいたら会社が元気になるし。因果関係はあると思います。
理念や商品に込められた想いや、社員とのエピソードなどを発信していくことで、将来入社するかもしれない学生に届いて、採用に効果的な役割を果たすことも出てくると思います。
業績を上げること、社員を幸せにすること、理念を実現することが会社の社長の務めだとするならば、それを実現するために『自分が自ら前に出ること』が有効手段の一つであるということを頭の片隅に置いてもらえたらと思います。」



<Talk Session>1部 テーマ 「学生が語る、求めるリーダー像」

登壇者: 慶應義塾大学 商学部 2年 田代葵さん
慶應義塾大学 総合政策学部 4年 大嶋ジョーダン善さん

[画像6: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-455159-8.png ]

大学生として学生団体やプロジェクトリーダーを務めるお2人に、どんな社長や企業に魅力を感じるかや、若い力を必要としている社長が優秀な学生にアプローチするにはどんな働きかけや姿勢が求められているのか語っていただきました。
※Talk Session内容詳細は添付pdfをご覧ください



<Talk Session> 2部 テーマ 「多様化する雇用の中で求められる組織と人づくり」

登壇者: 株式会社舞浜倶楽部 代表取締役社長 グスタフ・ストランデル 氏
秋山木材産業株式会社 代表取締役社長 秋山奈穂子 氏
株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役社長 米盛勇哉 氏

[画像7: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-505728-9.png ]

地域で暮らせる介護を目指した有料老人ホームを運営するグスタフ社長、社員にもリーダーの楽しさを伝え経営視点を持った人材づくりに取り組む秋山社長、地域活性化に取り組む中、社内で多様性を維持する働き方改革を行う米盛社長の3人に、地域での会社のあり方や、多様化する雇用の中での組織づくりと人づくりについてお話しいただきました。


Charming Chairman’s Club TOUR 2019 開催した地域と日程

7/23(火)東京、8/29(木)・30(金)福岡、9/18(水)・19(木)仙台、9/25(水)福井、10/23(水)大阪、10/30(水)名古屋、11/8(金)札幌、11/22(金)広島、11/29(金)埼玉、12/6(金)沖縄、12/9(月)千葉、12/13(金)東京FINAL
<Charming Chairman’s Club TOUR 2019 特設サイト>
http://charming-chairmans-club.com/tour2019/


<経済産業省 大臣官房 商務・サービスグループ参事官 佐々木啓介氏 激励のご祝辞>


(2019年7月23日開催、第1回 Charming Chairman’s Club TOUR 2019東京・銀座カンファレンスにて)
Charming Chairman’s Club TOUR開催にあたり、経済産業省 大臣官房 商務・サービスグループ参事官 佐々木啓介氏から激励のお言葉をいただきました。


[画像8: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-896677-7.jpg ]

社長のみなさんは肌で感じていることと思いますが、日本経済と企業活動を取り巻く環境は日々ものすごいスピードで大きく変わっています。現在は労働生産性向上が大きなテーマですが、アメリカでも日本でも、勢いのある新規上場企業と比べて既存上場企業の国全体の生産性向上への貢献が大きいことがわかっています。
つまり既存企業であっても従来のやり方や考え方にとらわれずに挑戦する気持ちがあれば、まだまだ変化や成長ができるということです。例えばこれからの消費・経済を担う若者と意見を交わし、変化していくということは、企業経営者にとっては挑戦でもあるかもしれませんが重要なことです。企業経営者の方々が発信し、傾聴し、「世の中を大きく変えるんだ!」という若者のハートを捕まえて、大きく成長していただく。これが、令和の時代の新しい成長モデルなのではないかと、私は確信しております。
Charming Chairman’s Clubの取り組みは本当に素晴らしく、これからTOURとして全国で地域に密着した取り組みを行っていくことも大変意義深いです。やはり地域が元気にならないと日本も元気にならない、日本が元気でないと世界も元気になりません。地域の元気な、CharmingなCEOの方々にますますご活躍いただく、この取り組みを応援したいと思います。



主催 「社長チップス」とは


[画像9: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-960277-5.jpg ]

全国の中小企業の社長を紹介するカード付きポテトチップスからスタートした社長ヒーロー化プロジェクト。これまでに500以上のメディアに登場し話題を集めています。社長の人柄や経営エピソードを伝えるWEB掲載、社長と学生の交流会、イベント開催、メディアコンテンツ制作などにより社長のファンを増やす独自の取り組みを企画。
また社長自身の出会いや刺激となる学びを提供しながら、新たに“社長プロダクション”としてもコンテンツやメディア連携を強化し、より多くの社長がヒーローとして発信できる機会を創出することで社長と世の中をエンタテイメントでつなぎます。
社長チップス公式サイト http://shacho-chips.com/


会社概要


社名 :株式会社ESSPRIDE(エスプライド)
所在地 :〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目17-11
代表者 :代表取締役CEO 西川 世一
設立年月日 :2005年4月25日
資本金 :77,500,000円
事業内容 :おやつエンタテイメント製造業、社長プロダクション運営
HP :http://esspride.com/


[画像10: https://prtimes.jp/i/32768/71/resize/d32768-71-108730-6.jpg ]



ESSPRIDEの事業 「おやつエンタテイメント製造業」 とは

「おやつエンタテイメント」 とは、ESSPRIDEが世の中に発信している独自の概念。
まるで “おやつ” のように人々をハッピーにし、心を歓びで満たすエンタテイメントを様々な形で生み出していきます。
“おやつ” とは食べるお菓子ではなく、音楽やスポーツ、仕事、趣味、ちょっとした息抜きなどの際に心に躍動感や充実感を与えてくれるものすべて。
嬉しい、楽しい、ワクワクする、愛、幸せ、やすらぎ・・・
人々を惹きつけ互いに手を繋ぎたくなるような「おやつエンタテイメント」となる空間、商品、サービスなどを製造することで、ESSPRIDEは人と人、人と企業、学生と企業、企業と企業、そして企業と地域を繋げ、世の中に新しい価値を提供できるよう挑戦を続けていきます。

PR TIMES

「千葉」をもっと詳しく

「千葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ