注目ワード卒業・開催 カルロス・ゴーン・逃亡 原知佐子・死去 楽天市場・公取委 バドミントン・桃田 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

武者陵司氏「来年内にNYダウ1万3000ドルで世界的株高に」

NEWSポストセブン12月26日(日)17時0分

 国内外の投資家からそのリサーチ力が高く評価されている、元ドイツ証券副社長・武者陵司氏によると、2011年は世界経済復活の年になるという。以下、武者氏の分析。


 * * *

 2011年の世界経済を語るためには、やはり米国経済の行方を分析しなければならない。


 2009年に底打ちをしたとされる米国経済だが、2010年中は本格的な回復には至らなかった。失業率の高止まりに見られるように、低調な雇用が続く中、企業の在庫積み増しの動きが一巡し、住宅取得減税の停止による住宅需要の反動減が起きたため、経済成長も一時的に鈍化してしまった。


 しかし、米景気の二番底懸念はない、と言い切っていいだろう。ファンダメンタルズを冷静に分析すると、深刻な不安材料は見られないからだ。企業も家計もバランスシート上の調整は完了し、贅肉はそぎ落とされている。そして、経済成長の大きなエンジンである企業の収益は大きく回復している。そのため、企業の手元資金は過去と比較しても空前の余剰状態にある。本格的な回復への準備は整っているのだ。


 問題は雇用だが、私は、「米国景気が二番底に陥る」といったネガティブな心理的要因さえ除去されれば、おのずと回復すると考えている。その心理的要因を取り除き、企業経営者や個人を前向きにさせる切り札が、FRB(米連邦準備制度理事会)が11月からスタートした「QE2(量的金融緩和第2弾)」だ。


 QE2の柱は、FRBが2011年6月まで、総額6000億ドルの規模で米国債を買い入れる、という内容である。狙いは、FRBが直接資産価格に働きかけ、金融市場の期待(心理)を改善させることにある。FRBの長期国債購入によって、国債および国債を組み入れた投資信託の価格が上昇し、金融機関や企業、個人の資産を押し上げることが期待されている。


 すでに、米国株式市場は、8月に発表されたQE2を実施するというFRBのアナウンスメントだけで反発に転じ、発表された中身が予想の範囲内であったにもかかわらず、FOMC(金融政策決定会合)で正式決定された直後、リーマン・ショック前の水準をあっさりと回復してしまった。この事実だけでも、心理的な効果はすでに十分表われているといえよう。


 QE2によって米景気の二番底懸念が払拭され、収益が好調で余剰資金が豊富な米企業は、積極的な投資を始めるに違いない。そうなれば、しだいに雇用者数が増加するとともに、個人消費も活発化し、米国経済は11年半ば頃から力強く回復してくるはずだ。


 いったん、米国経済が回復局面に入れば、過去のケースから回復期は5〜10年は続く。成長の天井はまだまだ高い。そうしたシナリオの下に、NYダウは、11年内に1万2000〜1万3000ドル近辺まで上昇していくだろう。米株高に連れ、世界の株式市場の時価総額も高値を更新していく可能性が高い。つまり、11年は世界的株高が起きるのである。


※マネーポスト2011年1月号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「NYダウ」をもっと詳しく

注目ニュース
ゴーン逃亡も防げた? ロシアの例から考える「鉄道セキュリティー」 J-CASTニュース1月20日(月)7時0分
ほとんどの読者が承知のとおり、2019年12月29日、保釈中であった日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンへ海外逃亡した。今回…[ 記事全文 ]
コンビニのビジネス曲がり角、店舗数が初の減少 読売新聞1月20日(月)16時15分
日本フランチャイズチェーン協会は20日、2019年12月末の全国コンビニエンスストアの店舗数が5万5620店だったと発表した。18年12月末の5万5743店に比べて123店減少した。比較可能な05年以来、年末の店舗数が減少に転じるのは初めてだ。コンビニ各社が新規出店を抑えているためだ。出店数を増やし…[ 記事全文 ]
三井住友カード「番号を裏面に」の衝撃 「エンボスなし」は業界標準になるか J-CASTニュース1月19日(日)11時0分
クレジットカード大手の三井住友カード(SMCC)が、新デザインのカード券面を発表した。シンプルな表面には、最小限の情報しか記されていない。…[ 記事全文 ]
すかいらーくHD、全店で24時間営業廃止へ 読売新聞1月20日(月)13時27分
ファミリーレストラン大手のすかいらーくホールディングス(HD)は、4月までに全店で24時間営業を廃止することを決めた。深夜帯の売り上げが伸び悩んでいることに加え、最近は人手不足で人件費が上昇しているためだ。店舗運営の効率化を進め、昼や夜のピーク時に人手を集める。すかいらーくHDは現在、グループの「ガ…[ 記事全文 ]
「ムサコはもう無理」トイレ禁止タワマンの末路 プレジデント社1月9日(木)17時15分
「武蔵小杉はもう無理かもしれない」。2019年10月12日、日本列島に上陸し、甚大な被害をもたらした台風19号。武蔵小杉駅前に立つタワーマ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア