「ついにアイドル卒業」指原莉乃、躍進のウラにある“芸人との歩み”とは?

1月1日(火)9時58分 アサ芸プラス

「女王」がソロとなることを決断した。

 12月15日、東京都内で開催された「HKT48コンサート 〜今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!〜」において、HKT48の絶対的エース・指原莉乃がグループからの卒業を発表したのは記憶に新しい。

 15年から17年にかけて、3年連続でAKBグループ選抜総選挙の1位に君臨。前代未聞の偉業を成し遂げていた指原だが、今やバラエティ番組で進行役を任されるほどの立場となり、卒業を前にして、すでにアイドルという枠組みを超えた活躍を見せている。

 その点において、指原が“太田プロ”に所属したことが大きく作用したと話すのは、エンタメ誌ライターだ。

「前田敦子や大島優子ら、AKB48の有力メンバーが所属することでも知られる太田プロですが、この10年は、ちょうど太田プロ所属の芸人が“テレビ的なチカラ”を付けてきた時期と重なる部分があるんです。有吉弘行や劇団ひとり、土田晃之といった世代の中堅芸人が“脱ひな段”を果たし、一方で指原は“ブスイジり”“スキャンダルイジり”可能という足固めに着手。暴言に寛容なアイドルともなれば、辛口芸を得意とする有吉や劇団ひとり、土田ら同じ太田プロ所属で共演機会の多い芸人たちにとって“最高の素材”になることは容易に想像がつきます。それでいて、時間を重ねるごとにアカ抜けて、着実に“美人化”に成功し、コスメのCMをするまでに上り詰めました」

 指原といえば、12年に恋愛スキャンダルが報じられ、当時在籍していたAKB48からHKT48への移籍を命じられるも、逆にそれをバラエティで共演する芸人たちに“あえて触れさせる”ことを容認してきたことが、今日の指原の栄光につながったようだ。

「もともと、コンサートに行っていたわけではない多くの視聴者にとってAKB48からHKT48に移籍したことが、何の影響もなかったように、今回、アイドルを卒業したとしても何ら影響はないでしょう。アイドルの肩書を失うことで、タレントとしての存在意義すら失ってしまう“元アイドル”は多いですが、指原においては“どこ吹く風”といったところでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 今年4月に予定しているという横浜スタジアムでの“卒業コンサート”が、指原のHKT48メンバーとしてのラストステージとなるが、その才覚と処世術は卒業後も存分に発揮されることになりそうだ。

(木村慎吾)

アサ芸プラス

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ