東京大学との共同研究を開始しました

12月28日(金)12時40分 PR TIMES

このたび国立大学法人東京大学と、高速画像処理技術を活用した産業用機械の自動化システムに関する共同研究を開始しました。

当社は、このたび国立大学法人東京大学と、高速画像処理技術を活用した産業用機械の自動化システムに関する共同研究を開始しました。

本共同研究では、国立大学法人東京大学 情報理工学系研究科 石川妹尾研究室と当社が、産業用機械の自動化・知能化システムにおける高速ビジョンセンサー応用技術の研究および開発に取り組みます。

石川妹尾研究室は、高速画像処理技術の開発において、世界の最先端を行く超高速ビジョンセンサーの基本構造を提唱し、ロボット、産業計測、ヒューマンインターフェイス等の様々な分野に適用可能な光学装置あるいはその制御法を創出しました。この分野の第一人者として世界的に知られる石川正俊教授は、2011年に紫綬褒章を受章。情報システム・ロボット学に関する研究において優れた業績を挙げ、数多くの学会論文賞や国際学会・国際会議論文賞を受賞されました。

また当社は、長年のものづくりを通してメカトロニクス技術、電気制御設計・生産ライン設計のノウハウを豊富に有しています。

これら双方の強みを融合させることで、知能化されたロボットと人が一緒に働くことのできる社会の実現を目指しております。

【関連サイト】
東京大学情報理工学系研究科 石川妹尾研究室(http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html)

PR TIMES

「東京大学」をもっと詳しく

「東京大学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ