深田恭子、真木よう子、二階堂ふみ、広瀬アリスまで 2018年「年女」の注目女優陣

1月1日(月)7時0分 クランクイン!

深田恭子、真木よう子、二階堂ふみ、広瀬アリス、2018年「年女」の注目女優陣 クランクイン!

写真を拡大

 新年、初詣などに出かけるときに自然と気になる「干支」、そして「年男・年女」。2018年は戌年。戌年の人は「他人との関わり方に長けており、細かな気配りができるので、リーダーとして引っ張って行く力強さを併せ持っている」という説もある。そこで、より一層の活躍が期待されるであろう、年女の女性芸能人たちをずらっと並べてみた。 染谷将太と共演した『ヒミズ』で一躍注目された二階堂ふみは、今や若き実力派女優の筆頭と言え、今年24歳に。2017年4月期には『フランケンシュタインの恋』で綾野剛と初共演し、「怪物」と恋に落ちるヒロインを可憐に演じた。そんな演技で見せる真摯な顔とのギャップ、あけすけな表情をバラエティ番組で見せることも厭わず、『ぐるぐるナインティナイン』の人気長寿企画『ゴチになります!』のレギュラーとしても、お茶の間をにぎわせた。今年は、大河ドラマ『西郷どん』の出演をはじめ、佐藤信介監督の新作『いぬやしき』のヒロイン、さらには岡崎京子の同名原作を映画化した『リバーズ・エッジ』に吉沢亮とW主演するなど、女優としての魅力がさらに開眼しそうだ。

 美人姉妹のすず・アリスとして、2017年も人気を誇った広瀬姉妹。姉・広瀬アリスは24歳を迎える戌年生まれだ。はっきりとした目鼻立ちの圧倒的な美しさから、凛とした性格を想像しがちだが、実は庶民派で飾らない一面を持ち、一度取材をすると記者は彼女の虜になってしまうほど。女優業も順風満帆で、現在出演中の連続テレビ小説『わろてんか』では主人公・てんの恋敵として鼻っ柱の強い女芸人を熱演。2017年は日本生まれのハリウッド大作『パワーレンジャー』で、ピンクレンジャーの日本語吹替えを堂々と務めるなど、新たな領域でも才能を見せた。2018年は、どんな顔を見せてくれるのだろうか。期待が募る。

 同じ24歳組には、『トットちゃん!』で黒柳徹子役に大抜擢された清野菜名や、「ぱるる」の愛称で親しまれている島崎遥香も名を連ねる。さらに、AKB48を年末に卒業した渡辺麻友、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子など、多彩な顔を持つタレントがそろい踏みしているのが戌年・24歳組の印象だろうか。 美容誌『VOCE』による「最も美しい顔2017」に選出され、昨年末には通算19冊目の写真集『palpito』も発売、女盛りの36歳を迎える年女は、深田恭子。10代から20代にかけては男性人気に支えられた印象だが、20代後半から現在にかけては「憧れの顔&ボディ」として女性からの支持もうなぎのぼりとなり、人気を不動のものにした。女優業にもしっかりと励み、2017年は『ダメな私に恋してください』、『下剋上受験』、『ハロー張りネズミ』と3クールもドラマに出演!多忙を極める中、2018年も引き続きドラマ『隣の家族は青く見える』で松山ケンイチとW主演を飾る。こうして、テレビ越しに深キョンに会えるのだから、我々も幸せ者かもしれない。

 同じく36歳組だが、深田とは真逆に位置するクールビューティサイドに君臨しているのは真木よう子。戌年は「気になることがあると突っ走り、じっとしていられない」性格もあるそうだが、2017年ゴシップ面が目立った真木は、その性質ゆえだったのかもしれない。が、『彼女がその名を知らない鳥たち』で蒼井優に数々の主演女優賞をもたらした白石和彌監督による2018年の最新作『孤狼の血』で、役所広司や松坂桃李、江口洋介など並み居る俳優たちの中で光る演技を披露し、早くもマスコミ関係者から賛辞の声が出ている。2018年の真木は、本業の女優で、その才を見せつけてくれるはずだ。そのほか、吹石一恵、吉井怜、加藤あいなど美人女優ばかりの36歳組。プライベートを大事にしている彼女たちだが、今年こそ表舞台で躍動する姿も拝みたいものだ。(文:赤山恭子)

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

二階堂ふみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ