PlayStation(R)4『龍が如く4 伝説を継ぐもの』ゲーム情報3. 多彩なプレイスポットの詳細を公開

12月27日(木)12時40分 PR TIMES

株式会社セガゲームスは、2019年1月17日(木)発売予定のPlayStation(R)4専用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』につきまして、多彩なプレイスポットについての続報を公開いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-858922-0.jpg ]

【プレイスポット紹介】
●カラオケ
リズムゲームの要領で、ボタンをタイミングよく押していくミニゲーム。全部で10曲を越える大ボリュームで、今作から導入されたデュエットはキャバ嬢とのアフターに最適。遥、桐生の新曲も搭載。まるでPVのようなド派手な演出が入ったり、同行者による合いの手といった要素も楽しめる。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-402554-1.jpg ]


●ゴルフ
「湾岸カントリークラブ」で本格的なゴルフゲームが楽しめる。ふつうにコースを回る“コンペ”と“ニアピンコンテスト”の2種類のルールがあり、今作ではキャバ嬢とのゴルフデートも可能。4人の主人公ごとにパワーやコントロールといった性能が異なるのもおもしろいところ。
[画像3: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-250659-2.jpg ]


ダーツ
ダーツライブ全面協力のもと「ダーツライブ2」を搭載。実在機を忠実に再現した盤面アニメーションと「ブルハンターランキング」という、中央のBULLに当て続けた回数を競う本作専用の新規ルールを含む、4種類のルールで楽しめる。左右のアナログスティックで狙う場所や投げる強さを調整しながらひと勝負楽しもう。
[画像4: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-861266-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-395789-4.jpg ]


●UFOキャッチャー
クラブセガで楽しめる、おなじみのプライズマシン。多彩なレイアウトが登場するので、欲しいものが取りやすい配置を狙おう。配置が乱れたら店員さんに頼むと並べ直してくれる。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-266855-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-273437-6.jpg ]


●ボクセリオス2
クラブセガで遊べるゲーム内オリジナルのシューティングゲーム。『龍が如く3』に登場した作品の続編にあたり、より爽快に、よりカッコよく進化している。
[画像8: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-718174-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-985267-8.jpg ]


●ボウリング
10フレーム投げてスコアを競う通常のルールのほか、さまざまな配置のピンの攻略を目指す、パズルゲームのような“スプリットゲーム”などにも挑戦できる。
[画像10: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-659368-9.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-844116-10.jpg ]


●ビリヤード
とあるバーで遊べるミニゲーム。オーソドックスな“ナインボール”のほかに、本格的な「四つ球」など4種類のルールが用意されており、ビリヤードの魅力をより深く楽しむことができる。
[画像12: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-168444-12.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-172320-11.jpg ]


●バッティングセンター
ピッチングマシンからくり出されるボールを打ち返し、的に当ててスコアを稼いでいくミニゲーム。4つの難易度が用意されていて、難しいコースになるほど球速が上がったり難しい変化球を投げてきたりするようになる。今作からは打球を当てるとグラビア写真が出てくるコースが追加。
[画像14: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-664062-14.jpg ]

[画像15: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-654226-13.jpg ]


●釣り
タクシーで埠頭へ行くと、堤防釣りを楽しむことができる。東京湾らしい海の色と、夜には遠くの夜景がきらめく独特の景色で、アナゴなど東京湾らしい魚が釣れる。魚との駆け引きがアツい。
[画像16: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-321556-15.jpg ]

[画像17: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-607511-16.jpg ]


●マッサージ
タレント・矢口真里さん演じる人気マッサージ師「マリちゃん」によるマッサージを堪能。アダルトな雰囲気の店内で、セラピストに体を揉みほぐしてもらうことになる。画面右にある揺れ動くゲージをバランスよく操作して、高い位置でゲージをキープさせることでスコアを稼ごう。
[画像18: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-191439-17.jpg ]

[画像19: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-938156-18.jpg ]


その他、パチンコ屋や将棋屋、雀荘、カジノや秘密の賭場などでたくさんの遊びが体験できる。

■『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは
2010年、東京・神室町。
人々の欲望と喧騒が渦巻く歓楽街で、ある夜起こった発砲事件。この街にとっては「よくある事件」のはずだった……一人の女が現れるまでは。重なり合う4人の男達の運命。その熱く激しい生き様が生み出す、新たな奇跡の物語。
PlayStation(R)3で好評を博した、大人のためのエンタテインメント作品が『龍が如く4 伝説を継ぐもの』です。この度のPS4(R)版は、2019年1月17日に3,990円(税別)で発売。PS3(R)版と比べ解像度が720pから1080pへ、フレームレートが30fpsから60fpsへと向上し、より高画質でなめらかなゲーム体験をお楽しみいただけます。
また、同梱特典として「『龍が如く4 伝説を継ぐもの』オリジナルサウンドトラック」のプロダクトコードをご用意します(※ダウンロード版をご購入の方にも同様の特典が付与されます)。

PS4(R)専用ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』プロモーション映像
<https://youtu.be/h_BJ076uWds>

【出演】
黒田崇矢・山寺宏一・小山力也・増田俊樹
桐谷健太小沢真珠高橋ジョージ・遠藤憲一・沢村一樹/北大路欣也
【楽曲提供】 Zeebra、Mummy-D、RYO the SKYWALKER、DJ Hasebe a.k.a Old Nick
【総合監督】 名越稔洋

■『龍が如く』シリーズとは
「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生。愛、人情、裏切り……巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,100万本を超えるシリーズ作品となっている。

【 商品概要 】
商品名 : 龍が如く4 伝説を継ぐもの
対応機種 : PlayStation(R)4
発売日 : 2019年1月17日
価格 : パッケージ版・ダウンロード版 3,990円(税別)
ジャンル : アクションアドベンチャー
プレイ人数 : 1人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : D区分(17才以上対象)
著作権表記 : (C)SEGA
公式サイト : http://ryu-ga-gotoku.com/ps4four/
公式Twitter : https://twitter.com/ryugagotoku/
[画像20: https://prtimes.jp/i/5397/2511/resize/d5397-2511-214152-19.png ]

※本作はPlayStation(R)3で発売された『龍が如く4 伝説を継ぐもの』をPlayStation(R)4用に高解像度&高フレームレート化したリマスター版です。
内容はオリジナル版と基本的に同一ですが、一部仕様変更がございます。
※PS4(R)リマスター版の開発にあたりまして主人公・谷村正義の一部台詞の修正をすべき必要があり、ボイスの再収録が必要になりました。谷村正義役の成宮寛貴氏は芸能界を引退されている状態でしたので、モデル及びボイスキャスティングを変更いたしました。

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMES

「PlayStation」をもっと詳しく

「PlayStation」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ