ヨーロッパで活動を拡大し、データサービス事業を加速

12月26日(木)15時35分 PR TIMES

〜仏トゥールーズに活動拠点設立、Eric Luvisutto氏がビジネスアドバイザーに就任〜

「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」をミッションに掲げる株式会社ALE(東京都港区、代表取締役社長/CEO:岡島礼奈、以下ALE)は、データサービス事業を加速させるためにヨーロッパ地域での活動を拡大いたします。

ALEは、宇宙エンターテインメント事業及びデータサービス事業を通じて、人類の持続的な発展に貢献することを目指しています。エンターテインメントとして人工流れ星などを提供すると同時にデータを取得し、そのデータを主に気候変動の研究に活用することで、まずは地球環境の持続的発展に貢献していく計画です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/42372/6/resize/d42372-6-728907-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/42372/6/resize/d42372-6-896401-2.jpg ]

2019年12月1日に、ALEはトゥールーズメトロポールが支援する「コックピット」というビジネス促進プログラムからサポートを受け、ヨーロッパの宇宙産業の中心地であるトゥールーズ(フランス南部の都市)にある「B612」イノベーションセンターに活動拠点を設けました。これによりALEは、ヨーロッパ最高レベルの科学とビジネスのコミュニティを活用しデータサービス事業を加速させるとともに、持続可能な地球環境を守るために、異常気象を予測して気象予測モデルを改善します。

同日、SatconseilのCEOであるEric Luvisutto氏がALEのデータサービス事業のビジネスアドバイザーに就任しました。今後Luvisutto氏と共に、気候変動や異常気象により人類が直面する課題に適切に対処するためのデータサービス事業の事業開発を、B612で行う予定です。

■ALE 代表取締役社長/ CEO 岡島礼奈コメント
ヨーロッパの宇宙産業の中心地であるトゥールーズに拠点を設け、世界におけるALEのプレゼンスを高めていけることを嬉しく思っています。トゥールーズ周辺の地域には、宇宙利用や大気科学に関連する世界的な大手企業、代理店、大学が集まっています。フランス貿易投資庁(ビジネスフランス)やトゥールーズを含むオクシタニー地方の関係者の皆様は、複数の著名な専門家とALEとの面会を実現させてくださいました。B612イノベーションセンターの「コックピット」プログラムは、データビジネス事業を促進するための最適なサポートをしてくれます。
さらに、Luvisutto氏をALEのデータビジネス事業のアドバイザーとして迎えることができ喜んでおります。 Luvisutto氏はデータビジネス事業に関するキープレーヤーとの強力なコネクションと、国際レベルの素晴らしい知見を持つ方です。フランス拠点の設立とLuvisutto氏のアドバイザー就任は、間違いなく私たちの成長を促すものと確信しています。

■Satconseil CEO Eric Luvisutto氏コメント
ビジネスの成長をサポートするアドバイザーとしてALEに選ばれ、非常に光栄です。岡島氏のプロジェクトは非常にエキサイティングであるとともに、人工流れ星で夢を実現すると同時に、収集されたデータを通じて気候現象のさらなる解明に貢献します。 この有望な会社の事業に対し、私の知見を提供していきたいと思っております。 また、ALEのデータサービス事業と、持続可能な地球環境への革新的ソリューションの発展に意欲的に貢献したいと考えています。

オクシタニー地域やトゥールーズの方々からも応援のコメントをいただきました。

■オクシタニー地域代表 兼 Ad’Occ代表 Carole Delga氏コメント
ALEがヨーロッパ拠点として、オクシタニー地域のトゥールーズを選んだことを嬉しく思います。 ALEは特に精力的かつ革新的なスタートアップ企業であり、ALEの事業は気候の研究だけでなく、人工衛星による人工流れ星の提供も含まれます。オクシタニー地域は、ヨーロッパをリードするユニークなエコシステムを提供します。オクシタニー地域とその経済開発機関である Ad’Occは、ALEの成長促進のサポートを行います。

■トゥールーズメトロポールからのコメント
B612エコシステムにALEを迎え入れることができ、わくわくしています。ALEは大きな成長の可能性を秘めた革新的なスタートアップ企業ですので、「コックピット」のチームはALEの市場参入を加速させるために尽力します。

■Invest in Toulouseディレクター Silvia Ferrari氏コメント
Invest in ToulouseはトゥールーズにALEを迎えられることを誇らしく思っております。トゥールーズのエコシステムは、主要な宇宙産業に加えて、ALEが将来大きく貢献するであろう気候研究と天気予報に有用な宇宙のデータを活用しています。

*「B612」イノベーションセンター (https://www.b612-toulouse.com/en/)
*Satconseil (https://satconseil.eu/en/)
*Ad’Occ (https://www.agence-adocc.com/en/)
*Invest in Toulouse (https://www.invest-in-toulouse.com/)

【株式会社ALEについて】
ALEのミッションは、「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」というものです。ALEは私たち人類の持つ無限の好奇心を、技術によって実現していくことを通じて科学および宇宙事業を発展させ、人類の生活をより豊かにすることをビジョンとしています。

社 名 : 株式会社ALE(エール)
本社住所 : 東京都港区芝大門2-11-8 住友不動産芝大門二丁目ビル2階
代 表 者 : 代表取締役社長/CEO 岡島礼奈
設 立  : 2011年9月1日
事業内容 : 宇宙エンターテインメント事業「Sky Canvas」、データサービス事業、小型人工衛星技術の研究開発


■事業内容
◇Sky Canvas
「Sky Canvas」とは、空をキャンバスに見立てて彩る宇宙エンターテインメント事業です。まずは世界初となる人工流れ星の2020年内実現を目指して事業を進めています。また、人工流れ星に続く次世代エンターテインメントの開発も行っております。宇宙エンターテインメント事業を通じて宇宙や科学の楽しさを伝えることで、宇宙・科学分野に注目が集まる事を目指しています。
* 「Sky Canvas」はALEの登録商標です

◇データサービス事業
人工流れ星等の観測により中層大気のデータを得られます。このデータは気象にとって重要であり、気象分野の発展に有用であると予測されます。科学者や研究機関と協力し、気候変動メカニズムの解明や気象予測の精度向上に貢献していきます。

◇小型人工衛星技術の研究開発
ALEは小型人工衛星技術の研究開発を行っています。現在、宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と小型軽量な導電性テザー(EDT)を開発しています。本EDTは、日本国が重点施策に掲げるスペースデブリ対策の有効な手段の一つとして期待されています。

今後打ち上げられる人工衛星やロケットの上段等に本EDTを予め搭載することで、ミッション終了後に軌道を下げ、地球大気に突入させる事が可能です。このようなミッション終了後の廃棄/PMD(Post Mission Disposal)は、新たなデブリ発生を抑止できます。

* EDTに関するALEのプレスリリース
http://star-ale.com/news/330/2019/02/28/

* EDT開発におけるALEとの提携(J-SPARC)に関するJAXAのプレスリリース
http://aerospacebiz.jaxa.jp/topics/news/20190228_ale/

PR TIMES

「ヨーロッパ」をもっと詳しく

「ヨーロッパ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ