BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

Wake Up, Girls!(WUG)の一大イベントであの3組が集結! さらにTVアニメ新章も始動

アニメイトタイムズ1月1日(日)12時30分
画像:Wake Up, Girls!(WUG)の一大イベントであの3組が集結! さらにTVアニメ新章も始動
写真を拡大
 劇場アニメ『続・劇場版「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」』の“アイドルの祭典”さながら、3組のユニットがしのぎを削ったイベント「Wake Up, Girls!Festa. 2016 SUPER LIVE」(2016年12月11日@幕張メッセ 国際展示場5ホール)の冒頭。そこからWake Up, Girls!(WUG)を中心としたライブでたっぷり盛り上がりました。そして最後は、TVアニメ『Wake Up, Girls!新章』が2017年に放送されることを発表。いつも新しい驚きをくれるWUG。これからも注目です!

【出演者】
Wake Up, Girls!
(吉岡茉祐、青山吉能、田中美海、山下七海、高木美佑、永野愛理、奥野香耶)
I-1 club
(加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃、上田麗奈)
ネクストストーム
(大坪由佳、安済知佳、高野麻里佳、甘束まお)3組の共演で“アイドルの祭典”を再現!魂を込めた歌声を響かせたWake Up, Girls!
 WUGにとって3度目の幕張ライブ。しかも今回は初めて、Wake Up, Girls!、I-1club、ネクストストームという3組のユニットのメンバーが勢揃いしました。

 開幕の場内アナウンスが3組の競演を煽りまくっていたこともあって、否が応にも映画『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』のクライマックスで描かれた“アイドルの祭典”が思い出されます。観客の熱も一気にヒートアップしたところで、トップバッターのWUGが登場! 「7 Girls War」で一気にファンの心をつかみます。さらにスクリーンに映し出されたアニメシーンを見て、アニメの記憶も一瞬で蘇ってきました。 続いてI-1clubが登場し『止まらない未来』を。映画では、I-1clubの岩崎志保(CV:大坪由佳)が、ネクストストームに移り、そのあとにアンダーの高科里佳(CV:上田麗奈)がメンバー入りしていたのですが、今回はI-1clubのメンバー全員としても初めて『止まらない未来』を熱唱。そして、その志保が率いるネクストストーム。メタル風のいかついサウンドと志保の歌唱力、そして3人の可愛らしい合いの手という3つの要素を生で聴くと、昨年以上にかなりのインパクトがありました。 ユニットごとの挨拶を終え、「3度目の幕張へようこそ! みんな灰になる準備はできてますか?」と吉岡さんが観客にむかって叫ぶとストリート感満載のダンスチューン「素顔でKISS ME」をクールに決め、そのまま「少女交響曲」へ。 どちらの曲も一糸乱れぬダンスと力強い歌声で、WUGのパフォーマンス力が格段に向上しているのを感じました。しかもキレがあるというか振りに緩急があるので、7人まとまって見たときの圧倒感がものすごい。この1年、彼女たちがどれだけ努力していたのかがわかるようなパフォーマンスでした。 続いてI-1clubが登場。「運命の女神」では、アニメに忠実に、高科里佳ではなく岩崎志保がメンバーに入っているというファンには嬉しいこだわり。花道で2つに分かれて両サイドを向いて歌ったり、見せ方もすごくこだわっていました。〈どっちを選ぶのか、そっと打ち明けて〉の囁きパートを聴いたあとの歓声もライブならでは。 MCでは「休まない!愚痴らない!考えない!いつも感謝!」のI-1の心構えを斉唱。気合いを高めると、「メンバー全員では一度も歌ったことがない曲があります」と「シャツとブラウス」を。ここではトロッコに乗って観客のすぐ近くまで行ったので、ファンのテンションもひときわ高まっていました。 たっぷり盛り上がったあとは、再びWUGのターン。「HIGAWARI PRINCESS」は、ステッキをつなぎながらメインのボーカルを替えていく面白い振り付け。田中美海さんのバトントワリングばりのスティック捌きをする見せ場もありつつ、「ワグ・ズーズー」では可愛らしさが全開でした。「地下鉄ラビリンス」では、WUGもトロッコに。トロッコ2台とセンターステージの3方向から楽しませます。 途中サイン入りボールを投げて楽しんだあとの曲終盤は、再びメインステージに集結。ラップパートをカッコよく決めてネクストストームにバトンタッチ。

 ネクストストームが歌うのは「リトル・チャレンジャー」。続・劇場版ではネクストストームが結成されたシーンに描かれているのだが、それを思い出しながら4人がしっかりと歌っているのを聴くと、かなりグッときます。観客のコールにも相当な熱量を感じました。 「ネクストストームを結成したとき、絶望の淵にいた志保が、3人の純粋なアイドルへの気持ちを見て、心からアイドルを楽しむことに気がつけた大切な曲なので、劇場版を見た皆さんの前で4人で『リトル・チャレンジャー』を歌うことができて本当に嬉しいです。 そんなネクストストームの愛すべきライバルの曲を聴いてください!」と大坪さんが胸が熱くなる言葉でWUGを呼び込むと、再びWUGがステージに。 そして「タチアガレ!」を熱唱! 何度も歌ったであろうこの曲だが、大サビではやはり感情が溢れ出すし、「タチアガレ!」と会場のみんなが大きな声で歌うところは、やはり震えます。

 ここまでメンバーのものすごい成長を感じるライブだったが、次の「16歳のアガペー」だけは初々しさを忘れないというか。歌からピュアさが溢れ出ているところが素晴らしいです。

 「この景色も3年目になるけど、毎回毎回ボルテージが上がってるんじゃないかなと思って。最高です!」(吉岡茉祐さん)と語って、最後は“アイドルの祭典”でWUGが歌った「Beyond the Bottom」。映画のシーンと本人たちのMVがスクリーンで流れる中、その映像に負けない7人の歌とダンス。個人的にはアニメの世界を超えた感じがしているのですが、何よりメンバーが、ここで完全燃焼するつもりで魂を込めた歌声を響かせていたところが感動的でした。映画で見るライブももちろん感動するけど、実際に生で感じるライブの感動は、また別のものというか、これが、WUGというユニットがアニメから飛び出して、実際にライブをしている意味なのだなと感じました。

 最後はこの日出演した全メンバーが集合し、一人ずつ挨拶をしました。ネクストストームのメンバーもI-1clubのメンバーも「またステージに立ちたい」と感想を述べ、それは「いつもWUGのみんなが頑張ってくれているから」と、WUGへの感謝の言葉も語っていました。 WUGのメンバーもひとりひとり、この日の感謝を言葉にしていきます。

□吉岡茉祐さん
去年はここでめっちゃ泣いた記憶があるんですけど、そのときは来年はないだろうと思ったからなんです。でもここに立ってるし、このメンバーだし……これは超えてきたな、夢かな?と思いました。だから私は本当に幸せです。この幸せは、メンバーとI-1clubとネクストストーム、そして何より来てくださった皆さんによる幸せなので、この景色をずっと忘れないように胸にとどめて、これからも頑張っていきたいと思います。

□青山吉能さん
2016年は一番不安が大きかった年でした。これから私たちはどこへ向かっていくんだろうっていうのがとても大きくて、涙を流したり…。でも今日、皆さんの笑顔を見て、私たちこのまま進んでいいのかなって、すごく背中を押されている気持ちになりました。皆さんの笑顔が私たちの原動力になっているんだと思いました。このコンテンツを愛してくださることに感謝の気持ちでいっぱいです。これからも茨の道だと思いますが、私たちのことを信じてついてきてください。


 最後に1曲歌いたいと、ラストは全キャストによる「極上スマイル」。みんな最高の笑顔で歌って、“Wake Up, Girls! Festa 2016 SUPERLIVE”を締めくくりました。

 そして、ライブ終演後に会場に流れた『Wake Up, Girls! 新章』のPV映像。初公開となった映像、そして情報には大きなどよめきが起こりました。アニメとWUGが今後どんな未来に向かっていくのか、2017年がさらに楽しみになりました。イベント概要
■Wake Up, Girls!Festa. 2016 SUPER LIVE

【セットリスト】
01. 7 Girls War / Wake Up, Girls!
02. 止まらない未来 / I-1club
03. レザレクション / ネクストストーム
04. 素顔でKISS ME / Wake Up, Girls!
05. 少女交響曲 / Wake Up, Girls!
06. 運命の女神 / I-1club
07. シャツとブラウス / I-1club
08. HIGAWARI PRINCESS / Wake Up, Girls!
09. ワグ・ズーズー / Wake Up, Girls!
10. 地下鉄ラビリンス / Wake Up, Girls!
11. リトル・チャレンジャー / ネクストストーム
12. タチアガレ! / Wake Up, Girls!
13. 16歳のアガペー / Wake Up, Girls!
14. Beyond the Bottom / Wake Up, Girls!
15. 極上スマイル / ALL CAST

日程:2016年12月11日(日) 開場 17:00 開演 18:00
会場:幕張メッセ 国際展示場5ホール

[出演者]
Wake Up, Girls!
(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)
I-1 club
(加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃、上田麗奈)
ネクストストーム
(大坪由佳、安済知佳、高野麻里佳、甘束まお)
※出演者は変更になる可能性があります。

[主催]
エイベックス・ピクチャーズ/テレビ東京


>>http://wug-portal.jp/event/detail.php?id=1000934 (Wake Up, Girls!Festa. 2016 SUPER LIVE)
>>http://wug-portal.jp/ (WUG!ポータル)
>>https://twitter.com/wakeupgirls_PR (WakeUp,Girls!公式Twitter(@wakeupgirls_PR))

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「イベント」「アニメ」「アイドル」「ユニット」の関連トピックス

「Wake Up, Girls!(WUG)の一大イベントであの3組が集結! さらにTVアニメ新章も始動」の関連ニュース

注目ニュース
広瀬すずの「裏の顔」を現場スタッフが暴露!干される可能性も? アサ芸プラス4月28日(金)13時55分
4月26日に放送されたバラエティ番組「業界激震!?マジガチランキング」(AbemaTV)にて、「10代男子がちょっと前までは好きだったけど…[ 記事全文 ]
本田翼のデコだし不機嫌ショットが大反響「天使!!」「プンプンしてる顔も可愛い」 RBB TODAY4月28日(金)12時50分
モデルで女優の本田翼がデコだしショットを公開し、「かわいすぎる」と反響を集めている。[ 記事全文 ]
高畑淳子 初めて語った怒りの胸中「裕太の人生が台無しよ!」 女性自身4月28日(金)6時0分
昨年8月、高畑淳子(62)の長男・高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕されたことは、まだ記憶に新しい。[ 記事全文 ]
坂上忍、二階幹事長発言に「親分までも......」 RBB TODAY4月28日(金)16時16分
28日放送の『バイキング』(フジテレビ)は、東日本大震災についての失言で復興相を辞任した今村雅弘議員の件に関し、マスコミを批判した二階俊博…[ 記事全文 ]
東京タワーがFFの「クリスタルタワー」に! FF30周年コラボで28日に一夜限りの特別ライトアップ BIGLOBEニュース編集部4月27日(木)15時39分
東京タワーで「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズの発売30周年を記念したイベント「CRYSTALTOKYOTOWER」が4月28日か…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 鈴木明子を「ごとき」呼ばわり 羽生結弦評になぜ激怒J-CASTニュース4月27日(木)20時41分
2 高畑淳子 初めて語った怒りの胸中「裕太の人生が台無しよ!」女性自身4月28日(金)6時0分
3 神田沙也加の夫の正体は広末涼子の元彼MITSUU!年収は2000万円超!?アサ芸プラス4月27日(木)17時59分
4 広瀬すずの「裏の顔」を現場スタッフが暴露!干される可能性も?アサ芸プラス4月28日(金)13時55分
5 東京タワーがFFの「クリスタルタワー」に! FF30周年コラボで28日に一夜限りの特別ライトアップBIGLOBEニュース編集部4月27日(木)15時39分
6 中居正広、結婚式には「メンバー」呼ぶ 「キムタクも?」と不審がる声J-CASTニュース4月27日(木)15時36分
7 安藤美姫、小塚パパとの「ハート写真」がヒンシュク 「こういうKYなところが嫌われる」J-CASTニュース4月27日(木)12時20分
8 菊川怜が結婚を発表、感極まり涙もナリナリドットコム4月28日(金)8時5分
9 菊川怜の結婚に「祝 脱・独身」 とくダネ!演出に「セクハラ」「違和感」...J-CASTニュース4月28日(金)12時18分
10 「嫌いなジャニーズ2017年」キムタク以外、TOP5の順位が激変!週刊女性PRIME4月26日(水)18時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア